9/10レッスン報告 〜お任せコースの実態…

週末は浪速区小学校でレッスンでした。

 

同日同時間帯に、枚方で三好コーチのユニットが開校し、枚方の予約がいっぱいだったため、コーチのシフトを変更し、竹田コーチに枚方へ回ってもらい、予約の少なめだった浪速区小学校を僕と吉田コーチで担当しました。

 

ところが、当日の予約もあり、結果は満員!ってか、枚方より多かったので、2人でアップアップでした…。

 

吉田コーチは久しぶりのコーチングでしたが、相変わらず暑苦しい熱血指導ぶりでした。

 

でも、ホンマ、吉田コーチの熱血指導を見ていると、自分も負けてられへんな!って思うし、疲れも忘れて激アツな指導となりました!

 

オーカのプライベートレッスンは、指導前にヒアリングをして、やりたいことや困っていることなどを聞いた上で指導にあたります。

 

コースはビギナーコース、レシーブコース、サーブコース、スパイクコース、トスコースと5つのコースに分かれています。

 

でも、最近は、某小学生の保護者さまから「お任せコースでお願いします」と言われます。

 

そんなコースないんですけどね…(笑)

 

他の小中学生にも、よく「お任せします」と言われるので、指導する子にとって何が必要か?何が足りなくて、どういう練習をすれば目標に到達するかを考え、一緒に受講するパートナーがいれば、「この2人なら、どういう練習をすれば、2人が笑顔になれるか?」を考えて指導に当たっています。

 

何がしたいか?などを尋ねても、首をかしげる子が多いので、「試合の時に、どんなボールを打つことが多い?」「試合の時にどんなボールを落としてしまう?」と聞いて、「じゃあ、今日はこういう練習しようか?」と提案したりしてるうちに、『お任せコース』で!と言われるようになったのですが…(笑)

 

別名『ザ・丸投げ!』コースとも言います。これ、結構難しいんですよ!(笑)でも、三好コーチに丸投げされ慣れているので、別に驚きもしませんが…。

 

やりがいはありますけど…。

 

1コマ目は、長身の小学生女子とママさんレシーバーのレシーブコースでしたが、2人にとって、共通して足りないものと、できるようになった方が良いものを考えて、理にかなったポジショニングから、攻撃準備に入る動作と、そのフォローなどを重点的にやりました。

 

このブログでも再三言っている「練習ではできるけど実践でできない」という、練習と試合という点と点を線で結ぶ指導は、想定練習しかありません。

 

2コマ目は新規の中学生男子のレシーブコースを担当。出張レッスンでよく指導しているKの同級生で、出張レッスンに参加し、プライベートは初めてでした。

 

後輩リベロにポジションを奪われたとのことで、レギュラーを取り返したいと、塾を減らしてオーカに来てくれました。

 

出張レッスンに参加している子たちは、この夏、基本を徹底的にやったので、レシーブフォームやスパイクフォームも良くなってきましたが、初めて参加すると、基本動作が身に付いていないため、著しく劣等感を感じたみたいで、早くみんなに追いつきたい!と思ったようです。

 

右カットや左カット、レシーブのパワーポジション、フラット3やラインレシーブなど、知らなかったことばかりでしたが、スポンジのように吸収してくれて、3コマ目にも追加で受講してくれました!

 

3コマ目は出張レッスンに来てくれている中学生の男女の『お任せコース』だったので、Aを加えて3人で複合的な練習を行いました!

 

この中学生男女は出張レッスンに皆勤で参加している子で、この夏、ホンマに伸びたなーと感じています。

 

しょっちゅう見てる子なので、成長が見えない気もしますが、ホンマに基本に忠実なカッコいいフォームが身に付いてきたなと…。

 

この夏は、ママさんにしても、子供たちにしても、その成長ぶりを実感できる夏だったなーと感じています。

 

さて、実りの秋!

 

まもなくHPでも公表しますが、『オーカ大阪校 実りの秋祭!』なるミニイベントを開催予定です。9/22(木・祝)開催予定!

 

今週は木曜日(15日)に、平日初のグループレッスンを開校予定で、僕が担当です。

テーマは『周囲と連係しながら、自分の技術を発揮する  〜レシーブ&スパイク編』です。

 

自分で言うのもなんですが、かなりためになるレッスン内容ですので、是非是非ご参加くださいねー!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

9/8レッスン報告 〜成功イメージを大切に!

昨日は、天王寺スポーツセンターでママさんレッスンからの東住吉スポーツセンターでプライベートレッスンでした。

 

今、大阪校で最も暑苦しい、あ、熱いママさんレッスンは、いつものように盛り上がりました!(笑)

※ただの変換ミスです

 

このブログを欠かさずチェックしていただいているようで、滅多なことは書けないなー…。

 

始まる前に「〇〇さん、ホメられてたやーん!」とか、レッスン中にミスをすると、「あっ、ブログに書かれる(>_<)」とか、すっかりネタになってます。

 

これまで、関コーチ、三好コーチの2名体制で開校してきましたが、この日は砂取コーチも加わり、受入人数を増枠しての開校となりました。

 

チームレッスンもスタートしましたので、今後もできるだけコーチ3名体制で、月4回(週1回)のプライベートレッスンに月2回のチームレッスン加えて開校をしていきたいと思います。

 

ママさんの中には、専業主婦の方だけでなく、お仕事をされている方もいらっしゃるので、翌月の午前レッスンの開校日について質問があります。

 

翌月のシフト提出期限等があるようなので、今後は早めにシステムにアップしていきますので、オーカHPでチェックしてくださいね。

 

ちなみに、10月のママさんレッスンの予定ですが、

 

10/4(火) 淀川スポーツセンター 第1体育場 (プライベートレッスン2コマ)

10/14(金) 扇町プール 体育場 (プライベートレッスン3コマ+チームレッスン)

10/20(木) 浪速スポーツセンター 第2体育場 (プライベートレッスン2コマ)

10/27(木) 扇町プール 体育場 (プライベートレッスン3コマ+チームレッスン)

※予定は変わる場合がありますので、ご了承ください

 

予定が合わない方は、夜間のプライベートレッスンでお待ちしております!

