10/16レッスン報告

先週の金曜に、社会人チームの練習で、砂取コーチのスパイクを胸でレシーブした際にネックレスが切れ、16(日)のレッスンでバレーシューズの紐が切れ、なにか不吉なことが起こる予感しかしない関コーチです…。

 

10/16は箕面市の稲スポーツセンターでレッスンでした。

 

予約は満員!三田市や四国からも来てくれました。

 

四国のNは、ブロックの基本を教えて欲しいとのことで、いわゆる『お任せコース』の範疇で対応させていただきました。

 

正直、僕自身はブロックは苦手です。高校の時は得意やったんやけどなー…。でも、オーカで三好コーチのブロック指導を聞いたり、自分の知識を指導するようになってから、ちょっと良くなってきた感じがします。

 

足のステップや、ブロックの役割、そしてアタッカーの立場から、アタッカーにとってどんなブロックがイヤなのかをイメージしながら指導しました。

 

ブロックの形については、肩甲骨を開いて腕をロックするようにして、アタッカーのヒットポイントを両手で押さえるように。そして、ジャンプ時は、ネットの白帯に沿って腕が前に出るよう、アンテナにゴムひもを張ってジャンプ。空中で煽る選手が多いので、『止める』というより『塞ぐ』という気持ちを大事にしてジャンプするようにしました。横移動はサイドステップとクロスステップを使い分け、移動のジャンプを上に跳びながら移動せず、地面を這うようにして移動して、最後の一歩で地面を蹴り上げてジャンプすることで高さが出ることをアドバイス。

 

知識はあるけど、自分はできません…。あ、ちょっとはできます(笑)

 

この日はNや中学生男子の予約が多かったので、224cmでネットを張ろうかと思いましたが、ブロック練習するなら、まずは少し低めのネットで止めるイメージをしっかり持った方が良いと思い、215cmに変更しました。

 

三好コーチのブロックは、以前、一緒に試合に出て、その移動の速さと後ろの守りやすさを実感しました。さすが堺ブレイザーズ!さすが、ただの巨人!

 

そして、大阪校にはもう一人、砂取コーチというイヤ〜なブロッカーがいます。僕自身は空中で腕を振ってクロスやストレートに駆け引きしてくるブロッカーの方がやりやすいんですが、彼は、腕を前に出すという基本に忠実なブロックなので、ホンマにイヤ!!

 

実際、ブロックは前に出れば出るほど打てるコースが狭まるのです。

 

この2人をイメージして、アタッカーの立場から指導することで、Nにも理解してもらえたかな?と思っています。

 

3コマ目には、中学生の男子2人のレシーブコースと、女子1人のトスコースを組み合わせて指導させていただきました。

 

まだ2回目の中学生男子は、恥ずかしかったりもあるのか、反応が薄く少し苦労しました。

北摂の子なので、上品なのかも?あ、ミナミは下品とは言ってませんよ!(笑)

地域のことをおもしろおかしく書くと怒られるので…。

 

レシーブについて、僕が最も大切にしているのが『面』と『体重』の使い方です。

 

「レシーブを上手になりたい!」って思うと、強烈なスパイクをジャンジャン拾って、チームの守護神的なプレーをイメージする人が多く、「どんなボールもレシーブできるようになりたい!」っていうのを思い描いていると思いますが、僕の優先順位は真逆で、ラリーの途中途中にあるチャンスボールや優しいボールを確実に返球することの方が大切だと思っています。

 

『チャンスボールは1点のプレー』ということを、口を酸っぱくして言ってます。

 

派手なナイスレシーブを繋いで繋いで、相手コートに返球しても、結局攻撃されて終わることの方が多いですし、逆にチャンスボールはしっかりセッターに返球すれば確実に1点取れるプレーだからです。

 

でも、このチャンスボールが返らない選手がホンマに多い。優しいボールほど難しいんですよね。

 

チャンスボールは、緊迫した場面や、競り合いの場面になるほど緊張するもので、この緊張が焦りとなり、うっかりミスして相手コートに返ってしまったり…。

 

ところが、面と体重さえしっかりセッターの方向に向けば、あまり考えなくても勝手に返球できるもの。だって緩くて優しいボールなんやから…。

 

多くの少年団や、中高の部活動の指導で、このチャンスボールを処理する際の足が逆(体重のかかっている方向と、面が90度違っている)の場合が多いです。

 

文字にするとわかりにくいですが、ボールが右にきたら右足を前に踏み出し、面だけをセッターの方向に向けるという指導を受けています。

 

ところが、緩くて優しいボールであれば、例えば自分の左側にセッターがいる(ライト側にちゃんボールが返球された)場合、一歩多く右に入って、左足を前に出して体重をかけ、その体重のかかっている左足の太ももの上に面を作るのが正しいと僕は思っています。そうすることで、左足に重心がかかっているため、その踏ん張った左足でキックすれば、攻撃準備もより速くできるわけです。(わかりにくいですね)

 

文字での理論は、これくらいにしておくので、実際にレッスンに来てみてください!

 

学校で習っていることとは真逆の指導なので、混乱もあると思うのですが、「今日はこれでやってみて!」と言うと、多くの子たちが、「ホンマや」と実感してくれます。

 

要は、しっかりセッターに返れば、右足が前だろうと、左足が前だろうと怒られることはないんですが、返らないから逆のことを言われちゃうんですよね。

 

この2人の中学生男子も、チャンスボールもままならない感じだったので、チャンスボールの大切さを説きながら指導したつもりだったんですが、理解してもらえたかなー?

 

学校から帰ると暗くなるまで、公園や空き地で野球や缶蹴りして遊んでた僕らとは違い、最近は公園の遊具も制限されるわ、空き地なんてないわ、立入禁止だわで、遊ぶ場所もなく、また、電子ゲーム機器の普及により、町で見かける子供たちはゲーム機を囲んで遊んでいます。

 

時代のせいもあると思いますが、反応薄く、自己表現が苦手な子が多い中、最近のリオ五輪で活躍したのは、いわゆる『最近の若い子』たちです。五輪選手は、すごくしっかりした受け答えができるし、自己表現も上手く、考え方も立派で驚きます。

 

上手に環境を整えてあげれば、そんな立派な若者は育つんですよね。

 

自分に何ができるのかわかりませんが、子供たちの中に眠っているものを、覚醒させていけるようなレッスンをやっていきたいと思っています。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

10/15レッスン報告 〜『だから』を『だけど』に変える力

10/15(土)は浪速区の小学校で出張レッスンでした!

