『プチゾーン』を繰り返して上達していく

7月の優先予約受付スタートしてます。

夏休みの練習計画をしっかり立てて、どんどんスキルアップしていきましょう!

夏頑張れば、秋に実ります!!

※優先予約はキャンセルができませんので、ご注意ください!

 

昨日はサッカーW杯グループ予選で、日本の勝利に列島が沸き、今朝の情報番組はほぼこの話題でしたが、まったく興味のない僕は非国民でしょうか…。

 

渋谷とか繁華街に繰り出し、大騒ぎしている人たちの気がしれない…と思ってしまうのです。

 

わざわざ人で溢れかえっている場所に出向いて、人酔いするやん…(>_<)"

 

でも、コロンビアに勝ったというのは、先日ネーションズリーグで日本男子がイタリアに勝ったくらいスゴイことなんでしょうね。知らんけど…。

 

1点を取り合うスポーツなんて、ダイジェストで見ればいいのに…。

 

これ以上言うと、このブログに殺害予告がきそうやから、もうやめとく!!

 

サッカーファンのみなさん、ごめんなさいm(_ _)m

 

格上のチームを倒したり、番狂わせというのが、スポーツの醍醐味ですよね。

 

試合というのは、やってみないとわからない!

 

何が起こるかわからへんし。

 

実際、昨日のサッカーも、コロンビアの選手が反則で一発退場して、数的有利になったんですよね。サッカーって、退場したら、補てんできひんのですね。

 

マラソンや駅伝も、先頭走ってた選手がゴール前でけいれんして大逆転とか、最後まで諦めなければ、何かが起こるかもしれない。

 

バレーも、エースやセッターが試合中にケガして交代し、崩れていくなんてこと、よくあります。

 

まぁ、何が起こるかわからないというのは、ハプニングやトラブルだけではなく、卓球でいうエッジボール(テーブルの角に当たる)や、バレーのネットインやオンラインなど、いわゆる『勝利の女神』が味方をしているかのような、うまくいってしまうこと。

 

何が起こってるかわからなくなるくらい、何をやってもうまくいく、いわゆる『ゾーン』に入ってしまったり…。

 

僕は、大学2年生の全日本インカレの時、たぶんその『ゾーン』ってやつを経験したと、今振り返って、思います。

 

後にも先にも、たぶんこの時だけかな?

 

当時は、『ゾーン』なんて言葉知らんかったけど、何やっても決まる感覚でした。

 

似たような経験はあっても、『ゾーン』と呼べるような、『無の境地』みたいなやつは、たぶんない…。

 

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

 

何をやってもうまくいく感覚、不思議な一体感、みなぎる自信…。

 

ゾーンとまではいかなくても、それに近い精神状態と集中力で、いつも以上の力が発揮できている感覚。「今日どうしたん?」と、周りに言われたことありませんか?

 

たぶん、『プチゾーン』です(僕が今名付けました)

 

こういう感覚を経験しながら、どんどん上達していくというのもまた、スポーツの醍醐味だと思います。

 

ただ、負ける時は、負けるべくして負けるものなので、「不思議の負けなし」なんですね。

 

さて、大阪大地震から2日が経ちましたが、阪神大震災や東北、熊本ほどの被害がなかったからか、W杯に話題をさらわれたからかわかりませんが、何事もなかったかのように、日常が戻っているような感じです。

 

僕の肌感覚では、阪神大震災以上の揺れで、揺れてもいないのに、常に揺れているような感覚があり、夜ベッドに横になると、その揺れが気になり、なかなか寝付けません。

 

「地震酔い」といって、「後揺れ症候群」という、一時的な自律神経失調症のようなものだそうです。

 

昨日も今日も、震度2-3程度の余震がありましたが、そのたびに目が覚めてしまい、ぐっすり寝た気がしません…。

 

「オレ、直下型じゃないと目が覚めへん」と言っている砂取コーチが羨ましい。

 

繊細って、辛いことも多いんです…。

 

昨日から再開した大阪校のレッスン。地震の影響も懸念されましたが、逆に予約は増えました!(笑)学校が休みで、部活も休みだったり、ジュニアの練習も体育館が使えなくて休みになり、かえって練習場所がないって子も多かったようです。

 

結局、ほぼ満員でした!

 

今夜も生野スポーツセンターで夜間レッスンです。

 

こちらは、まだ若干空きがありますので、練習場所のない方は是非お越しください!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

本日より通常どおり開校します!