 

昨日は、スポーツセンター到着前に、ゲリラ豪雨に見舞われ、心が折れそうになりました…。

 

オーカ屈指の雨男・砂取コーチのせいです。

 

近隣の割安なパーキングに駐車する予定でしたが、誰よりも道具を大切にする関コーチとしては、ボール等が雨に濡れたらアカン!と思い、スポーツセンター内駐車場に止め、豪雨から道具を守りました。

 

1コマ目は、ご自宅がお屋敷Tさんのトスコースを担当。久しぶりに担当すると、その成長ぶりが伺えますね。

 

オーバーのハンドリングがキレイになっているじゃないですか。

ご自身でも、迎えに行ってしまうという欠点もわかっているので、それを修正しようという姿勢が伺えます。

 

うまくいった時と、いかなかった時、その理由を考えるクセがつけば、修正力が身に付き、上達につながります。

 

ただ、人間というものは、欠点はわかるし、探しやすいのですが、美点や長所は見つけにくいものです。

 

大衆酒場で野球を見ながら、「何やっとんねん!」みたいなことを言っているオジサンをテレビなんかでよく見ますよね?

 

失敗した理由はわかるんです。

 

手を振ったから

前跳びしたから

迎えにいったから

などなど…

 

大切なのは、失敗した理由より、「じゃあ、どうすればいいのか?」

 

手を振らないために、最初から手を組まない

前跳びしないために、バックスイングを上に

迎えにいかないために、我慢する

 

という次に失敗しないために、意識すること。

 

そして、もっと大切なのは、成功理由を大切にすることだと、僕は思います。

 

先日、リオ五輪で結果を残した日本選手団に共通して言えることは「勝つことしか考えていなかった」ということ。

自分が勝つイメージ、成功するイメージを持って試合に臨んでいるんです。

 

「負けたらどうしよう?」「失敗したらどうしよう?」と考えることもあるでしょうが、そういう気持ちばかりだと結果は出ません。

 

ママさんを指導していて感じるのは、「私、下手やから…」「できない…」「もうオバサンやから上達しない…」というマイナス思考の方が多いということ。

 

2コマ目に担当したOさんも、そんなところがあり、二段トスが打てなくて、「私、もうダメかも…」とつぶやいたりしてたので、笑い飛ばしてやりましたよ!「何言ってるんですか!絶対できるようになるから!」って。

 

謙虚な気持ちというのは、もちろん大切ですが、謙虚とマイナス思考が混同しないようにサポートしていきたいですね。

 

もっとも、ママさんレッスンによく参加してくださっている方々は、心臓に毛が生えていて、心配無用なので、マイナス思考な方をどんどん巻き込んで、常に明るいレッスンにしていきたいと思います!

 

「オーカに行けば、元気になれる!」

 

そんな場所でありたいなと。

 

成功理由を考えるというのは、

 

何を考えて(何を意識して)やったらうまくいったのか?⇔それを考えてやればうまくいく

 

という、一種の自己暗示的なものにつなげて成功イメージを持つということ。

 

僕自身、「今日はスパイクがなんかうまくいかないなー」という時は『バックスイング』を意識してしっかり踏み込むことを考えるようにしています。昔、そう意識してやったことで調子を取り戻したことがあったので、いつしか「バックスイングを意識すれば、調子が戻る」という自己暗示に変わり、今でも、うまくいかない時に意識します。

 

すると、自然に調子が戻っているというか、気にならなくなっているんですよね。

 

そういった自分なりの突破口を探し、成功した時に「これを意識すればうまくいくんだ!」という成功イメージを持って練習するという気持ちを忘れないでいて欲しいと思います。

 

ママさんレッスンでは、活動地域や個人のレベル、そしてチームの垣根を超えて横のつながりができてきているのも嬉しいことです。

 

一緒にお買いものに行ったり、ランチしたりしているのかは知りませんが、きっと、お茶くらいは飲んで、おしゃべりしたりはしてるんでしょうか…。

 

はんなり子「関コーチって、素敵よねー!」

マリン「うんうん!私もそう思う!それにひきかえ、何よ!三好コーチったら!」

ツボ子「わかるわかる!ウンコよねー!」

 

みたいな…。せっかく、いい話したのに、結局こんなオチ…(笑)

 

次回は9/14(水)東成スポーツセンターでチームレッスンもあります。

 

コーチ増員で受け入れも増枠してますので、是非是非ご参加くださいね!

 

【お知らせ】

9/22(木・祝日)にミニイベントを企画中です!近日発表&お知らせ案内メールを送信予定ですので、そちらもお楽しみに!

 

関係ないけど、関コーチイチオシの元気の出る動画です↓↓↓

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

9/6レッスン報告 〜あきらめないで!