 

テスト期間中ということもあり、参加は少なめと聞いていましたが、結局12名の小中学生が集まりました。

 

どっちがどうのということはありませんが、テスト期間中だからレッスンに来れない(来ない)子と、テスト期間中でもレッスンに来る子、ヤル気があるとかないとかではなく、僕はすべて本人次第だと思っています。

 

成績が悪いと『好きな』バレーばかりやらせるわけにはいかないですし、「バレーには連れていかない。テスト勉強しなさい」と言われるのは当然。僕が親でもそうします。

 

本人の口から「練習試合だから…」「明日試合だから…」「テスト前だから…」と休む理由を口にする子は、いろんな理由をつけてレッスンには来ません。

 

『だから』を理由にする子は、テスト前だろうがなんだろうが、勉強しないと思っています。バレーを休んだからといって、やらない子はやらないし、やったところで成果は知れてるんじゃないでしょうか。

 

一方で、『だから』を『だけど』に変えることのできる子は、『やる時ゃやる子』だと思います。

 

テスト前だけど、試合前だけど、レッスンを休まずに参加している子はいます。その分、別に時間を見つけて勉強しているかどうかはわかりませんが…(笑)

 

少なくとも、自分はバレーを中心に生きてきた人間なので、バレーをするために勉強していました。点数が低いと補習授業があったり、部活禁止と言われたり…で、練習できなくなるため、悪い点数は取れないと思っていましたし、キャプテンになってからは、ただの『バレーバカ』では、後輩に示しがつかないので、成績優秀でないといけないと思っていました。

 

僕の時代は、上位100人の名前が校内の掲示板に貼り出されていたので、そこの左側に名前が乗らないと(左側に少し大きめの文字で30番まで、右側に31-100番までの名前が掲示される)気が済みませんでした。

 

ママさんも、自分のバレーをするために、練習の日は家事を大急ぎでやりくりして出掛けます。それもこれも、「バレーをしたいから!」がモチベーションになっているんですね。

 

話が変な方向にいってますが、この日の出張レッスンで、少しダラダラしているところが見えたので、みんなを集めて話をしました。

 

「中学生はテスト期間中の子もいると思う。テスト期間なのに、こうやってレッスンに来てるんやから、せっかくやったら一生懸命やろう!どうせやるなら、成果実感できるようにやろう!自分の練習もあって、疲れている子もいるやろう。でも、なんで来たん?上達したいと思って来てるんちゃうの?親に行けと言われて無理矢理来てんのか?お父さんもお母さんも、みんなが行きたいっていうから、こうしてレッスンに連れて来てくれてるんちゃうんか?」

 

もちろん、保護者にも「上達して欲しい」という願いもあるでしょう。でも、本人が行きたくないなら、わざわざ時間を作って送迎なんてしません。送迎したら、レッスン中は見学しているだけ。子供の姿を見るのは楽しくもありますが、同じ時間、家にいたら、掃除も洗濯もできるわけです。テレビだって見れるかもしれないし、身体を休めることだって…。貴重な自分の時間を割いて送迎してくれているということをわからないといけない。

 

せっかく練習に来たのに、ダラダラしている姿なんて、誰も見たくないはずです。

 

「せっかく練習してるんやったら、どうやったら1本でも多くボールに触れるか?どうやったら上達するか?を考えながらやろう。ボール渡しやボール拾いを効率良くやったり、次の順番の時はすぐに交代できるように待機したり、せっかくならいっぱい練習して上手になろう!ダラダラやっても3時間、一生懸命やっても3時間、せっかくなら一生懸命やって、上手になったと思える方が良くないか?勉強も同じ。授業はイヤでも1時間、椅子に座っとかなあかん。寝てても1時間、ノートに落書きしてても1時間、話を聞いても1時間や。どうせやらなあかんのやったら、一生懸命授業を聞いて、テスト前に慌てなくていいように勉強したらどうや?」

 

こういう注意を、勉強とつなげて指導している僕、さすが!(笑)

 

自分自身、そういう考えになれたのは、高校のある先輩に会ってからですが、これは社会人になってからも、「どうせやるなら…」と思っています。

 

新入社員の頃は、コピーとったり、掃除をしたり、責任ある仕事より雑用的なことを言いつけられることが多いです。

同期の子は「なんでバイトがおるのに、俺らが掃除しなあかんねん!」とぼやいていた子もいました。

 

でも、自分は「掃除してこい」と言われた以上、どうせやらなあかんので、だったらピカピカになった方がええなーと思っていたので、掃除も苦ではなかったです。だって、責任ある仕事をしても、雑用しても、もらえる給料は同じなんやから…。掃除して、コピーしてお金もらえるなんて、こんな楽な仕事はないですから…。

 

休まずレッスンに来たから偉い、休んだから偉くないではありません。休まずレッスンに来て、一生懸命練習し、練習で勉強できなかった分を、挽回するために集中して勉強するから偉いわけで、休んでもしっかり勉強して成果が出たなら十分偉いんだと思うし、せっかくレッスンに来ても「大して頑張ってなかったなー」と思うような練習だったらちっとも意味がありません。

 

僕ができることといえば、いろんな事情がありながらもレッスンに参加してくれた子に、せっかく来たんやから頑張って上手になろうと思えるような言葉をかけることと、せっかく来た子に最大限に成果を出してもらえるバレーの指導しかできません。

 

『だから』の子を『だけど』にするのは、保護者の方々にお願いし、僕は『だけど』の子を最大限に引き出す指導をして、みんなで協力して、より良い充実した出張レッスンにしていきたいと思っています。

 