【お知らせ】

本日より、通常どおりレッスンを開校いたします。

 

昨日は、4/16以来、約2ヶ月ぶりの排休日。日中の仕事も休みを取って、完全休養して、のんびり疲れを取ろうと思っていました。

 

自然覚醒するまで、ぐっすり寝たるねん!と、目覚ましも切っていました。

起きたら、免許の更新に行く予定にしていたのですが…

 

みなさん周知のとおり、大地震で目が覚める結果となりました。

 

僕は、豊中市在住で、震源にほど近いところのためか、体感では、阪神大震災より揺れました。

 

あの時は吹田市在住で震度5強やったと思います。

 

ってか、震度6って、あんなスゴイんですね。

 

ドドドド…ドーン!バリバリバリバリ〜!と、けたたましい音が鳴り、思わずベッドから飛び起きましたが、食器棚から食器や飾ってあった洋酒が飛び出して割れ、CDやDVDも床に落っこちて散乱!

 

 

揺れが治まるまでの20数秒間、何したらええのんかわからず立ち往生。

 

とりあえず、揺れが治まって、まずパンツとハーパンを履きました(笑)

 

開放的に寝たい人間なので…(笑)

 

部屋を片付けて、落ち着いてから街に出ると、コンビニの棚は空っぽ、普段混まない道路が渋滞し、歩いて帰宅しているのか、道を歩く人がいっぱいで、いつもとは違った景色でした。

 

大阪校のコーチは、全員無事です。ライフラインは、いろいろと問題はあると思いますが、今日からまた元気にレッスンに入ります。

 

学校や部活、ジュニアの練習などがお休みとなっている子もいると思いますので、練習したいという方は、レッスンにお越し下さい。

 

ただ、余震の心配も拭えないので、ご無理なさらないよう…。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

テンションアゲアゲなスーパーレシーブ動画

先日紹介したテンションアゲアゲ動画が、かなり好評だったので、さまざまなジャンルで「これは!」と思うような動画をたまに紹介していこうと思います。

 

豪快なスパイクもいいですけど、僕はやっぱり守備型の人間なので、どうしてもレシーブに目がいってしまいます。

 

特に元全日本女子の守護神、佐野優子さんは、僕が見てきた日本代表の中でも世界一だと思います。彼女が意識してやっていたのかどうかはわかりませんが、「ニュートンのゆりかご」(↓画像)という、鉄球がカチカチするおもちゃの原理によく似たレシーブは、僕のレシーブの考え方を大きく変えました。

 

 

日本では『カチカチ玉』と呼ばれているようですが、難しく説明すると、運動量保存則と力学的エネルギー保存の法則の実演のために作られた装置だそうです。

 

なんのこっちゃ(笑)

 

でも、誰でも見たことがあるおもちゃで、衝突したら反対側の球が吹っ飛ぶという原理。2個で衝突すれば2個吹っ飛ぶし、3個やったら3個。つまり、同じ力が働くわけです。

 

 

レシーブも、この法則が大きく関係していると思うようになりました。

 

まぁ、難しいことは置いといて、とりあえず、↓の佐野ちゃんのスーパーレシーブ集を観てみてください。

 

 

0分50秒

0分55秒

1分14秒

1分22秒

1分38秒

その他、フェイントのために飛び込むレシーブ以外のほとんどのディグ(スパイクレシーブ)が、この原理なのがわかりますか?

 

レシーブした瞬間、踏ん張らずに、自分が吹っ飛んで、ボールが上に上がり、そのほとんどが自陣のコート内に上がっています。

 

ただ、1本だけ、踏ん張ったボールが1分56秒あたりのレシーブ。これは、さほど強烈なスパイクではありませんでしたが、踏ん張ったため、相手コートに返っています。

 

↓は男子のレシーブですが、これもまた同じ原理でレシーブしているのがよくわかります。

 

 

佐野ちゃんのレシーブは、位置取りはもちろんですが、逆を突かれた時の反応も素晴らしい上に、最後まで諦めない姿勢も見習うべき点が多いですよね。

 

オーカのレッスンでも、多くのコーチがレシーブの時は「しっかり止まる」ということを教えています。多くの子供たちが「後ろから前!」と習っているからです。

 

間違った伝え方ではないと思いますが、間違って伝わっていることが多いように感じます。

 

動画を見ても、後ろから前へ突っ込むプレーが散見されますが、止まった地点から、前のボールに対して突っ込んでいるので、むやみやたらと、何でも後ろから前へ突っ込んでいるわけではありません。

 

