6/3レッスン報告〜スポーツは真似と工夫

今週末は、マスターズ大阪府予選です。

 

今年の全国大会は、なんと北海道!

 

日曜に練習試合があり、全勝して良い感じで予選を迎えます。

 

とにかく最近サーブが好調なんですよね。ずっと下位打線だったんですが(笑)、とある選手のサーブを参考にして打ち始めてから、とにかく調子がイイ!

 

その選手というのは、今年の全日本男子にも選出され、昨年から代表で活躍している東レの李博選手です。

↓動画の58秒あたり。李博選手のジャンプフローターサーブが炸裂するんですが、彼がジャンプフローターを打つ時、身体を大きく反らしているの、わかりますか?

 

 

基本的には姿勢は真っ直ぐに…というのが一般的ですし、レッスンでもそのようにアドバイスしています。

 

しかし彼は、身体を大きく反らせて、スパイクサーブ並みのスピードで打ちます。しかも、正確な上に、効果率がとても高い!

 

彼自身も、自分の武器をBクイックと合わせて、サーブを挙げているほど、自信のあるプレーなのです。

 

これを真似て打つようになってから、僕のサーブ順はなんと2番。(うちのチームはセッターが1番というのが決まっているので、たぶん1番手に打つことはないと思うんですが、そのうち…と狙っていますwww)

 

9人制は2回サーブが打てる上に、男子はコートも1.5m広いし、思い切って打つことができるので、攻撃的なサーブを打つことが可能で、結構な確率でファーストサーブが入るんですよね。

 

6人制でも、打てたらいいんでしょうけど、そこまでの思い切りや正確性が、現時点ではないので、僕自身は9人制でしか効果を発揮していないんですが…。

 

基本的な打ち方を、自分なりにアレンジすることで、個性的なサーブを身に付けることができるので、みなさんもオリジナルサーブを見つけて、自分の武器にしてみてください。

 

今週末、僕の李博サーブで、北海道行きを決めたいと思います!

 

さて、6/5は箕面市の稲スポーツセンターでレッスンでした。

 

こちらの施設は、いつも早い段階で予約が満了となる人気施設なのですが、直前にキャンセルが発生し、土曜の朝の時点で、すっからかん(笑)ギリギリに予約も埋まりましたが、一時はどうなることかと思いました…。

 

スッカラケッチ〜!!

 

1コマ目は、中3男子Aのスパイクコースを担当。以前、このスポーツセンターで担当した時は、パスもままならなかったんですが、すっかり上手になってるし!

 

やっぱ、部活で毎日練習するって、大事なんですねー。プレーの中には、「これ、三好コーチに習ったんだろうな」と思うような動きもあり、オーカのレッスンと部活をうまくリンクさせて、急ピッチで上達したのが伺えます。

 

この日は、まだまだ力みの目立つスパイクフォームだったので、例によって脱力スパイクを伝授。中3にして183cmと長身で、トスの上がってくることも多いようで、ミスを減らすためにも、力みを取って強いスパイクを打たせてやりたいと思いました。

 

コツを掴むまでは、少々時間のかかる子ですが、ゆっくり丁寧に教えると、頭で理解し、身体に落とし込むことができるようになっていきました。

 

後半は、どこからでも上がってくるトスを打ち切る練習までやりましたが、若干のミスはあったものの、徐々にコツを掴んでいきました。

 

2コマ目は、中2男子Hと、小6女子Mの兄妹のレシーブコース。大阪校開校当初から、三好コーチの別教室「なにわハイキュー塾」にも通っている兄妹で、三好イズムを受け継ぐ子たちですので、それらをベースに、僕なりのアプローチでレシーブを指導しました。

 

僕が名付けた『シンナベ』は、面の作り方に効果があるので、各受講生にも教えています。前半は少し長めに時間を取って、後半のストレスドリルにつなげました。

 

試合では、いろんなストレスがかかるので、準備を早くして、十分な態勢を作ることが重要です。

 

2人とも『急ぐ』という姿勢は見られたのですが、『工夫する』ということができていないと感じたので、ヒントを与えつつ、「どうすれば早く準備ができるかを考える」ように導きました。

 

普段とは違ったアプローチになりましたが、とても楽しそうに取り組んでくれました!