僕自身、試合で勝つため、良いパフォーマンスを発揮するため、チームの練習以外に、自宅でトレーニングしたり、走ったりして、努力していました。(努力していたつもりです)

 

ある時期、仕事が多忙で時間が作れず、トレーニングをサボリ気味になり、その年のパフォーマンスがすごく悪くて、悔しい思いをしました。

 

そんな時、テレビで、アメリカンフットボールの有馬隼人選手の特集をやっていたんです。

 

 

彼は、関西学院大学のアメフト部で活躍し、大学を卒業後は、TBSのアナウンサーとなり朝の情報番組を担当していました。甘いマスクで人気も急上昇中だったんですが、スポーツ取材をしている中で、彼のアスリート魂が再燃し、TBSを退社してアメフトの世界へ舞い戻った『変わり者』です。だって、人気アナウンサーの道を捨て、日本ではあまりメジャーとは言えない競技の世界に戻ったんですから…。

 

退社後は、収入は激減し、仕事をしながら、4年のブランクを埋めるために身体造りをして、競技復帰を目指すまでの特集だったんですが、彼は、仕事が遅くなろうが、翌日の朝が早かろうが、やると決めたトレーニングメニューを必ずこなしていたんですね。

 

夜中に線路沿いの坂道を何本も猛烈にダッシュする姿を見て、ハッとしました。

 

自分は仕事を言い訳にして、走『れ』なかったんじゃなく、走『ら』なかっただけだと…。

 

人間の『本気』っていうのは、こういうところに表れるものなんだと思います。自分より6つも年下の彼に、走『ら』なかった自分を叱咤され、トレーニングを再開し、今でも続けているおかげで、こうしてバレーを続けることができています。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

10/14レッスン報告 〜スルメのようなレッスンを!

すでにひび割れが始まって、メンタムリペアを始めた関コーチです。

 

週末も盛りだくさんでレッスンしてきました!

 

10/14(金)はママさんレッスン!

 

各コマ4-5人の方が受講に来てくださいました。いつもありがとうございます。

 

「私…もう…ダメ…かも…」でお馴染みのOさんは、「最近、よくなったね!」とチームの監督さん?に言われたそうで、レッスンで教えてもらったことを意識してやっているおかげで、自分でも手応えを感じてくださっているようで、ホンマに良いスパイクが打てるようになってきています。脱・ネガティブ!!

 

「私もう前しか見えない!」と言わんばかりのスパイクが、僕の頭に直撃し、体育館が笑いに包まれました。

 

その後、僕からの呼びかけが『呼び捨て』になったことは言うまでもありません…(笑)

 

僕は、新規で体験に来てくださった大阪市内在住のママさんと、約2年ぶりに参加してくださったママさんのスパイクコースを担当。2年前は大阪校がなかったので、岐阜まで受講に行かれたそうです。

 

9人制は専門的なポジションなので、前衛はスパイク、後衛はレシーブといった感じのため、基本的には自分のポジションの練習コースを申し込んでいただくことが多いです。もし、別のコースを申し込むとしたら、せいぜいサーブコース。

 

ただ、前衛でもレシーブすることはあるのですが、1コマまるまる時間を割くほどでは…というのが、本音かもしれません。

 

「やってみたい!」という願望で、レシーバーがスパイクをするのもいいですし、スパイカーがトスコースを受講するのもかまいませんが、他のポジションをやってみるというのは、とても大事なことです。

 

セッターはやってみないと、どんなボールが上げやすいのかわからないし、トスを上げてみて初めてその難しさを理解できます。

 

基本的には申し込んでいただいたコースを専門的にご指導しますが、一方で、試合でありえることは想定してレッスンに組み込んでいくことが重要なんじゃないかなと、個人的には思うので、そういったことを織り交ぜながらレッスンをやっています。

 

初めて来た方もいれば、結構長く受講に来られている方もいて、同じような練習をすることもあったり、同じ話を聞くこともあるでしょうが、繰り返しやるというのが練習であり、新たな気持ちで話を聞くと、聞いたばかりの頃はわからなかったことも「あー、こういうことだったのか」と理解が深まることも…。

 

映画を2回観ると、2回目に気付かなかったシーンに気付いたりするのと同じ感じですね。

噛めば噛むほど味が出るスルメのようなレッスンにしていきたいです。

 

正直、ママさんは、歩みのノロいカメさんですが、意識の高い方が多く、ゆっくりですが着実に歩を進めているのがわかります。子供は飲み込みも早いですし、身体も思うように動きますが、忘れるのも早かったり…。

 

当然、個人差もありますが、オーカで一緒になるママさんは、ライバルではなく同志です。藁をも掴むような思いでレッスンに来られた方も多いので、ベテランママさんたちが、新しく来た方へ気さくに声をかけてくださるので、すぐに打ち解けてくれているように見えます。

 

チームで活動していると、どうしてもママさんならではのモメゴトもあると思いますが、そんなストレス発散の場にもなっているのかもしれないですし、そういう場として、楽しくスキルアップできる場所を提供していきたいと思っています。

 

この日はチームレッスンもあり、5名の方が参加。やや少なめではありましたが、たとえ人数が少なくても、それぞれのポジションで起こりうることを想定して、我々コーチがボールを出すので、かなり練習になったと思います。

 

次回は10/20(木)浪速スポーツセンターでプライベートレッスンを2コマ開校予定ですが、少し寂しい状況です。是非是非ご参加くださいねー!