僕自身も、「後ろから前!」と、何度教えられてきたことか…。

 

悲しいかな、「止まれ!」と教えてくれた人はいなかったなー。。。

 

でも、テレビで見てたら、むやみに突っ込んでいるように見えるもんね。仕方ない…。

 

自分に向かってくるスパイクに、自分まで突っ込んでしまったら、ただの『衝突』です。

 

これ以上は、うまく文字で説明はできませんが、レシーブの時は理に適ったポジショニングをして、しっかり止まること。これは基本中の基本となるのです。

 

腕力、筋力のない小中学生やママさんが、フォロースローのように動くことは否定しませんが、動いている時に、目や面が動いているということは知っておく必要があると、僕は思います。

 

スーパーレシーブ動画を見ると、どんなボールもレシーブできそうな気分になりますね!

 

今日もアゲアゲでいきましょう!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

テンションアゲアゲ動画で練習を!

週末はマスターズ大阪予選でした。

 

結果は…

 

優勝!!

 

見事、北海道行きを決めました!力が拮抗していて、厳しい戦いでしたが、僕のおかげで優勝することができました!(嘘やけど。みんなのおかげです)

 

人生二度目の北海道です。

 

お土産希望の方は、お餞別と引き換えに買ってきますので、遠慮なく言ってくださいね!

 

こんだけ毎日バレーしてても、試合後に身体は、全身筋肉ツーを通り越して、筋肉シックスです…(>_<)

 

疲労ハンパない…。

 

4/16から無休でバレーしてますが、あと一週間で排休日なので、もうちょっとだけ頑張ります!

 

さて、週末9人制バレーをやったので、そのトップレベルのスーパープレー動画集を見つけたので、よかったら見てみてください。

 

女子の実業団プレーですが、ラリーの応酬、ネットプレーや、速攻、時間差など、ママさんも参考になるプレーも多いです。

 

二段トスなどの難しいボールは、無理せずリバウンドを取って、ネットを上手く使って切り返したり、センター攻撃は、まともに打たず、斜めにジャンプしたり、ターン攻撃でコースを変えたり、ブロックワンタッチからの正確な二段トスなど、試合や練習前に見ると、テンション上がると思いますよ!

 

 

スポーツは真似と工夫と言いましたが、「これは実業団だから…」「自分には無理」と思ってしまったら、なにも始まらないので、トップレベルになったつもりで真似てみることは、上達の第一歩だと思います!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

一人の手

そろそろ疲れもピーキング…。

 

週末は試合だというのに…。

 

日本のスポーツ界は元気ですが、バレーは男女ともにネーションズリーグ真っ最中だというのに、ネットニュース以外では、その活躍がわかりません。

 

そもそもネーションズリーグってなんや?

 

たぶん、昨年までやっていたワールドリーグ(男子)、ワールドグランプリ(女子)の進化版?みたいなやつです。

 

要は、世界ランキングの上位国が総当たりで対戦して、賞金が出る大会。

 

男子は6戦終わって3勝3敗で9位、女子は10戦終わって4勝6敗で10位という状況のようです。

 

男女とも、今はいろんなことを試している期間のようで、メンバー固定せず、いろいろな選手にチャンスが与えられているみたいですね。

 

今年は世界選手権があるので、男女ともそこで上位進出を目標としているため、今は勝敗にはこだわらず、いろんな可能性を探っているみたいですね。

 

勝敗にはこだわらず…っていうか、強いチームはいつも強いんやけど、今の日本にはその力がないってことでもあるんでしょうけど…。

 

僕は、中垣内男子監督、中田女子監督のことは、過去一番好きな監督なので、結果出して、ずーっと監督して欲しいなー。。。

 

って思うわりに、スーパースターがいない印象なんですよねー。

 

男子については、石川祐希選手がいるけど、彼が国際舞台で、大会期間中を通して活躍した試しがないから、フィジカル面を鍛えて、長くコートに立って欲しいです。女子は、木村沙織選手が引退してから、スター不在…。古賀選手や黒後選手など、必死でメディアが推してますけど、スーパースターって、周りが作るもんじゃないですしね。

 

男女とも、監督以上のスターは、今のところいないかも…。

 

でも、男子はオポジットに西田有志選手という若い力が出てきてるようで、密かに期待しています。

 

ネット動画でしか見たことないですが、清水選手のデビューを思わせる思い切りの良さがあります。

 

でも、やっぱ日本は守備だよなー。女子の守備は固いと思いますが、佐野選手引退後は、守護神的なリベロは出てきてないかも?