 

スポーツは『真似』と『工夫』だと思います。僕の李博サーブじゃありませんが、参考になるプレーを真似たりしつつ、自分に合った形にアレンジして工夫することで、自分のプレーというものができていくと思うので、『正解を求める』のではなく、『自分のバレーを探す』と思って、レッスンに取り組んでくれると、もっと楽しめるのではないでしょうか?

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

サプライズはサプライズのあとに…

2018年も6月に入りました。

 

7月の予定もまもなくシステムアップの予定ですので、ご確認ください。

 

なお、ママさんレッスンについては、

 

7/3(火) 大正スポーツセンター ※チームレッスンあり

 

上記のみ確定。以降は7/15頃に確定します!

 

 

 

そろそろ梅雨入り。大阪の晴れ間は、今日までのようで、外出が少々面倒な時期ですね。でも、インドアスポーツは、天気に左右されないので、変わらずオーカ大阪校は開校していきます。

 

僕は早くも8月の施設予約をしているところでして、「もう8月やん!」って感じです(笑)

 

8月といえば、恒例のビーチバレー&バーベキューイベントです。

 

今年も例年どおり8/15に予定しておりますので、夏休みの予定は、オーカのビーチバレーイベントありきで、計画を立ててくださいね!

 

初開催の2年前は、小中学生ばかりでしたが、昨年はママさんも参加してくださり、曇り空の下、ちょうど良い気温で、楽しく開催できました!

 

さて、本日、6/4は砂取コーチの誕生日です。ひと足先に浪速区小学校のレッスンで、小中高生たちと一緒にサプライズやってきました。

 

ある保護者の方から、「〇日のレッスンに砂取コーチは来ますか?」と、確認の連絡があったりしたので、不穏な動きを察知した砂取コーチは、絶対何かある…。何を食わされるんだ?何をされるんだ?と、ピリピリしてました(笑)

 

もはやサプライズじゃない…。

 

連絡くれた保護者の方に、「完全にバレてますよ」と連絡しましたが、まぁ、子供たちが楽しめたら良いんじゃないかということで、バレバレのサプライズを敢行!

 

でも、きっちりサプライズしちゃいましたけど。

 

いつものように、ワサビ入りシュークリームを、ロシアンルーレット形式で食べさせ、カッコイイTシャツのプレゼント。

 

はい、おしま〜い!と思ってからの〜…。

 

みんなで後片付け中に、体育倉庫の蛍光灯が切れそうなので、背の高い砂取コーチに「電球を変えたいから外してもらえないか?」と保護者がお願いするというシナリオ。

 

砂取コーチが電球を外している最中に、倉庫の扉を閉めて監禁!

 

さらに、反対側のドアから、特大風船を投げ込んで、電動空気入れでパンパンに膨らませていると、倉庫内は大パニック!

 

砂取コーチを手伝っていた男子高校生も巻き添えを食らい、「ヤバい!ヤバい!怖い!怖い!開けろ!開けろ!」と…。

 

バーーーーン!!!

 

と、大きな音を立てて大破裂しての大成功!

 

今年はどうやって驚かそう?と、いろいろ考えて、今回は『爆破』系でいこうってことに…。

 

当初は、爆竹や花火なども案として挙がり、ケーキを爆破しよう!なんて話も出たんですが、危険度と後片付けの面倒を考えて、今回は風船爆破にしました!

 

誕生日が近づくと、疑心暗鬼になってしまう…。

 

砂取コーチの誕生日が来たということは、次は僕…。

 

仕返しが怖い…。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

つまづき転んだのを石のせいにしない

公立中学や高校の子たちは、この春に顧問の先生が変わったなんて子もいるのではないでしょうか?