9/7は西成スポーツセンターでレッスンでした。

 

僕は3コマとも新規の方を担当させていただきました。

 

1コマ目は、少年団でバレーを始めて約3ヶ月の小学3年生の女の子。

大阪府下でもわりと強豪のチームに入ったようで、練習ではあまりボールを触らせてもらえず、アドバイスも一言二言のため、なかなか上達しないとのこと。周りの子たちは、保護者や兄弟がバレーをしている方が多く、上達も早いと感じているが、その子の保護者はバレー経験がないため、子供の練習相手もしてあげられないため、オーカを見つけて体験レッスンに来ていただきました。

 

「ボールに触らせてもらえない」という話はよく聞きます。どの程度を以て「触らせてもらえない」と感じているのか、レギュラーや上級生中心の練習なのか、実際に練習を見ていないので、なんとも言えません。

 

少年団は、特に女子チームはチーム数も多く、人数も多いところが多いので、ひとりひとりに目が行き届かなかったり、誰かを個人的に指導すると『えこひいき』と思われたり、少年団のバレーも大変なことも多いでしょう。

 

そんな子たちのためにも、オーカってあるのかなと思っています。

 

ただ、少年団の指導者にしてみれば、自分の指導と違った指導をされると好ましく思わない人もいるというのが現実。

 

「もし、オーカでレッスンしてる」なんて言おうものなら、「そっちがいいならそっちに行け!」とヘソを曲げられるんじゃないかという不安も、少なからずあるわけです。

 

僕自身、逆の立場だったらどう思うんやろ?と考えますが、もう少し若かったら、先述のようにヘソを曲げたかなー?

 

でも今は、いろんな角度からのアプローチがあることはとてもプラスになると思っているし、オーカでも、出張レッスンで指導している子がプライベートレッスンに来ると、あえて別のコーチに任せたりしています。その方が良いと思うからです。自分自身が、少年団や部活動での教えを否定しないという基本精神でやっているので、教え方や理論が違っていても、自分のところに戻ってきたときに線でつないであげればいいだけなので…。

 

1コマ目の小学生は、ボールフィーリングもままならない状況だったので、ボール遊びを交えて、パスの基本を指導し、後半は目標のサーブを練習しました。

 

まだ一度もサーブが入ったことがないとのことでしたが、身振り手振りと、ホメ伸ばしで、ラスト2分で2本!サーブがネットを超えました!

 

ネットを超えた瞬間、「よっしゃー!!」とハイタッチ!女の子は満面の笑みがこぼれ、見学していた保護者さんは涙ぐんでおられました!

 

2コマ目は社会人の女性でまったくの初心者。テニス経験のある身体を動かすことが大好きな方でした。ボールタッチ、ボールフィーリングも手慣れたもので、初心者とは思えないほど運動神経の良い方でした!

 

パス基本とサーブを指導しましたが、テニス経験が活き、サーブはフローターサーブがあっさりネットを超えました。

 

パス基本については、これからですが、野球、テニス、バドミントンなどは、バレーに相通じるものがあるんだなーと実感。

 

3コマ目はPTAバレーを始めて1年半のママさんで、こちらもフローターサーブが打ちたいとのことでした。

 

普段はサイドハンドサーブを打っているママさんにとって、フローターサーブは、一種の憧れだったりします。レシーバーの方は特に、ボールを上から打つということがないですし、ママさんから始めた方などにとっては特に難しいと感じます。

 

「フローターサーブなんて、力とか全然要らんのに…」というのは、最初から打てちゃった人の話であり、打てない人にとって、ネットは高くそびえる壁なのです。

 

3m付近から徐々に距離を伸ばしましたが、ある地点を過ぎると、急に力が入り、ボールが手に当たらなくなったり、硬くなってしまったり…。

 

9mは届きませんでしたが、8m付近ではネットを超えました。

 

ただ、フローターサーブはネットを超えることが最終目標ではないので、ネットを超えた時点でリスタートです。

 

ポイントのとれる無回転フローター、ジャンプフローターを打てるように、狙ったところに打てるように…。

 

目標をしっかり持って、チャレンジしていけば、必ずできるようになります!!

 

あきらめないで!

 

 

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

9/3レッスン報告(お知らせもあります)

レッスン報告の前にお知らせです!

 

9/8(木)のママさん向け午前中レッスンですが、コーチを増員できましたので、受入人数が増枠になっております!

 

天王寺スポーツセンター 第二体育場 (最寄駅:玉造駅)

9:40−10:30

10:40−11:30

 

是非お越しください!

 

【9/3レッスン報告】

9/3は例によって、浪速区小学校で出張レッスンをやってきました!

 

この夏は、『基礎固め』に重きをおいてやってきたので、9月からは、『周りと連係すること』をテーマに、ゲームで動けるような実践的なものにしていこうと思っています。

 

プライベートレッスンでは、個人のスキルアップを目的に、レシーブの技術やスパイクの技術をご指導させていただくことが多く、担当した方は、それぞれ上達してるなーと感じています。

 

ただ、たまにグループレッスンやGAMEレッスンに参加した方の動きを見ると、ラリーや流れの中での動きができていなかったり、練習でできていることが活かせていなかったり…。

 

せっかくプライベートレッスンで力を付けても、自分のチームに戻った時に活かせなければもったいないです。

 

周りと連係するというのは、自分がボールに触っていない時、どう動き、どう準備をするのか?がポイントです。

 

プライベートレッスン=ボールを触る時の動きや技術の習得

グループレッスン=ボールを触っていない時の動きと、触る時への準備

 

といったところでしょうか?