 

その分、ウイングスパイカーが攻守で活躍してますが、守備の比重が大きいと攻撃に負担がかかり、攻撃の比重が大きいと守備がしんどくなるので、日本が世界で戦うには…。

 

どうしたらええんやろ…(笑)

 

僕にはわからへんけど、長〜い目で見るなら、裾野のバレーボールを抜本的に変えていかないと、世界との差は開く一方なのではないでしょうか?

 

フリーポジション制のジュニアバレー、より専門的な動きを求める傾向が強まった中高の部活動。そしてそれを延々と反復練習する練習時間…。

 

ジュニアの強豪チームなんて、休みとかほとんどないみたいですし、土日もずーっと練習、試合…。

 

いつ遊んでるんやろ?貴重な休みの日、どう過ごしてるんやろ?と思います。

 

小っちゃいうちは、同じことばっかりせずに、いろんな人といろんなことして遊んで、遊びの中から運動神経をいっぱい刺激して欲しいです。

 

初めてラケットを持ったのは3歳とか、そんなんいらんねん。そんなん、ごく一握りやねん。バレーの場合は、レシーブもスパイクもあんねん。絶対後ろに行って、リベロと代わるにしてもちょっとはレシーブもしなあかんねん。右利きでレフトやってても、ライトから打たなあかんこともあんねん。小っちゃくても、何年かしたら大きくなるかもしれへんねん。今大きくても、もう伸びひんかもしれへんねん。状況や環境が変わって苦労するんは本人やねんから、そこで困らへんように育ててやらんと…。

 

ジュニアで同じ子と顔を合わせて、同じメンバーで行動してばっかりやから、知らん人がおったらしゃべられへんくなるねん。人見知りにしたんは、大人ちゃうんけ?

 

と、ここで大騒ぎしていても、世界は変わらない…。

 

でも、小さなことからコツコツやっていくしかないんですよね…。

 

♪一人の小さな手 なにもできないけど、それでもみんなの手と手を合わせれば なにかできる なにかできる

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

6/3レッスン報告〜スポーツは真似と工夫

今週末は、マスターズ大阪府予選です。

 

今年の全国大会は、なんと北海道!

 

日曜に練習試合があり、全勝して良い感じで予選を迎えます。

 

とにかく最近サーブが好調なんですよね。ずっと下位打線だったんですが(笑)、とある選手のサーブを参考にして打ち始めてから、とにかく調子がイイ!

 

その選手というのは、今年の全日本男子にも選出され、昨年から代表で活躍している東レの李博選手です。

↓動画の58秒あたり。李博選手のジャンプフローターサーブが炸裂するんですが、彼がジャンプフローターを打つ時、身体を大きく反らしているの、わかりますか?

 

 

基本的には姿勢は真っ直ぐに…というのが一般的ですし、レッスンでもそのようにアドバイスしています。

 

しかし彼は、身体を大きく反らせて、スパイクサーブ並みのスピードで打ちます。しかも、正確な上に、効果率がとても高い!

 

彼自身も、自分の武器をBクイックと合わせて、サーブを挙げているほど、自信のあるプレーなのです。

 

これを真似て打つようになってから、僕のサーブ順はなんと2番。(うちのチームはセッターが1番というのが決まっているので、たぶん1番手に打つことはないと思うんですが、そのうち…と狙っていますwww)

 

9人制は2回サーブが打てる上に、男子はコートも1.5m広いし、思い切って打つことができるので、攻撃的なサーブを打つことが可能で、結構な確率でファーストサーブが入るんですよね。

 

6人制でも、打てたらいいんでしょうけど、そこまでの思い切りや正確性が、現時点ではないので、僕自身は9人制でしか効果を発揮していないんですが…。

 

基本的な打ち方を、自分なりにアレンジすることで、個性的なサーブを身に付けることができるので、みなさんもオリジナルサーブを見つけて、自分の武器にしてみてください。

 

今週末、僕の李博サーブで、北海道行きを決めたいと思います!

 

さて、6/5は箕面市の稲スポーツセンターでレッスンでした。

 

こちらの施設は、いつも早い段階で予約が満了となる人気施設なのですが、直前にキャンセルが発生し、土曜の朝の時点で、すっからかん(笑)ギリギリに予約も埋まりましたが、一時はどうなることかと思いました…。

 

スッカラケッチ〜!!

 

1コマ目は、中3男子Aのスパイクコースを担当。以前、このスポーツセンターで担当した時は、パスもままならなかったんですが、すっかり上手になってるし!