 

部活動の顧問というのは、必ずしも、競技経験のある先生が顧問となるわけではありません。

 

オーカに来ている子の中にも、「顧問が経験者じゃないので、技術指導をしてくれない」なんて声も良く聞きます。

 

逆に、未経験の先生が顧問になり、オーカに来てくれる熱心な先生なんかもいます。

 

ずっとオーカに通っていた子が、進学して部活動が忙しくなり、少し遠のいていくというのは、春先の特徴でもあります。

 

オーカは永久会員なので、『お別れ』というのはないのですが、すっかり会わなくなってしまった子もいるものの、迷ったり、壁にぶち当たった時には、顔を見せてくれたりするものです。

 

先日、ある公立中に進学した子の保護者さんからメールをいただきました。

 

この春から顧問が変わり、未経験の先生で、部活がちょっと荒れていると…。この先生は、上達や勝つことよりも、人間力の向上をモットーに指導していくと言われたそうで、子供たち、保護者、先生の歯車がうまく噛み合っていないとのことでした。

 

それまでは、強豪中学からセットを奪ったとか、ベスト4まで勝ち進んだとか、良い試合結果報告をいただいていましたが、顧問が変わり、環境が一変し、摩擦が起こっているようです。

 

人は必要な時に必要な人と出逢う

 

僕は、そう思っているので、その子やその子のチームにとって、欠けているもの、見失っていたものを思い出させてくれる良い機会なのではないか?とお返事しました。

 

勝つことを目標に頑張ることで、いろんなことを学ぶことができます。強豪校を追い詰めるほどイケイケになっていたチームも、バレーのできない先生を見下すようになっていたのかもしれません。

 

いくら上達して強くなっても、他人を見下すようになっては、一流のアスリートにはなれません。

 

みんな最初は『できない』出身だったはず。

 

やがて『できる』ようになって、できなかった頃の自分をすっかり忘れてしまい、いつのまにかできないことをバカにするような人間になっていたのかも?

 

『心技体』とはよく言ったもので、技を支えるのは、身体であり、心なのです。

 

器が小さい(身体と心)と、少量の水(技術)しか汲むことができません。より多くの水を汲もうと思えば、大きな器にしないといけないわけです。

 

それなりに技術が身に付いた子供たちが、もうワンランク上にいくために必要な出会いだと気付けたら、さらに大きく成長を遂げるような気がします。

 

この話とは別件ですが、似たような事例もありました。

 

ある高校生の子が、「今のセッターと合わない」と言うのです。

 

この子は、JOCにも選出された能力の高い子です。僕の所属している社会人チームの練習にも顔を出している子で、中学時はセンターをやっていましたが、高校に進学してレフトに転向したそうで、たくさんボールが集まることに気を良くしていて、「オレ、イケてる!」と、少々勘違い気味…(笑)

 

クラブチームの練習は、後半はゲームをするのですが、今やっているレフトをやりたいのに、センターに入れられると、少々不満そうな表情を浮かべます。

 

スパイクが決まらないと、「今、俺はレフトだから…」「セッターと合わないから…」と、何かと言い訳をしているように見えました。

 

つまづき転んだのを石のせいにしたところで、何か変わるのか?

 

 

これは、とある漫画のセリフですが、自分ができない理由を、なにかのせいにして自己解決するのは簡単です。でも、そんな選手は、自分の無能さに気付かないまま成長していってしまうものです。

 

セッターと合わないと嘆く前に、どんなトスでも打てるスパイカーに。違うポジションをイヤイヤやる前に、与えられたポジションで結果を出す。

 

僕は、今、自分の身に起こっているあらゆることには、理由があると思うのです。

 

試練が与えられたのであれば、試練を越えよと…。

 

The wall does not appear only in front of the people to be overcome

 

壁は乗り越えられる人にしか現れない

 

そして、今、その壁が現れたのであれば、今がその時なのだと…。

 

壁に目を背けて、壁の外側を回り道せず、試練立ち向かう、強い心を育んで欲しいと思います。

 