 

翌週の10/27(木)はほぼ満員なので(チームレッスンは少し余裕があります)、お早めにご予約くださいね。もし、希望のコースが空いていない場合は、三好コーチか僕に連絡いただくか、キャンセル待ちでご予約いただければ、やりくり可能な場合は、こちらから連絡させていただきます!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

10/12レッスン報告

昨日は西成スポーツセンターでレッスンで、多くの小中学生とママさんが受講してくださいました。

 

1コマ目、僕は神戸市から通ってくれている小4の女の子Rと、同じ神戸市から初めて来てくれた小6の女の子Fのスパイクコースを担当。

 

ここ数回Rを担当させてもらってますが、スパイクスイングの肘が下がる点がとても気になっていたので、なんとか矯正してあげたいと思っていました。

 

事前にネットで調べたりしましたが、だいたいは自分の知っているアプローチ方法でした。いろんな角度からアプローチしてますが、なかなか矯正できずにいます…。昨日はタオルを使って、ネットに引っ掛けるような動作をしたり、わざとスイングを振り切らずに、自分の最高打点で止める打ち方などもやってみました。

 

保護者の方も非常に熱心な方で、僕の指導を聞いていらっしゃり、恐らく帰りの車の中で、いろいろとRにアドバイスをしておられるのでしょう。たぶん、R自身も、そんなお父さんの期待に応えたい思いが強く、それが力みになっているのかもしれません。肘が下がる原因は、「強いスパイクを打ちたい!」という思いのあらわれでもあるので、できるだけリラックスして打たせてあげたいのですが、一緒に受講する子がいると、余計に頑張ろうという気持ちにもなってしまうようです。

 

ただ、少しずつですが、変わってきていると思うので、引き続き見守っていきたいです。ここを抜ければ、一気にグンと伸びると思うので、絶対結果出したいと思います!機会があれば、マンツーマンでやってあげたいんですけどね…。

 

一方、初めて参加してくれたFは、飲み込みも早くアドバイスを次々と吸収してくれ、2コマ受講の予定でしたが、結局1コマ追加で3コマ受講して帰りました。初めて聞くアドバイスに目を丸くして興味を持って取り組んでくれました。

 

2コマ目は小6男子Yのレシーブコースを担当。久しぶりに担当したんですが、すっかりお兄ちゃんになっててビックリしました。ハキハキしゃべるようになってたし、チームで攻守の要となっているだけあって、自覚が出てきたのかもしれませんね。

 

僕の担当したレシーブコースでは、以前指導したことはすっかり忘れてしまっていたのか、頭が下がったり、手の振り回しが見られたので、そこを重点的に矯正していきました。

 

でも、前のボールに果敢に飛び込んだりする姿勢は、以前は見られなかったので、確実に上達してきていると思います。

 

そして、3コマ目は初参加の中3男子のスパイクコースを担当。細身の長身で、手足も長く、バレーボーラー体型って感じの子でした。中学からバレーを始めたとは思えないほど、良いものを持っていました。

 

1年時はセンターで、ちょくちょく試合に出ていたそうですが、3年生が引退し、新チームになってからレフトにコンバートしたそうで、オープントスのタイミングがわからないとのことで、テスト期間であるにも関わらず、レッスンに来てくれたようです。

 

「センターでレシーブしたことがないからサーブレシーブができない」「センターやってたからオープントスが打てない」「レフトしかやったことがないから、速攻は打てない」という言葉は、『言い訳あるある』です(笑)

 

「やったことがないからできない」ではなく、「やったことがないからやらない(やりたくない)」場合も多いと思います。苦手意識がそうさせる部分も往々にしてあるんですが、「やったことないから、やってみたい!」になれば、その後の伸びしろも変わってくると思うので、いろんなことに挑戦する好奇心や向上心を持ってもらいたいものですね。

 

この子は、向上心もあり、僕のアドバイスを食い入るように聞いてくれて、積極的にチャレンジしてくれました。

 

大阪府の南部からの参加で、テスト期間中でたまたま来れたそうで、継続については検討と言ってましたが、本人が強く継続を希望してくれて、入会してくれました!

 

このまま守備も含めて練習していけば、来年のJOCも狙える逸材だと思います。(オーカでコソ練続けていけば…って書いとこうっと笑)

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

練習は試合のためにあるもの

先日(10/9)、久しぶりに社会人バレーの公式戦に行ってきました。

今年は、試合のために早起きするってことがなくて、「この生活も、全然アリやなー」と思ってたけど、所属チームの危機?(人数足りなくて棄権したらランク落ち)のために、初老のオッチャン、立ち上がりました(笑)

自分がまだ通用するのか?より、ちゃんと起きれるかの方が心配でした。

Aランクから、まさかの敗戦と棄権で2ランク落としてCランク…(連続棄権やったかな?)

棄権したらDランクとか、全国大会目指してたチームやのに…。そんなん絶対アカン!

でも、Cランクとはいえ、新チームで順調にランクを上げてきたチームもいて、まぁまぁレベルは高い!
今年のクラブカップの大阪第一代表もいました。

各ランクには6チームいて、3チームずつ、2つのゾーンに分かれての総当たりリーグ戦で、それぞれの最上位チーム(2チーム)がワンランクアップ。

どうかクラブカップの大阪代表チームと同じゾーンにはなりませんように…

と、願えば願うほど当たるもので、案の定第一試合にいきなり対戦することに(笑)

この日は、セッターかなー?と思ってたけど、前衛のレフトスタートで、相手チームのエースとマッチアップ!立ち上がりの大事な一本目からトスが上がってきましたが、ブロック吸い込みで、幸先良いスタート!

第一セット落として、第二セット取り返してフルセットにもつれ込みましたが、なんとか勝利!!

若い子たちに頑張ってもらえるように、自分はミスを少なくして、守備で貢献できたら…と思ってましたが、試合が始まると、要所要所で「ワシに持ってこい!」と、結局アスリート魂に火がつきっぱなしでした(笑)

流れの中で、うまく回らない時にはポジションチェンジの指示を出したり、サーブの狙いどころを指示したり、誰にボールを集めるようにと、自分の知識と経験を存分に活かしたつもりです。

2試合目は立ち上がりこそ、もたつきましたが、「せっかくさっきの試合に勝ったんやから、こんなとこで負けへんで!」と、チームメイトを鼓舞しながらストレートで勝利し、Bランク昇格を決めました。

よかったー、役割果たせて…。

久しぶりの公式戦やったんで、見たことない若いチームや選手もちらほら…っていうか、大多数が知らん子やった(笑)

その中に、下位ランクで初出場してきた若〜いチームがありました。

強豪校出身ぽい振る舞いと、スパイク練習を見て、よう打つなーと思ってたんですが、試合になると、コンビ合わない、レシーブ上がらない、良いスパイクで決まっても単発でつながりがない…って感じで、フルセットの辛勝と、フルセットの惜敗でした。

僕が再三ここでも言っている、フリースパイクはすごいけど、ゲームになるとからっきしの典型みたいな感じでした。

セッターの子はハンドリングも良く、柔らかいトスを上げてましたが、すべてがセッターのリズムやったんで、コンビがまったく合わへんのよねー。

 

スパイク練習は、一定の場所に一定のリズムでボールが給仕され、パスも一定の場所に返ってくるので、テンポよくボールが回りますが、試合はそうじゃない。これが、練習のための練習をしているか、試合に沿った練習をしているかの違いなんですね。

こういうのって、そのうち誰かが教えてあげるんやろか?それとも自分で気付くもん??