 

これらをつなげて初めて、ゲーム中の動きというのが上達していきます。

点と点を線で結ぶ作業に入ったという感じでしょうか。

 

連係プレーと聞いて真っ先に思い浮かぶのは『スリーメン(3人レシーブ)』や、『シート』と呼ばれるメンバー全員がコートに入ってやるものだと思います。

 

おそらく、どんなチームでもやっていることで、中高の部活やママさんでは欠かせない練習です。

 

なので、その練習は各チーム練習でやればいいと思っています。

 

僕は、オーカや出張レッスンで集団を指導させていただく時は、『想定練習』をメインにやってます。

 

試合で起こりうる場面を想定した動きです。

 

スリーメンはコートの中央に球出しする指導者が位置取って、みんなでボールを指導者の元へつないでいきます。つないだボールは次から次へと繰り出され、目まぐるしく展開し、コートに入った3人の運動量も多いので、『練習やった感』がかなりあります。

 

僕も好きな練習のひとつです。ただ、好きな練習と前置きした上で言いますが、スリーメンは実践とはかけ離れていることが多かったりするので、指導者側のスキルが必要ですし、コートに入ったプレーヤーが、目的や理由を理解していることが必要不可欠であり、果たしてそれらを理解している指導者、プレーヤーがどんだけいるか…。

 

「今日も頑張った!」と充実感を味わうためだけのスリーメンになっていないか?一度考えてみて欲しいです。

 

コートの中央でほとんど動かないスリーメンの球出しに比べて、想定練習は、指導者自らが動き、その動きに合わせてコートのプレイヤーが動くので、指導者側もかなりキツイです。

 

想定練習は場面を想定して、1本のボールをレシーブしてつないでフィニッシュするまでの動きなので、2-3回しかボールタッチがなく、中には1本も触らないこともある中で前後左右に動かなければならず、(結果的に)ボールを触らなかったプレーヤーにとっては、無意味に感じてしまうこともありますが、この地味な動きこそが大切であり、周りと連係することなのです。また、これこそがチームスポーツの醍醐味なのだと思います。

 

ひとりがサボると、隊形が崩れたり、組織的な動きがとれず、ボールがつながらない…。

 

『献身的』とはよく言いますが、「チームのために動いているという自覚」が重要であると、僕は思います。

 

夏の基礎練習も十分にやったわけではないので、基礎練習も織り交ぜながら、秋が終わる頃には、ゲームで動けるように指導していきたいと思います!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

9/1レッスン報告 〜ママさん向けチームレッスンスタート!

なにわの真剣佑(まっけんゆう)こと、関コーチです。※異論は認めん!

 

 

さて、9月に入りましたね!

 

実りの秋のスタートです!

 

8月も多くの方が大阪校に来てくださり、新たな出会いも多くありました。8月は夏休みということもあり、やや小中学生が多かった印象ですが、二学期も始まったので、午前中のママさんレッスンはじめ、社会人の方々にも来て欲しいですね。

 

9/1は午前中に扇町プール体育場にて、ママさん向けのプライベートレッスン。そして、いよいよスタートしたチームレッスン初日でした!

 

【日中レッスン】

夏休みで、自由な平日午前中の時間を奪われていたママさんたちが、夏休み明けて早速参加してくださいました!

 

1コマ目は新規の方を2名スパイクコースで担当。

 

基礎からしっかり指導して欲しいとのご要望だったので、スパイクスイング、助走などを分解してご指導させていただきました。

 

知らなかったことや、これまでに聞いたことと違っていて、「えー!!知らなかったー!」という反応でしたが、実際やってみると、うまくいくことを実感していただき、ご入会いただきました!

 

平日午前中のママさんたちが、続々と増えてきています!

 

1人の方は、追加でもう1コマ受講され、チームでの練習で困っている点を解消してもらったようでした。

 

そして、3コマ目は、すっかり平日レッスンで仲良しになられた方たちが、申し合わせたかのように参加。

 

Tさんは、身長は高くないですが、運動神経も良く、ご指導させていただいたことをすぐに実践してくださいます。ご自宅は豪邸で、移動手段は『マリン』という名の馬だとの噂もあります…(笑)

 

そしてUさんは長身で、毎回京都から通って来られるスパイカーで、最近、鋭いスパイクをコートに叩き付けている方。受講者で一緒に写真を撮ると、上品に首を傾けて写る方です(笑)

 

同じく京都からKさんも参加してくださり、さらに、最近僕のツボになっている大阪のOさんと合わせて計4名の満員御礼!

 

スパイクコースでの指導でしたが、右利きのライト打ちをすることで、自分のゼロポジションでスパイクするように練習してきたことがバッチリできているじゃないですか!

 

こりゃ、いつもの復習じゃもったいない!と思った僕は、コース打ちの指導に変更して、レフトからのクロス・ストレート、ライトからのストレート・クロス打ちをご指導させていただきました。

 

ママさんに限らずですが、長年バレーを続けてこられた方や、身体が思うように動かない社会人の方というのは、クセを矯正したり、1から新たに…といっても、少々時間がかかるものです。

 

でも、必ずクセは直り、スキルアップするんだと実感できるような、ママさんの鏡です!

 

もちろん、僕の教え方がいいんですけど…(爆)

 

そしていよいよチームレッスン!初回だったこともあり、3人でのスタートでしたが、前半は三好コーチによるボールフィーリング&コントロールを交えたミニゲーム、後半は僕の実践に即した動きを取り入れた内容で、周囲と連係する動きを行いました!