もちろん、壁にぶつかり、もがき苦しむ中で、オーカに巡り合えたのも必然。僕らと出逢ったのもまた必然なのだと思えば、いろんな運命を楽しむことができるような気がします…。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

5/26レッスン報告〜一球一球が確実に終わりに近づいている

5月も終わろうとしていますが、いまだに手のひび割れがひどく、最も割れたら困る指の付け根の部分がパックリいってしまい、オーバーパスのたびにどんどん裂けていっています…。

 

 

決して加齢による乾燥が原因ではありません。職業病です!(断固)

 

この冬大活躍だった、京都校の会員さんにいただいたハンドクリームもなくなり、もう夏やし大丈夫かと思っていましたが、このありさま…。

 

土曜日は浪速区の小学校でのレッスンでした。

 

2コマ目で、高2男子Tと明石の中2女子Mのスパイクコースを担当。最近、ママさんなどにも教えている脱力スパイクを子供たちにも教えていますが、子供は力を抜くコツを掴むのがうまいです。ただ、男の子は、強いスパイクを打ちたいと思い過ぎて、どうしても力みが出てしまうことがあるのですが、1本スコーン!と打てれば、「なるほど!」と実感してくれます。

 

2人を担当するのは久しぶりでしたが、Tは以前教えた二段トスの打ち方をすっかりマスターしていました!

 

少々ミスが目立っていたのですが、この日はしっかり打ち込むことができていて、高校生らしいスパイクが打てるようになりました。

 

ナイストスは打ちやすいけど(ブロックで)止めやすい、二段トスは、打ちにくいけど止めにくいのが特長です。

 

しかもチームのエースを任されるのであれば、この二段トスを打ち切り、決めきってこそ、エースと呼べると、僕は思います。

 

二段トスは厳しいインナーや、ストレートには打てないことも多いので、僕は思い切り体重を乗せてクロスに打ちきることを教えています。ブロックやレシーブに当たっても、弾き飛ばすくらいの力強いスパイクを打てるようになれば、真のエースに近づけるというもの。

 

どうしても、ネットの通過点が低くなってしまいがちなところを、釣り竿を遠くに投げるようなイメージで打てば、ブロックにドシャットされることも少なくなるし、コートの奥に突き刺されば、ポイントにもつながりやすいです。

 

いかにリラックスした状態でジャンプし、アタックヒットの瞬間に、最大限の力を込めるか?

 

これがマッチしないと、フカしたり、しっかりミートできないので、非常に難しい技術です。

 

Mは、まだ二段トスを打ち切るよりも、基本的なフォームを身に付けることの方が大切だと思ったので、左手をしっかりあげて空中でバランスをとりながら高い打点で打つ練習をしました。

 

2人とも、見ていて、すごく意識して取り組んでいるんだなーと感じるほど一生懸命でした。

 

最近、Tには、『イケメンいじり』をしています。

 

「おっ!イケメン元気か?」と言うと、照れくさそうに、「なんの冗談ですか?」と切り返してくるので、「バレーはブサイクやけど…」と言うと、「ホンマ、最低!!」と怒ってきます(笑)

 

レッスン中も「おぉ〜!悪くないよ!…良くもないけど…」と、僕の冗談にも付き合ってくれるので、楽しく??レッスンしています。

 

横で聞いてるMが、クスクス笑っているので、そろそろ緊張もほぐれてくる頃かなーって感じです。

 

レッスン終了後は、「次回はコース打ちのコツをやろうか?…教えんけど…」と言ったら、「絶対教えてくださいよ!」と笑顔で帰っていきました(笑)

 

3コマ目は、神戸の中3女子Aと、八尾の小6女子Hのトスコースを担当。

 

トスコースでは、最近、バスケットボールのチェストパスを取り入れるようにしています。

 