ひと言アドバイスしたげたかったけど、こんな見知らぬオッサンに、いきなり上から目線でアドバイスされてもねーー(笑)
と思ったんで、なんも言わんかった。

でも、試合が終わってから、観客席に向かって整列して一礼する姿は、清々しかったです。

別に応援してへんかったけど…(笑)

 

でもでも、こういう振る舞いは好感持てますよね!

個々の能力は高いので、これから頑張って欲しいです。

 

では、今日はこの曲で一日頑張っていきましょう!↓↓↓

 

ちなみに原曲はこっちです(笑)↓↓↓

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

10/8,10レッスン報告 〜意識高い系で、グングンスキルアップ中!

10/8は浪速区小学校でプライベートレッスンとグループレッスンを行いました。

 

1コマ目は、7月から通ってくれている中1男子。初心者でバレーを始めましたが、すでに試合に出ることもあるそうですが、まだまだこれからといったところでしょうか。

 

サーブとスパイクを強化してきたので、この2点については、かなり上達したと思います。部活ではセンターをやっているとのことですが、動きを見る限りは、周りの選手に助けられて、『とりあえずコートにいる』って感じかもしれません。

 

すでに試合に出ているということなので、まずは、試合での動きを覚えることが先決と思い、それを最優先に考え、技術的な指導を並行してやってます。

 

基礎からしっかりやって…というのが理想ですが、チーム事情でコートに入らなければならない子もいます。悠長なことを言っている間に、新人戦が始まり、あれよあれよという間に1年なんて経ってしまうもの。

 

試合で覚えられることもあるし、試合に出ながら基礎的なことも理解できたりもするので、バンバン試合に出ながら、オーカでのレッスンも活かしてほしいです。

 

そして、この日は、セッターをテーマにしたグループレッスンも行いました。

 

題して『セッターはつらいよ… 〜セッターの基本を学び、レシーブやスパイクに活かそう!』

 

セッターの方はもちろんですが、アタッカーやレシーバーにも役立つ内容でレッスンを行いました。

 

セッターがやらなきゃならない仕事は、チームで最も多いです。それでいて、陽の目をみない縁の下の力持ち的存在。負ければ戦犯となり、たぶん、『最も割に合わない』ポジションなのかも?(笑)

 

でも、だからこそ、やりがいも大きいんですよね。

 

アタッカー、レシーバーがセッターの立場に立って物事を考え、セッターがアタッカーやレシーバーの気持ちを理解する良いレッスンになったのではないでしょうか。

 

アタッカーもレシーバーも、必ずプレーすることのある二段トスも練習し、トスの上げ方やフォームはもちろんですが、ゲームの組み立て方や、アタッカーの活かし方などもレクチャーしました!

 

大阪校には、多くのセッターがいるので、また機会を設けたいと思いますので、今回受講できなかった方は、次の機会に是非!

 

そして、昨日は体育の日!

 

もちろん、体育の日もレッスンですよ!東住吉スポーツセンターでのレッスンも満員!

 

3連休でしたが、やっぱり体育の日は体動かしたいですよね。

 

僕は、試合明けで、身体バッキバキでしたが、レッスンが始まると、すっかり忘れてのめり込んでしまい、終わったら死にかけるという…。

 

四国から休みのたびに通ってくれている中3女子のレシーブとスパイク、小6女子のスパイク指導を行いました。

 

この中3生、ホンマに飲み込みが早くて楽しみです。初めて見た時は、スパイクの威力もなく、レシーブも手の振り回しが多かったのですが、レッスンのたびに上達してます。守備はまだまだこれからかなー…(笑)

 

学校の部活に行ってるのかな?と思ったら、引退したら練習には行かせてもらえないらしい…。なんでか知らんけど…。

 

どうやら、引退してからのバレーは、オーカでのレッスンと、ママさんバレーの練習に行かせてもらって練習時間を確保してるみたいでした。でも、そういった限られた場所で、しっかり意識して練習してるから、フォームが変わってくるんですね。

 

小学生の女の子は、長身で中学生並みの身長でしたが、まだ身体の使い方などもわかっておらず、ジャンプも前跳びでしたが、バックスイングと、肩甲骨から腕を伸ばして打つことを指導すると、良いスパイクが打ててました!

 

良いスパイクが決まった時にハイタッチすると、竹田コーチが「ハイタッチ嫌がってますよ」と…。

 

んなことないわ!喜んどるわいっ!

 

そして、3コマ目は癒しの時間(笑)

 

大好きなママさんお2人のトスコース!

マリンちゃんとツボ子さんです。

 

マリンちゃんは、先日指導した片足軸のオーバーハンドがすっかりできるようになっていて、メッチャ意識しているのがわかりました!

 

笑いの絶えないレッスンではありましたが、片足軸のトス、そしてネット際でのレシーブしてからの動きなどをみっちりやりました。

 

小中学生もママさんも、オーカで学んだことを、自分のチームの練習で意識して、次のレッスンには、違った姿を見せてくれるのが、ホンマに嬉しいですね!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

青春のバイブル♪

突然ですが、みなさんのバイブルはなんですか?

 

幼い頃見た、いわゆるスポ根もののマンガなど、影響を受けたものって、誰でもあるのではないでしょうか?