 

その日に練習したことを流れの中で活かせるような想定練習や、これまでやってきたことを活かせる場面を多く作りました。

 

人の口に戸は立てられないので、きっと参加していただいたママさんたちが、「チームレッスン楽しかったよー!今度一緒に行こうねー!」って、瞬く間に噂が広がって…。

 

次回は9/14(水)東成スポーツセンターです。

 

チームレッスンは、プライベートレッスンの最後だったり、途中に組み込んであります。

・プライベートレッスンでやった練習を、忘れないうちにチームレッスンで活かせるように

・チームレッスンで見つかった課題を、その後のプライベートレッスンで問題解決できるように

 

また、目的はいろいろでOKです。

・チームでは怒られてばかり…、私だって一生懸命やっとんねん!

・楽しくバレーがしたい!

・ゲーム中の動きを教えて欲しい!

・普段はレシーバーだけど、スパイクも打ってみたい!

 

「私なんて、超初心者だし、チームレッスンなんて迷惑じゃないかしら?」

「知り合いに会ったら気まずいなー」

そんなあなたも、悩み無用!コーチがしっかりサポートします!

 

今後は月2回を目標にチームレッスンを開校していきたいと思います。チームレッスンだけの参加も、もちろんプライベートレッスンだけの受講もOKです。

 

是非是非!ご参加ください!

 

【夜間レッスン】

そして、夜間は大正スポーツセンターに移動して小中学生のプライベートレッスンを行いました。

 

この夏入会していただいたジュニアチームの男女が受講してくれました。

 

エレベーターで保護者の方と一緒になったので、「最近どうですか?」と聞くと、

 

「うちの子(男の子)は、最近よく褒められます!コーチに教わったことを意識してやっているのがわかるので、ジュニアチームの監督さんにバレたら…とハラハラしてますけど…」と。

 

女の子の方は、先日、グループレッスンを受講し、その後のゲームにも参加してくれ、ゲーム中の動きに課題を見つけたので、「実践に近い形でご指導しますね!」とお伝えしました。

 

僕は女の子Rを担当させていただきました。

 

まずはフォームのチェックをしながら、助走、バックスイング、テイクバック、空間フォームなどを分解して指導し、徐々に場面を想定して、どう動くかを指導。

 

いわゆるフリースパイクは打てるけど、ラリーの中で練習のようなスパイクが打てないという典型だったのですが、どう準備して、乱れたトスなどにどう対応するのかなどを指導していく中で、みるみるうちに変わっていく様子が見えました!

 

笑顔もたくさん見られ、「早くチームの練習で試したい!」って感じでした。

 

2-3コマ目は小学4年生の女の子を担当。予約が1人だったので、三好コーチと一緒に贅沢な指導をさせていただきました!

 

レッスン続きで、疲れも感じる今日この頃ですが、受講者の笑顔が僕のHPを回復してくれます!

 

でも、そろそろヤバいので、砂取コーチとスーパー銭湯に行きます(笑)

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

8/30-31レッスン報告 〜音のない世界から羽ばたく!

【8/30】

8/30(火)は東住吉スポーツセンターでレッスンでした。

 

1-2コマ目に聴覚障がいを持った中学生の男の子を担当させていただきました。

 

最近、各地でデフバレーを応援する動きがあり、『DEAF』とロゴの入ったTシャツを見かけるようになったので、認知も高まってきました。

 

なぜ、パラリンピックとデフリンピック、別々なのか?

 

聴覚障がい者のためのオリンピックが『デフリンピック』で、パラリンピックより歴史は古いのです。

 

調べてみると、いろいろな情報がありますが、聴覚障がい者の運動能力は健常者なみのものがあるとか、デフリンピックの方が歴史は古いし、ろう者のための大会は記録を競う目的であり、パラリンピックは身体障がい者のリハビリ目的もあったというような…。

 

正直、どの情報が正しいのかはよくわかりません。

 

ただ、僕がNBKドリーマーズで活動していた頃、デフバレーの日本代表選手とは、よく合同練習や練習試合などを行っていました。交流する機会もあったのですが、パラリンピックの認知が高まっている一方で、デフリンピックは認知度も低く、合宿や遠征の費用など、国からの援助も少なく、大好きなバレーを存分にできる環境は整っていないのが残念だと言ってました。

 

デフバレーを知ってもらう動きや、応援する動きはここ十数年の間に、ずいぶん変わりました。

 

音のない世界でバレーをすることの苦労や、衝突する場面などを目の当たりにしてきたので、多少なりともどんな状況かというのは理解していましたが、マンツーマンでの指導は初めてだったので、入念に準備をしてレッスンに臨みました。

 

コミュニケーションは基本的にゆっくり話して、僕の口の形を見て、身振り手振り、必要があれば筆談という形を取りました。

 

中学3年生ながら、理解力も高く、運動能力もかなり高いものがありました。本人も「いつかデフバレーの日本代表に選ばれて、デフリンピックに出たい!」という夢があるようでした。

 

来年(2017年)、トルコで行われるデフリンピックに女子は世界選手権4位で出場権を得ています。男子は世界選手権での出場権は逃しました。まだ、出場権獲得のチャンスがあるのかはわかりません…。ゴメンナサイ。

 

まだ15歳の彼なので、もっと力をつけて、世界を目指す選手に育って欲しいなと思うし、彼にはその力があると思いました。

 

この日はスパイクコースで2コマの受講でしたが、決して長身ではないので、「スパイクと同時に守備も鍛えていこうね」と伝えると、「はい」と返事をしてくれました。

 

2時間のスパイクコースは、かなり疲れたようで、後半は少しずつ疲れが見られましたが、「試合の後半は疲れが出るけど、そこで頑張れるのがエースやで!」と伝えると、もう一度ギアを入れ直して、最後まで頑張ってくれました。