 

やっぱ、部活で毎日練習するって、大事なんですねー。プレーの中には、「これ、三好コーチに習ったんだろうな」と思うような動きもあり、オーカのレッスンと部活をうまくリンクさせて、急ピッチで上達したのが伺えます。

 

この日は、まだまだ力みの目立つスパイクフォームだったので、例によって脱力スパイクを伝授。中3にして183cmと長身で、トスの上がってくることも多いようで、ミスを減らすためにも、力みを取って強いスパイクを打たせてやりたいと思いました。

 

コツを掴むまでは、少々時間のかかる子ですが、ゆっくり丁寧に教えると、頭で理解し、身体に落とし込むことができるようになっていきました。

 

後半は、どこからでも上がってくるトスを打ち切る練習までやりましたが、若干のミスはあったものの、徐々にコツを掴んでいきました。

 

2コマ目は、中2男子Hと、小6女子Mの兄妹のレシーブコース。大阪校開校当初から、三好コーチの別教室「なにわハイキュー塾」にも通っている兄妹で、三好イズムを受け継ぐ子たちですので、それらをベースに、僕なりのアプローチでレシーブを指導しました。

 

僕が名付けた『シンナベ』は、面の作り方に効果があるので、各受講生にも教えています。前半は少し長めに時間を取って、後半のストレスドリルにつなげました。

 

試合では、いろんなストレスがかかるので、準備を早くして、十分な態勢を作ることが重要です。

 

2人とも『急ぐ』という姿勢は見られたのですが、『工夫する』ということができていないと感じたので、ヒントを与えつつ、「どうすれば早く準備ができるかを考える」ように導きました。

 

普段とは違ったアプローチになりましたが、とても楽しそうに取り組んでくれました!

 

スポーツは『真似』と『工夫』だと思います。僕の李博サーブじゃありませんが、参考になるプレーを真似たりしつつ、自分に合った形にアレンジして工夫することで、自分のプレーというものができていくと思うので、『正解を求める』のではなく、『自分のバレーを探す』と思って、レッスンに取り組んでくれると、もっと楽しめるのではないでしょうか?

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

サプライズはサプライズのあとに…

2018年も6月に入りました。

 

7月の予定もまもなくシステムアップの予定ですので、ご確認ください。

 

なお、ママさんレッスンについては、

 

7/3(火) 大正スポーツセンター ※チームレッスンあり

 

上記のみ確定。以降は7/15頃に確定します!

 

 

 

そろそろ梅雨入り。大阪の晴れ間は、今日までのようで、外出が少々面倒な時期ですね。でも、インドアスポーツは、天気に左右されないので、変わらずオーカ大阪校は開校していきます。

 

僕は早くも8月の施設予約をしているところでして、「もう8月やん!」って感じです(笑)

 

8月といえば、恒例のビーチバレー&バーベキューイベントです。

 

今年も例年どおり8/15に予定しておりますので、夏休みの予定は、オーカのビーチバレーイベントありきで、計画を立ててくださいね!

 

初開催の2年前は、小中学生ばかりでしたが、昨年はママさんも参加してくださり、曇り空の下、ちょうど良い気温で、楽しく開催できました!

 

さて、本日、6/4は砂取コーチの誕生日です。ひと足先に浪速区小学校のレッスンで、小中高生たちと一緒にサプライズやってきました。

 

ある保護者の方から、「〇日のレッスンに砂取コーチは来ますか?」と、確認の連絡があったりしたので、不穏な動きを察知した砂取コーチは、絶対何かある…。何を食わされるんだ?何をされるんだ?と、ピリピリしてました(笑)

 

もはやサプライズじゃない…。

 

連絡くれた保護者の方に、「完全にバレてますよ」と連絡しましたが、まぁ、子供たちが楽しめたら良いんじゃないかということで、バレバレのサプライズを敢行!

 

でも、きっちりサプライズしちゃいましたけど。

 

いつものように、ワサビ入りシュークリームを、ロシアンルーレット形式で食べさせ、カッコイイTシャツのプレゼント。

 

はい、おしま〜い!と思ってからの〜…。

 

みんなで後片付け中に、体育倉庫の蛍光灯が切れそうなので、背の高い砂取コーチに「電球を変えたいから外してもらえないか?」と保護者がお願いするというシナリオ。

 

砂取コーチが電球を外している最中に、倉庫の扉を閉めて監禁!