 

巨人の星やドカベンを見て野球を始めた人、キャプテン翼を見てサッカーを始めた人、アタックNO.1を見てバレーを始めた人、少し前ならスラムダンク、最近だとハイキューとか、あとは何があるんでしょう?

 

僕はマンガはあまり読まなかったし、今も読まないので、詳しくありませんが、ひとつだけバイブルがあります!

 

『エースをねらえ!』です(笑)

 

テニスを題材にしたスポ根の名作ですが、上記のスポ根マンガ、題材が違えど、多くの学びがありますよね。

 

スラムダンクの名セリフなどは本にもなったほどですが、それぞれの競技を自分のやっている競技に置き換えても、心に響くセリフが多々あります。

 

僕は『エースをねらえ!』が好きすぎて、マンガ、DVD、サントラCDなど持っていて、ついこないだも、DVDを観たところでした(笑)

 

「この一球は絶対無二の一球なり、されば心身をあげて一打すべし」

 

という福田雅之助さんの格言がありますが、これをバレーに置き換えて、二度とない一球を大切にプレーしよう!と思いながら練習に取り組んでいた記憶があります。

 

 

同じボールは二度とないので、1球でも適当にプレーしてしまって、ゲームの流れが変わったり、勝敗を分けるようなことになると、一生の後悔になるので、そうならないようにと…。

 

実際、数千、数万というボールを打ち、拾ってきた中に、一本も手抜きはないのか?と言われると、そんなことはないですが、そういう気持ちを持っているのといないのとでは、取り組み姿勢に大きな違いが出ると思います。

 

そして、↓これも名シーンですね。シングルス・ダブルスともに無敗を誇っていたお蝶夫人とダブルスを組むことになり、そのプレッシャーから岡ひろみは委縮してしまっていました。観覧席からは「お蝶夫人かわいそうに。息の合わないパートナーほど迷惑なものはないわ!」と嫌味を言われた時、観覧席に向かって一言!

「誰です!あたくしのパートナーを侮辱するようなことを言うのは!」

そして、ひろみへ向かって、こう発したのです…↓↓↓ お蝶夫人カッケー!!!

 

 

オーカ大阪校を『エースをねらえ!』に例えると、主役の岡ひろみは、受講生の方々ですね。宗方仁はやっぱり三好コーチ?(まぁ、しゃあないわな)

 

僕は藤堂貴之です!異論は認めん!

 

 

そんなん考えてたら、僕は、スラムダンクやったら流川、ハイキューやったら影山、キャプテン翼やったら岬くんやな!

 

なんかねー、主役じゃないねん…。主役じゃないのに、輝きを放っている人物が好きみたい!(笑)

 

主題歌も名作揃いです。

 

エースをねらえ! ↓これ元祖です。

♪コートではだれでもひとりひとりきり 私の愛も 私の苦しみも〜

 

新・エースをねらえ! ↓やっぱこれですよね!

♪泣きたいときは コートで泣けと あの人は あの人は 教えてくれた〜

 

劇場版・エースをねらえ!

ブームになりすぎて映画にもなりました!無敗の女王『お蝶夫人』こと竜崎麗香は、マンガでは一度も負けたシーンが描かれていません。なぜなら『お蝶夫人』だから…(笑)

ところが、劇場版では、最後に…

あー、やっぱり僕も書けません…。

♪青春 それはまぶしい季節 青春 それは自由な翼〜

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

10/6レッスン報告 ボールはともだち!

昨日は西成スポーツセンターでレッスンでした。

 

最近は、ビギナーコースの担当を積極的に受け持ち、初心者から初級レベルの方々へ、ボールフィーリングやボールコントロール、コーディネーショントレーニング系のレッスンを得意になれるように…と思ってます。

 

これは、三好コーチが得意としているので、いつも三好コーチにお任せして、自分は技術系の指導を中心に担当していました。

簡単に言うと、三好コーチは更地から家を建てるのが得意、僕は土台のあるところに豪邸を建てたり、リフォームするのが得意といった感じでしょうか。ん〜、なんかイヤな感じ…。やっぱり更地に1から家を建てれるようになりたいもん!

 

ボールフィーリング?コーディネーション?

 

ちょっと聞き慣れない言葉かもしれませんが、いわゆるボールと自分の感覚を鍛えることで、思うようにボールを操ることができるようになる練習です。

 

こういったメソッドやドリルを、ボール遊びを交えながら、よりバレーボールを身近に感じ、「バレーボールって楽しいな!」と思ってから、スタートラインに立つといった感じでしょうか。

 

 

バレーボールは、野球、サッカー、バスケットボールと違って、空間でボールを繋ぎ、ボールが落ちた時点でプレーが終わる競技なので、体育の授業でも、やや難しい部類の競技です。野球、サッカー、バスケは、昼休みにボールさえあれば遊べるし、未経験でもわりとさまになるものですが、バレーだけは経験者と未経験者の違いが顕著にでます。

 

簡単そうにできちゃう野球やサッカーの方が奥深くて難しいのかもしれませんが、入門編として、バレーはダントツで難しいでしょうね。

 

昨日は1〜2コマ目にビギナーコースを担当し、ボールフィーリング系のレッスンを行いました。

 

小学校低学年の子は、基本の前にこのボールフィーリングをやると、その後の基礎練習がスムーズになり、クセもつきにくいようにも感じます。

 

1コマ目に担当した小学2年生の女の子は、キャッチボールもままならず、ボールと自分の感覚もわからない感じだったので、テニスボール投げや、ボールを使ったお手玉、ボールを2個使ったドリブルなど、いろんなボール遊びをやりました。

 

前回、いきなりパス基本から入ったのですが、その時よりボール感覚を養ってからの方が、キレイなパスができていました。

 

2コマ目は小学生女子、中学生女子、社会人女性と、世代の違う3名に同じような指導をしましたが、ボールフィーリング系は、やはり若い方が課題クリアが早い印象で、よりバレーボールに近づくにつれて、年齢が高い方が優れているといった印象でした。

 