 

【8/31】

 

滋賀県からママさんが、そして兵庫県から小学生が来てくれました。

2人を担当しましたが、ママさんは、もともと東京校の常連さんでしたが、ご主人の転勤のため大阪校に来てくれるようになり、時間があればどこまでも来てくれる方です。

 

試合が近いそうで、レシーブとスパイクの指導をさせていただきましたが、実践に近い形で、場面を想定したレッスンを行いました。

 

短いトスへの対応、ポジショニング、レシーブの返球場所や、準備の仕方…。

 

いつも熱心に受講され、試合が終わると結果の報告に来てくださいます。

 

この日は午前中だけだったので、午後から昼寝してから家事を少々…。今月もレッスンが続くので、カレーとグラタンを作り溜めして、1週間は生きていけそうです。その日の夕食は豚のしょうが焼きを作って食べました!

 

ガッツリ昼寝したので、夜の寝つきが悪く、翌日の朝レッスンにやや寝坊…。昼夜逆転中の関コーチなのです…。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

9月グループレッスン & 【ママさん向け】チームレッスンのご案内

※8/30-9/1のレッスン風景は後ほどアップします。

 

9月のグループレッスンテーマが確定いたしました。

 

まもなくホームページにも掲載されると思いますが、ひと足先にこちらで!

 

 

9/15(土)19:55〜20:55 周囲と連係しながら、自分の技術を発揮する 〜レシーブ&スパイク編

9/24(土)19:55〜20:55 練習してきたことを試合で活かす方法 〜想定練習で試合の動きをマスターする

 

みなさん、夏の基礎練習は頑張りましたか?

 

気温も下がり、バレーボールをするにはうってつけの時期がやってきます!そう、実りの秋です!

 

これから、各種大会等が増え、大人も子供も、忙しくなるシーズンです。

 

基礎練習的なエッセンスも取り入れ、周りとの連係を図りながら、コートでの動きを身に付けていきます。

 

プライベートレッスンやグループレッスンを指導しながら、

 

「練習ではいいスパイクが打てるのに、試合になるとミスが多い…」

「練習ではいいレシーブができるのに、試合になると全然上がらない…」

 

こういった光景を目にします。

 

これは、練習と試合がつながっていないためです。

 

練習は「点」、試合も「点」です。それをつないで初めて「線」になるもの。今月は点と点を結び付けるグループレッスンにしたいと思います。

 

♪縦の糸はあなたぁ〜 横の糸がコーチぃ〜

逢うべき糸に〜 出逢えるオーカぁ〜

人は仕合わせと呼びまぁ〜すぅ〜

 

なんのこっちゃ…。

 

練習が試合を想定した内容になっていない。理にかなったポジショニングができていない。原因の例を挙げながら、どうやって練習と試合を繋げるのか?その手法などをご指導させていただきます。

 

そして、そして…重大発表!!かな?(笑)

 

ママさん向けの『チームレッスン』をスタートします。大好評の平日日中レッスンがパワーアップ!

 

9/1(木) 13:00〜14:45 扇町プール 体育場(※終了しちゃいました、ゴメンナサイ)

9/14(水) 11:00〜12:45 東成スポーツセンター 第一体育場

 

すでに第1回は終了してますが、「楽しかった!!」という絶賛の声をいただいてます!

 

・プライベートレッスンを受講して、熱が冷めやらぬうちにチームレッスンに流れるもよし

・チームレッスンを受講して、見つかった課題を、忘れないうちにプライベートで復習するもよし

・ゲームだけ参加するもよし

・楽しくバレーがしたい!

・練習したことをゲームでできるようになりたい!

・普段はレシーバーだけど、スパイクも打ってみたい!

 

目的はいろいろでOKです!

 

「小さい子供がいて、夜間のプライベートレッスンには参加できない」

「ご主人が理解してくれないので、家を空けられない…」

「いつも、チームでは怒られてばかり…、私だって一生懸命やっとんねん!」

 

ママさんあるあるでお悩みの方も、一度ご参加いただければ解決するはず!

 

笑顔がいっぱいのチームレッスンになること受け合いです。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

ちょっとオタクなお話Α 礎翕諜徃編

昨日はレッスンがなかったので(京都校は開校しました)、久しぶりにオタクなお話を…。

 

全日本女子の名セッターといえば、今やほとんどの人がロンドン五輪で日本を銅メダルに導いた竹下佳江さんを挙げると思います。

全日本のセッターというのは、歴代、名選手揃い。というか、アジアのセッターの多くに当てはまることです。

誰が一番上手かったのか?比較することはできませんし、比べることは蛇足ですが、中国の孫晋芳(ソンシンポウ)、楊錫蘭(ヨウシャフラン)、蘇恵絹(ソケイケン)は、中国黄金時代を支えた名セッターでもあり、韓国やタイのセッターにも上手な選手が多いです。これは、どこからでも上がってくる二段トスをポイントにつなげる大砲を抱える欧米のエースを擁した海外チームに比べ、コンビや精度が求められるアジアバレーの特徴とも言えます。

当然、日本のバレーもセッターと共にあったのではないでしょうか?オリンピックか世界選手権の優勝チームと、その他の国の代表が世界選抜チームとして対戦する『ガラマッチ』では、世界選抜の正セッターとして出場した中田久美さんは、「そんなにキレイなトスは上げなくていい」と言われたとか…。

日本の名セッターは自分の知っている限りでは、小川かず子さん、中田久美さん、竹下佳江さんって感じかなー?中西千枝子さんとかも上手かったですよね。もちろん他にもいましたが、この方たちが偉大過ぎて…。