 

さらに、反対側のドアから、特大風船を投げ込んで、電動空気入れでパンパンに膨らませていると、倉庫内は大パニック!

 

砂取コーチを手伝っていた男子高校生も巻き添えを食らい、「ヤバい!ヤバい!怖い!怖い!開けろ!開けろ!」と…。

 

バーーーーン!!!

 

と、大きな音を立てて大破裂しての大成功!

 

今年はどうやって驚かそう?と、いろいろ考えて、今回は『爆破』系でいこうってことに…。

 

当初は、爆竹や花火なども案として挙がり、ケーキを爆破しよう!なんて話も出たんですが、危険度と後片付けの面倒を考えて、今回は風船爆破にしました!

 

誕生日が近づくと、疑心暗鬼になってしまう…。

 

砂取コーチの誕生日が来たということは、次は僕…。

 

仕返しが怖い…。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

つまづき転んだのを石のせいにしない

公立中学や高校の子たちは、この春に顧問の先生が変わったなんて子もいるのではないでしょうか?

 

部活動の顧問というのは、必ずしも、競技経験のある先生が顧問となるわけではありません。

 

オーカに来ている子の中にも、「顧問が経験者じゃないので、技術指導をしてくれない」なんて声も良く聞きます。

 

逆に、未経験の先生が顧問になり、オーカに来てくれる熱心な先生なんかもいます。

 

ずっとオーカに通っていた子が、進学して部活動が忙しくなり、少し遠のいていくというのは、春先の特徴でもあります。

 

オーカは永久会員なので、『お別れ』というのはないのですが、すっかり会わなくなってしまった子もいるものの、迷ったり、壁にぶち当たった時には、顔を見せてくれたりするものです。

 

先日、ある公立中に進学した子の保護者さんからメールをいただきました。

 

この春から顧問が変わり、未経験の先生で、部活がちょっと荒れていると…。この先生は、上達や勝つことよりも、人間力の向上をモットーに指導していくと言われたそうで、子供たち、保護者、先生の歯車がうまく噛み合っていないとのことでした。

 

それまでは、強豪中学からセットを奪ったとか、ベスト4まで勝ち進んだとか、良い試合結果報告をいただいていましたが、顧問が変わり、環境が一変し、摩擦が起こっているようです。

 

人は必要な時に必要な人と出逢う

 

僕は、そう思っているので、その子やその子のチームにとって、欠けているもの、見失っていたものを思い出させてくれる良い機会なのではないか?とお返事しました。

 

勝つことを目標に頑張ることで、いろんなことを学ぶことができます。強豪校を追い詰めるほどイケイケになっていたチームも、バレーのできない先生を見下すようになっていたのかもしれません。

 

いくら上達して強くなっても、他人を見下すようになっては、一流のアスリートにはなれません。

 

みんな最初は『できない』出身だったはず。

 

やがて『できる』ようになって、できなかった頃の自分をすっかり忘れてしまい、いつのまにかできないことをバカにするような人間になっていたのかも?

 

『心技体』とはよく言ったもので、技を支えるのは、身体であり、心なのです。

 

器が小さい(身体と心)と、少量の水(技術)しか汲むことができません。より多くの水を汲もうと思えば、大きな器にしないといけないわけです。

 

それなりに技術が身に付いた子供たちが、もうワンランク上にいくために必要な出会いだと気付けたら、さらに大きく成長を遂げるような気がします。

 

この話とは別件ですが、似たような事例もありました。

 

ある高校生の子が、「今のセッターと合わない」と言うのです。

 

この子は、JOCにも選出された能力の高い子です。僕の所属している社会人チームの練習にも顔を出している子で、中学時はセンターをやっていましたが、高校に進学してレフトに転向したそうで、たくさんボールが集まることに気を良くしていて、「オレ、イケてる!」と、少々勘違い気味…(笑)

 

クラブチームの練習は、後半はゲームをするのですが、今やっているレフトをやりたいのに、センターに入れられると、少々不満そうな表情を浮かべます。

 

スパイクが決まらないと、「今、俺はレフトだから…」「セッターと合わないから…」と、何かと言い訳をしているように見えました。

 

つまづき転んだのを石のせいにしたところで、何か変わるのか?