なので、若いうちにボールフィーリングを鍛えておく方がいいと思います。要は感覚でやるか、頭で理解した上でやるか?の違いです。難しい言葉でグダグダ説明すると子供は理解できないし、逆に大人は頭で理解して納得いかないと前に進めないという感じですね。

 

隣では、砂取コーチが、中学校の部活を引退した3年生に、高校への準備としてレシーブとサーブの指導をしましたが、中学生3年生は、すでに引退しているか、この3連休の府大会で引退、すでに新チームをスタートしているところもあり、中学生にとっての過渡期のためか、新規を含め多くの子供たちがレッスンに来ています。

 

3年生には、いち早く5号球に慣れてもらいながら、高校進学の準備をしてもらい、1-2年生には、新チームでのレギュラー入りを目指せるようなレッスンを心掛けていきたいです。

 

保護者の方から、よく進路の相談を受けたりしますが、どこの学校を選ぶか?も、もちろん重要ですし、そこが相談の内容であり、子供の力量などを見て第三者のアドバイスを欲していらっしゃるのですが、まずは、本人の夢や目標がどこにあるのか?が一番大切だと思っています。

 

オリンピックに出たい!春高バレーに出たい!全国大会に出たい!バレーを楽しく続けたい!

 

どの道を辿って、どこに着くか?ではなく、目的地に到達するためには、どの道を辿るのが良いのか?

 

そこに、本人の性格などを一番良く知る保護者の方が、子供と相談して決めるのがベストなのだと僕は思います。

 

どこが強くて、顧問の先生がどんなで、チームの雰囲気がどうで…というのは知りうる限りは、個人的主観でお話しできますが、自分のレベルより高いところに行って、「なにくそ!」と頑張ってレギュラーになれる子と、「自分はダメだ」と気持ちが萎えてしまう子がいます。

 

そこまで強くなくても、「自分が強くしてやる!」くらいの気持ちを持った子だっているわけです。

 

もともと強いところで自分をより磨ける子と、更地に家を建てちゃう子…。

 

指導の得意分野にも似てますね!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

10/5レッスン報告 〜思いやりのバトン

昨日は、雨が降る中、北スポーツセンターでレッスンでした。

 

またです…。

 

誰のせいでもない、ただの雨なのです…。

ちなみに昨日のコーチは関、三好、砂取の3名でしたが。

 

最近、生傷、擦り傷が絶えず、かさぶたになって、レッスンでかさぶたがとれて…の繰り返しで、傷の治りが遅いと感じている今日この頃…。免疫力、抵抗力、自然治癒力が低下しているのはなぜでしょう?

 

「老化じゃね?」と思った人、許さん!

 

さて、昨日は、2コマ目で、小学4年生のMと、6年生のRのスパイクコースを担当。2人とも女の子です。

 

6年生のRは僕がオーカでお世話になった当初からレッスンに通っている甘えん坊さんですが、バレーのポテンシャルは非常に高いものを持っており、強豪中学校からのお誘いもかかるほどで、力強いスパイクを打ちます。最近は出張レッスンにも通ってくれていますが、声が出ず、僕に怒られることもしばしば…。

 

ですが、最近のRは少しずつ変わってきたように思います。か細くて、蚊の鳴くような声ですが、「オーライ!」「任せた!」「レフト!」「こっち!(って、どっちだよ!笑)と声を出そうと努力しているのが伝わります。

 

そういう小さな変化を最大限に活かすチャンスが来たと思い、担当させていただきました。

 

いつも、中学生の先輩たちに引っ張ってもらっているRですが、この時のパートナーは初級レベルの4年生。

 

1:2の指導の場合、コーチ1人と受講生2人が向かい合ってパスをするのが基本ですが、僕はあえて1:1でパスをさせました。

 

「いつも、AやT(出張レッスンの時の中学生)に引っ張ってもらって、カバーしてもらってるから、やりやすいよな!今日は、Rの方がお姉ちゃんやねんから、いつもやってもらって嬉しいことを、今度はRがMにやってあげる番やで!」

 

優しく丁寧なパス、「ハイ!」「お願い!」とRの方から声をかけ、自然とMの声も出るようになってきます。

 

こういうRの相手を思いやったプレーを見るのは初めてかもしれません。

 

これが、思いやりのバトンなんじゃないでしょうか?できる子ができない子を思いやり、やがてできるようになった時、その後輩に自分がやってあげる…。

 

個別指導(少人数制)が基本のオーカなので、なかなかない機会ですが、技術以上に大切なものを学ぶことで、技術にも大きな変化が表れると思っているので、こういうチャンスがあれば、どんどんやっていきたいと思います。

 

これは、昨日の出来事ではないですが、ちょうど良い機会なので、関コーチのなかなかいい話を少し…(笑)

 

小中学生を指導していると、多感な時期を過ごしている子供たちを、わずかな時間ではありますが、バレーボールを通じてお預かりしていることの重大さを感じることが多々あります。

 

特に僕の場合は、定期的な出張レッスンで、毎回10名以上の小中学生の男女が集まるので、非常にデリケートな時間です。

 

ただ、バレーボールを教えるだけでなく、バレーボールを通じていろんなことを学んでもらえたら…と思いながら指導に当たっています。

 

時に小学生は、不躾(ぶしつけ)な言葉を発して、人を傷つけたり傷ついたり…。

 

人間教育を行っているわけではないので、踏み込んだことは教え諭したりはしませんが、多くの学びがある場所です。

 

小学生などは、「できる子=偉い」「上手な子はそうでない子を見下す」といった場面すら見かけることもあります。

 

でも、コートの中というのは、できる子とできない子がいて、レシーブが得意な子とスパイクが得意な子がいて、チームというのが成り立っています。

 

ごくたまに、なんでもできちゃう僕みたいな子もいれば、ほとんどできないのに、チーム事情や部員数の関係でコートに立たないといけない子もいたり、いろいろあってのチームです。

 

そして、できる子ができない子を責め立てたり、イヤな顔をするシーンなんかも見かけます。

 

でも、忘れないで欲しい。

 

みんな『できない』『わからない』から始まったということ。練習を重ねてできるようになり、理解を深め、上達していったということ。そして、そのスピードには個人差があるということを…。

 

できないことを笑わない、知らないことをバカにしない

  『できる』という力は他人を見下すためでなく、仲間を助けるために使って欲しい

 

 

はい、今日の格言です!(笑)はんなり子さん、忘れないうちに書き留めて!!