今回は、その中田久美さんについての、オタクな話。

日立の山田総監督が、私設ではじめた『ロサンゼルス・エンジェルズ』の第二期生で、80年、日中対抗戦において、中学生ながら全日本デビュー。
82年、世界選手権までは、小川さんの控えという立場でしたが、83年から、正セッターとなりました。

この年、福岡で行われたアジア選手権で、当時世界一と言われていた郎平率いる中国を3ー0で破り優勝した試合は、自分の中でも、全日本のベストマッチのひとつです。

一気にロスオリンピックの金メダルの夢が膨らみましたが、結果は銅メダル。東京五輪で東洋の魔女に沸いた日本の銅メダルは、最低ラインの成績だったんです。

現役時代は、ジュニアとシニアの正セッターを掛け持ちしており、昼間にジュニアの試合でトスを上げ、夜にワールドカップでトスを上げるというようなこともあったそうで、試合前の公式練習の時、当時の全日本監督(米田監督)に、「オマエはいいからスイカ食ってこい!」と、水分補給のためにコートの脇でスイカを食わされたとか…(笑)

熱が出ても、ケガをしても、絶対にコートに立ち続け、中田さんが日本の正セッターだった時、セッターのポジションに、他の選手が立っているところをほとんど見たことがありませんでした。

竹下さんがロンドン五輪直前に骨折し、先日のリオ五輪世界最終予選で指を脱臼してもコートに立ち続けた木村沙織選手の『大和魂』は、中田姐さんの時代から、脈々と受け継がれてきたのかもしれませんね。

ロス五輪後、88年のソウル五輪での金メダルを目指すべく、87年に召集された全日本ですが、前年に中田姐さんは、彼女のバレー人生を揺るがすアクシデントに見舞われました。

右ひざ十字靭帯段裂。全治一年半と診断され、ソウルどころか、バレー人生さえ危ぶまれる程のケガを負いました。

87年の日本リーグのシーズンは治療に専念し、後輩の高橋さんや、丸山(旧姓・江上)さんまでがセッター兼務で復帰して日立を支えました。

しかし、その年の秋、わずか10ヶ月で、奇跡の復活を果たします。そして、ソウル五輪の年、少しでも状態を良くするために再び手術。

そして7ヶ月後のソウルのコートに中田姐さんは立ちました。結果は4位でメダルを逃します。

ソウル五輪後、引退もささやかれましたが、現役続行!

全日本を離れた時期もありましたが、五輪前には全日本に戻っては、トスを上げ続け、アトランタ五輪を含め、三度の五輪出場を果たしました。

引退後は解説者として、現在は久光製薬で監督を務め、Vプレミアリーグで久光スプリングスを優勝に導き活躍中です。

選手としても、監督としても、常に日本のトップでバレー界を牽引しているのは、現役時代の強気なトス回しと、天才と呼ばれた創造性、そして、その求心力にあったのではないでしょうか?

途中から、中田姐さんと表現してるのは、バレー界の重鎮として、今もなお語り継がれている武勇伝の数々…。

その象徴とも言える動画が↓↓です。



シドニー五輪出場を逃してから8年ぶりに出場を決めたアテネ五輪世界最終予選でテレビ出演した選手たちに、「テメーら、コノヤロー!!」と、全国ネットで流れちゃったんですから…(笑)

天才と呼ばれた努力の人、鬼と呼ばれた人情に熱いバレー界の先輩は、今もバレーの現場で活躍されてます。

 

ちなみに、↓↓の動画が、先述したアジア選手権です。画質は悪いですが、暇な時にでも是非!

 

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

8/27レッスン報告〜夏は基礎!

8/27は浪速区の小学校でプライベートレッスン、グループレッスン、そしてGAMEを行いました。

 

久しぶりに、グループレッスンに多くの子供たちが集まり、グループレッスン後のGAMEも盛り上がりました!

 

プライベートレッスンは小学生と中学生の男の子、そして、東京から帰省のたびに来ていただいている社会人男性も。

 

グループレッスンにはプライベートレッスンを受講した3人に加え、当日参加も含めた9人が集まり、『夏は基礎固め!〜レシーブ&スパイク編』というテーマで行いました。

 

なぜ夏は基礎なのか?

 

小中高生や大学、そして社会人とも、主要な大会などが終わって、代交代をして新チームがスタートしたり、夏休みに入って合宿などをしたり…という時期であることや、実りの秋に向けて、しっかりとした土台を作る時期であることも考えてのテーマでした。

 

自分が高校、大学の時、合宿でみっちり基礎をやっていたこと(やらされていたこと)、そして、地味な基礎練がイヤで手を抜いたりしたことで、秋のシーズンイン後に故障したり、試合で崩れていくフォームを矯正できず後悔した経験などを踏まえ、夏の基礎練の大切さを伝えたいと思ったからでもあります。

 

出張レッスンでも、基礎練をやってます。

 

ただ、この基礎や知識を一度身に付ければ、改めて基礎練を行わなくとも、日頃の練習の中で、いくらでも基礎を意識することはできます。

 

練習の基本となるパス、対人、スリーメンやスパイク練習など、自分のフォームと対峙する機会はいくらでもあるわけで、それを意識して取り組むのと、適当に流すのとでは、大きな差が出ることを伝えました。

 

ある程度の技術が身に付くと、パス、対人をウォーミングアップと捉えて、適当にやっている光景をよく見かけます。とくに中高生に多いですよね。

 