 

 

これは、とある漫画のセリフですが、自分ができない理由を、なにかのせいにして自己解決するのは簡単です。でも、そんな選手は、自分の無能さに気付かないまま成長していってしまうものです。

 

セッターと合わないと嘆く前に、どんなトスでも打てるスパイカーに。違うポジションをイヤイヤやる前に、与えられたポジションで結果を出す。

 

僕は、今、自分の身に起こっているあらゆることには、理由があると思うのです。

 

試練が与えられたのであれば、試練を越えよと…。

 

The wall does not appear only in front of the people to be overcome

 

壁は乗り越えられる人にしか現れない

 

そして、今、その壁が現れたのであれば、今がその時なのだと…。

 

壁に目を背けて、壁の外側を回り道せず、試練立ち向かう、強い心を育んで欲しいと思います。

 

もちろん、壁にぶつかり、もがき苦しむ中で、オーカに巡り合えたのも必然。僕らと出逢ったのもまた必然なのだと思えば、いろんな運命を楽しむことができるような気がします…。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

5/26レッスン報告〜一球一球が確実に終わりに近づいている

5月も終わろうとしていますが、いまだに手のひび割れがひどく、最も割れたら困る指の付け根の部分がパックリいってしまい、オーバーパスのたびにどんどん裂けていっています…。

 

 

決して加齢による乾燥が原因ではありません。職業病です!(断固)

 

この冬大活躍だった、京都校の会員さんにいただいたハンドクリームもなくなり、もう夏やし大丈夫かと思っていましたが、このありさま…。

 

土曜日は浪速区の小学校でのレッスンでした。

 

2コマ目で、高2男子Tと明石の中2女子Mのスパイクコースを担当。最近、ママさんなどにも教えている脱力スパイクを子供たちにも教えていますが、子供は力を抜くコツを掴むのがうまいです。ただ、男の子は、強いスパイクを打ちたいと思い過ぎて、どうしても力みが出てしまうことがあるのですが、1本スコーン!と打てれば、「なるほど!」と実感してくれます。

 

2人を担当するのは久しぶりでしたが、Tは以前教えた二段トスの打ち方をすっかりマスターしていました!

 

少々ミスが目立っていたのですが、この日はしっかり打ち込むことができていて、高校生らしいスパイクが打てるようになりました。

 

ナイストスは打ちやすいけど(ブロックで)止めやすい、二段トスは、打ちにくいけど止めにくいのが特長です。

 

しかもチームのエースを任されるのであれば、この二段トスを打ち切り、決めきってこそ、エースと呼べると、僕は思います。

 

二段トスは厳しいインナーや、ストレートには打てないことも多いので、僕は思い切り体重を乗せてクロスに打ちきることを教えています。ブロックやレシーブに当たっても、弾き飛ばすくらいの力強いスパイクを打てるようになれば、真のエースに近づけるというもの。

 

どうしても、ネットの通過点が低くなってしまいがちなところを、釣り竿を遠くに投げるようなイメージで打てば、ブロックにドシャットされることも少なくなるし、コートの奥に突き刺されば、ポイントにもつながりやすいです。

 

いかにリラックスした状態でジャンプし、アタックヒットの瞬間に、最大限の力を込めるか?

 

これがマッチしないと、フカしたり、しっかりミートできないので、非常に難しい技術です。

 

Mは、まだ二段トスを打ち切るよりも、基本的なフォームを身に付けることの方が大切だと思ったので、左手をしっかりあげて空中でバランスをとりながら高い打点で打つ練習をしました。

 

2人とも、見ていて、すごく意識して取り組んでいるんだなーと感じるほど一生懸命でした。

 

最近、Tには、『イケメンいじり』をしています。

 

「おっ!イケメン元気か?」と言うと、照れくさそうに、「なんの冗談ですか?」と切り返してくるので、「バレーはブサイクやけど…」と言うと、「ホンマ、最低!!」と怒ってきます(笑)

 

レッスン中も「おぉ〜!悪くないよ!…良くもないけど…」と、僕の冗談にも付き合ってくれるので、楽しく??レッスンしています。

 

横で聞いてるMが、クスクス笑っているので、そろそろ緊張もほぐれてくる頃かなーって感じです。

 

レッスン終了後は、「次回はコース打ちのコツをやろうか?…教えんけど…」と言ったら、「絶対教えてくださいよ!」と笑顔で帰っていきました(笑)

 

3コマ目は、神戸の中3女子Aと、八尾の小6女子Hのトスコースを担当。

 

トスコースでは、最近、バスケットボールのチェストパスを取り入れるようにしています。

 

チェストパスをすることで、体重移動の仕方と、身体の軸を真っ直ぐするコツを掴めるようになります。オーバーを遠くに飛ばすために、膝の上下運動や、上半身の力を使いたいために、身体の軸が前のめりになり、ボールにうまく力を伝えきれない子が多いので、これがかなり効果的であることを発見。