 

できなかった自分に、周りはどう接してくれたのか?親切、丁寧に教えてもらったのであれば、自分ができるようになった時にやってあげて欲しい。イヤな顔されて、責められて、イヤな気持ちになったのであれば、自分はそうならないようにと思って欲しい。

 

さぁ、今日もレッスン、頑張ろっと!

 

10/8(土)のグループレッスンでは、そういった『思いやりの心』も学べる内容となってますので、是非是非ご参加ください!って、番宣かっ!!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

10/4レッスン報告 〜ママさんもニコニコスキルアップ中!

昨日は淀川スポーツセンターでママさんレッスンを行い、夜間は此花スポーツセンターへハシゴでした!

 

ママさんレッスンは、相変わらずの満員で、キャンセル待ちも出ていたため、急きょコーチを増員し、8人(1コマあたり)受け入れての満員でした。

 

みなさん、朝っぱらからハイテンション♪

 

1コマ目、僕は新規のママさんと「私…、もう…、ダメかも…」のОさんのスパイクコースを担当!

 

前半は新規の方とマンツーマンで、スパイクスイングの基本を指導し、途中からОさんを加えて、ライト打ちを練習しました。

 

そんなОさんも、最近になってようやく、ネガティブを脱してきたようで、「最近どうですか?」の質問に、「練習の成果かどうかわからないけど、コートの奥にボールがいくようになった気がします!」と。

 

そこは、『練習の成果もあって』でしょ!!(笑)

 

でも、レッスンの中で、身体が指導している内容に沿って動けるようになってきました。

 

「バックスイングをしっかりすること」「高い打点でボールをとらえること」「体重移動を使ってスイングすること」など、今やっている練習が、何を目的としていて、それをすればどうなるのか?がわかってこられたようです。

 

トスが上がると、とかく『良いスパイクを打つ』ことに気持ちがいってしまいがちですが、目的意識を持って取り組めば、それが『良いスパイク』につながることを信じてくださるようになったからかなーと。

 

信じる者は救われる!(笑)

 

僕自身も、多くのママさんを指導しながら、誰もが辿る道なんだなーと実感しており、いかに自分の説明や指導を理解し、信じてもらいながら、我流から脱出しようとしてくださるように、あの手この手でアプローチの仕方を工夫するのが楽しくもあります。

 

今までやってきたことと違うことにチャレンジするのは、身体も思うように動かないし、果たしてホンマにそれでいいのか?という心配だってある。

 

でも、ここに来られている方は、「今までどおりやっていてはうまくいかない」と思ったからなのではないでしょうか。

 

だからこそ、『どこいっても言われる同じようなこと』ではなく、違った角度からのアプローチと、新しい考え方や理論を取り入れ、チャレンジすることが大切なのだと、僕は思います。

 

この日のОさんは、良いスパイクをストレートにバンバン打っていて、「あー、なるほど。ホンマや」と実感しながら前向きに取り組んでくださっていました!

 

そして、2コマ目はトスコースで2人のママさんを指導。軸のないSさん(笑)と、恐らく初めて指導させていただいたWさん。お二人とも、基本的なことはできているのですが、安定しないことや、トスにうまく力が伝わっていないことが課題だったので、右足を軸にした片足パスから、流れの中での動きを取り入れてレッスンを行いました。

 

Sさんは、何度か担当しているので、僕の言っていることは理解していて、日頃の練習でも意識していらっしゃるのがわかるほど、以前の課題が良くなっていました。

 

サイドへのトスが伸びないため、膝を使ってトスアップしていたのですが、結局、その膝の上下運動がボールに伝わっていなかったため、ボールの飛距離がまちまちでした。昨日は、膝の上下運動は前後運動に変わっていて、ボールに力が伝わっていたので、パスをしていても、トスの質が良くなっているように感じました。

 

また、流れの中での動きで、セッターは基本的にネットに背中を向ける時間を最小限にしないといけません。ネットを背にしてトスを上げるのではなく、相手コートが見えるように視野を保つこと、バックトスを上げた後にネットに背を向けてフォローに入るのではなく、右回りしてフォローに入る癖づけなども指導しました。これによって、フォローや、ブロックジャンプして、レシーブからのトスアップがスムーズに行われるのです。

 

最後は、10分だけですが、みんなで複合練習を行いましたが、みなさんの口から、「せっかくやから、今日やったことをやろうと思ったらできた!」などの声が聞こえ、レッスンが流れの中で活きていること、活かそうとしていることを感じることができました!

 

ツボ子さんは、接骨院の予約をキャンセルして、2コマ目を追加し、大賑わいなレッスンとなりました!

 

次回は、10/14(金)扇町プール体育場です!

 

チームレッスンも予定してますので、奮ってご参加くださいねー!

 

以下、【お知らせ】です。

〆週土曜日(10/8)は浪速区小学校と枚方市民センターにてグループレッスンを予定してます。まだ予約受付中ですので、是非ご参加ください!

↓↓↓

http://ohca-oosaka.jugem.jp/?eid=74

 

11月のママさん向けレッスンの日程をいち早くお知らせしておきます。パートのシフト希望など、早めに情報知りたい方のために。

※予定は変更になる場合があります。

 

11/1(火)港スポーツセンター 第一体育場(プライベートレッスン)

11/8(火)東成スポーツセンター  第一体育場(プライベート+チームレッスン)

11/15(火)港スポーツセンター 第一体育場(プライベートレッスン)

11/21(月)扇町プール 体育場(プライベート+チームレッスン)

11/29(火)扇町プール 体育場(プライベートレッスン)

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ


オーカのプロフィール

        

人気ブログランキング

ランキング参加中

バレーボールブログランキング

最近のブログ

カテゴリー

過去の履歴

recommend

リンク

ブログ内を検索

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
        

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR


にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村