パスを「相手を一歩も動かさないぞ!」と、ど真剣にやるのと、多少ブレてもカバーし合って適当にやるのとでは大きな違いが出ます。そして、スリーメンの時、途中途中にあるチャンスボールをしっかり正面に入って基本に忠実にプレーするのと、小手先で誤魔化して返球するのとでも同じです。

 

例えば、こういう緩いチャンスボールが、スリーメンの中に20本/1日あるとすると、年間300日練習する中高生の場合、年間で6,000本の基本練習を真剣にやるか疎かにするかの差が出るわけです。

 

当然、1人の選手が1日に触るチャンスボールは20本じゃきかないでしょうから、もっと大きな差になるわけで、その差は、大事な試合の緊迫した場面で出るわけです。

 

スパイクに関しては、シーズン中、やむを得ず無理な体勢で打たなければならない場面も多くあり、身体のあちこちに負担がかかるのと同時に、身体が歪んだり、それがクセとなってしまうこともあります。

 

日頃のスパイク練習では、多くの人が、まずは前セミなどを数本打って肩を馴らしてから、徐々に自分のポジションでのサインプレーに移ります。この前セミを肩馴らしに留めるか、基本動作を意識て体幹やフォームを意識して練習するかで、大きな差になるんです。

 

そして、基本動作と合わせ、現代の考え方となる『パワーポジション』『ゼロポジション』についても教示させていただき、過去との考え方の違いや、今のチームで教わっていることとの違いなども伝えさせてもらいました。

 

指導者が、時代の流れとともに変わる競技の知識や考え方を熱心に勉強していればいいのですが、指導者は自分が習っていたことをそのまま指導している場合も少なくありません。

 

決して、間違いではないのでしょうが、その変化や違いに目を向け、選択を本人に委ねるべきだと、僕は思います。

 

地味な基礎練習ではありましたが、受講者の初めて聞く話への関心や、コートの脇で聞いている保護者の反応から、基礎練習への需要の高さを実感したグループレッスンとなりました!

 

グループレッスン後のGAMEは大いに盛り上がりましたが、日頃の練習をGAMEで活かすことは難しいようで、試合慣れしている子や出張レッスンで流れの中での動きを練習している子、プライベートレッスンがGAMEに活かせていない子に分かれました。

 

『プライベートレッスンで培ったスキルを集団の中で活かす』というのがグループレッスンの目的であり、GAMEも同じです。

 

GAMEで力が発揮できなかった子は、プライベートレッスンとグループレッスンを、線でつなぐことができれば、必ずできるようになります。今回参加した子に、何が必要か、見させてもらったので、近いうちに是非プライベートレッスンにお越しください。

 

そして、次回のGAMEで一歩前進しましょうね!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

8/25レッスン報告〜小さなガッツポーズ、大きな一歩!

昨日は浪速区小学校でレッスンでした。

 

人数は少なめでしたが、小中学生が1人で2-3コマ受講してくれたりして、濃いめのレッスンになりました。

 

昨日来てくれた1-2コマ目に担当した中学生Sは、中1からバレーを初めてまだ半年ですが、3年生が引退してからコートに入れてもらえるようになったと笑顔で報告してくれました!こういう話を聞くと、ホンマにうれしいですね。

 

オーカに来たばかりの頃は、あまりボールに触らせてもらえていなかったようで、パスもままならない状態でしたが、今ではジャンプフローターもマスターしています。

 

そして1-3コマ受講の小学生Kは、先日の試合で準優勝したとのこと。優勝ではなかったので、本人は満足はしていませんでしたが、チームのセンターエースとして攻守に活躍しています。

 

最近はジャンプサーブをマスターし、スパイクもレフトからセンターエースに変わって、右から左から上がってくるトスを打っています。もちろん少年団での練習の成果だと思いますが、オーカでのコソ練も役に立っているはず…。

 

ただ、かなりシャイなところがあり、昨日のブログにも書いた、いわゆる今どきの子というか、自己表現が苦手な子です。

 

3コマ目は中学生3人が加わり、レシーブとスパイク練習を行い、周りと連係して動くことや、意思伝達すること、流れの中での動きなどができるようになったらいいなという思いから、複合的な練習も行いました。

 

3コマ目に加わった2人の中学生男女、オーカに来たばかりの頃は、とてもシャイで、人との関わりを好まない感じでしたが、今では横のつながりもでき、うるさすぎるくらいになってます(笑)出張レッスンのムードメーカー的存在です。

 

そんな2人が、良いプレーのたびにKを盛り上げ、一緒にガッツポーズをしようとアプローチしてくれました。なかなか一緒に盛り上がれず、冷ややかな反応でしたが、乗ってこないから…と諦めず、「Kくん、ナイス!うぉ〜!!イエイ!」とハイタッチを求め、ずーっとアプローチし続けてくれました。きっと、自分自身が極度の人見知り出身だったからこそ、根気よくKの心を開いてくれようとしたんやと思います。

 

そしてついに、Kの拳が小さくガッツポーズ!!(感激!!)

 

僕自身も、これまで必死に盛り上げようとやってきましたが、やっぱり子供同士にはかなわないです。

 

この小さなガッツポーズが、大きな一歩であり、あまりに嬉しかったので、普段打たないスパイクサーブを打ち続けてしまい、おかげで夜中に足が攣って悶絶してたことは内緒です…(笑)

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ


オーカのプロフィール

        

人気ブログランキング

ランキング参加中

バレーボールブログランキング

最近のブログ

カテゴリー

過去の履歴

recommend

リンク

ブログ内を検索

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
        

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR


にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村