 

チェストパスをしながら、身体の動きとリズムをしっかり覚えてからオーバーパスをすると、自然に距離が延び、膝の上下運動が無駄であることを実感できます。もちろん、より遠くに飛ばすために、膝を使うことはありますが、身体の軸を使えるようになった上での話です。

 

身体の軸から力が伝わったトスは、柔らかくて、ゆっくりとした弾道になり、アタッカーの打ちやすいトスになるので、本人はもちろん、傍から見ていても、「おぉ〜!」とわかるものです。

 

Aはずっと課題にしているネット際の処理や、流れの中での動きも、ずいぶんと軸が使えるようになりました。

 

Hはまだセッターになり立てですが、Aの動きを手本にしながら、時には「この八尾市民め!」と見下されながらも、必死に食らいついていっているのが、見ていて面白いです。

 

これから年間で最も大切な試合が始まり、それぞれが今のチームで、今の仲間たちとバレーをする時間、毎日の一球一球が、確実に終わりに近づいています。

 

バレーボーラーとしての時間はまだまだこれからかもしれませんが、悔いのない高校・中学の部活動、ジュニアバレーとなるよう、しっかりサポートしていってあげたいです。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

生きにくい世の中になりませんように…

今最も世間の関心を集めているのは、やはり日大悪質タックル問題でしょうか。

 

同じように縦社会でスポーツに関わる者として、僕も記者会見など、興味を持って観ています。

 

基本的に本件に言及するつもりはないですが、現代社会の『生きにくさ』のようなものを感じています。

 

何か事件が起これば、たちまちネットで拡散され、ヘルメットを被っていた当該選手も、背番号からあっという間に顔と名前が特定され、ネットを通じて知れ渡りました。そして、何度もタックルのシーンが全国放送で流され、動画サイトの各所にトップ記事で出てきます。

 

そして、過去の過ちなどにもフォーカスされ、話題の人はさらし者です。

 

結果的には、本人が顔も名前も晒す形で謝罪会見を行い、世間の関心を集めた「あのタックルした選手は誰だ!!」という疑問は、変な憶測や噂が飛び交わずに収束しました。

 

そして謝罪会見が行われるまでは、実行犯として、かなりメディアに叩かれていましたが、あの会見で状況は一変し、「誠意ある謝罪をして立派だ」と、彼を擁護するような取り上げられ方になり、怒りの矛先は指導者側へ。

 

「真実はひとつ」とは言うものの、受け取り方が違えば、同じ言葉も違う形で伝わるので、これ以上は、「明らかにケガをさせろという言い方に聞こえる」とか、一般論的なことでしか判断できないので、この先は堂々巡りなのかなー?と…。

 

事件が起これば、防犯カメラやドライブレコーダーなどを駆使して、すぐに犯人は特定されるし、悪いことはできひん世の中になったなー。って、悪いことせーへんかったらええねんけど、人間誰しも、人には言えない隠し事や、知られたくない過ちのひとつやふたつくらいはあるんやなかろうか…と…。

 

でも、インターネットを作ったのも、世に広げたのも、全部人間やから、便利にもなった一方で、生きにくくなったのかもしれません。

 

ワイドショーで取り上げられれば、個人の主観で考え方も違いますが、全体的には、影響力のある人の発言が、あたかも一般論の代表として全国に発信される怖さもあります。

 

何を以て正義なのか?わからなくなります…。

 

確かに、監督、コーチの会見はお粗末なものやったと思うけど、「明らかに嘘をついている」という決めつけで話が進み、世間の多くがそっちに流れていくサマが、僕は怖いなーと感じてしまいます。

 

小さな社会で、噂好きな人が誰かを悪者に仕立てあげて噂を流せば、その周囲の多くが、その噂を信じて、色眼鏡で見るようになるってことはよくあること。

 

イジメなんかは、こういった小さな噂が元で始まったりします。

 

本件で、間違ったことをした人は、いろいろいると思いますが、世の中の不特定多数のバッシングで、何か別のトラブルが起きないことを望みます…。

 

これから、世の中はどうなっていくんやろ?

 

どうか、生きにくい世の中じゃなくなりますように…。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ


オーカのプロフィール

        

人気ブログランキング

ランキング参加中

バレーボールブログランキング

最近のブログ

カテゴリー

過去の履歴

recommend

リンク

ブログ内を検索

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
        

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR


にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村