チェストパスをすることで、体重移動の仕方と、身体の軸を真っ直ぐするコツを掴めるようになります。オーバーを遠くに飛ばすために、膝の上下運動や、上半身の力を使いたいために、身体の軸が前のめりになり、ボールにうまく力を伝えきれない子が多いので、これがかなり効果的であることを発見。

 

チェストパスをしながら、身体の動きとリズムをしっかり覚えてからオーバーパスをすると、自然に距離が延び、膝の上下運動が無駄であることを実感できます。もちろん、より遠くに飛ばすために、膝を使うことはありますが、身体の軸を使えるようになった上での話です。

 

身体の軸から力が伝わったトスは、柔らかくて、ゆっくりとした弾道になり、アタッカーの打ちやすいトスになるので、本人はもちろん、傍から見ていても、「おぉ〜!」とわかるものです。

 

Aはずっと課題にしているネット際の処理や、流れの中での動きも、ずいぶんと軸が使えるようになりました。

 

Hはまだセッターになり立てですが、Aの動きを手本にしながら、時には「この八尾市民め!」と見下されながらも、必死に食らいついていっているのが、見ていて面白いです。

 

これから年間で最も大切な試合が始まり、それぞれが今のチームで、今の仲間たちとバレーをする時間、毎日の一球一球が、確実に終わりに近づいています。

 

バレーボーラーとしての時間はまだまだこれからかもしれませんが、悔いのない高校・中学の部活動、ジュニアバレーとなるよう、しっかりサポートしていってあげたいです。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

生きにくい世の中になりませんように…

今最も世間の関心を集めているのは、やはり日大悪質タックル問題でしょうか。

 

同じように縦社会でスポーツに関わる者として、僕も記者会見など、興味を持って観ています。

 

基本的に本件に言及するつもりはないですが、現代社会の『生きにくさ』のようなものを感じています。

 

何か事件が起これば、たちまちネットで拡散され、ヘルメットを被っていた当該選手も、背番号からあっという間に顔と名前が特定され、ネットを通じて知れ渡りました。そして、何度もタックルのシーンが全国放送で流され、動画サイトの各所にトップ記事で出てきます。

 

そして、過去の過ちなどにもフォーカスされ、話題の人はさらし者です。

 

結果的には、本人が顔も名前も晒す形で謝罪会見を行い、世間の関心を集めた「あのタックルした選手は誰だ!!」という疑問は、変な憶測や噂が飛び交わずに収束しました。

 

そして謝罪会見が行われるまでは、実行犯として、かなりメディアに叩かれていましたが、あの会見で状況は一変し、「誠意ある謝罪をして立派だ」と、彼を擁護するような取り上げられ方になり、怒りの矛先は指導者側へ。

 

「真実はひとつ」とは言うものの、受け取り方が違えば、同じ言葉も違う形で伝わるので、これ以上は、「明らかにケガをさせろという言い方に聞こえる」とか、一般論的なことでしか判断できないので、この先は堂々巡りなのかなー?と…。

 

事件が起これば、防犯カメラやドライブレコーダーなどを駆使して、すぐに犯人は特定されるし、悪いことはできひん世の中になったなー。って、悪いことせーへんかったらええねんけど、人間誰しも、人には言えない隠し事や、知られたくない過ちのひとつやふたつくらいはあるんやなかろうか…と…。

 

でも、インターネットを作ったのも、世に広げたのも、全部人間やから、便利にもなった一方で、生きにくくなったのかもしれません。

 

ワイドショーで取り上げられれば、個人の主観で考え方も違いますが、全体的には、影響力のある人の発言が、あたかも一般論の代表として全国に発信される怖さもあります。

 

何を以て正義なのか?わからなくなります…。

 

確かに、監督、コーチの会見はお粗末なものやったと思うけど、「明らかに嘘をついている」という決めつけで話が進み、世間の多くがそっちに流れていくサマが、僕は怖いなーと感じてしまいます。

 

小さな社会で、噂好きな人が誰かを悪者に仕立てあげて噂を流せば、その周囲の多くが、その噂を信じて、色眼鏡で見るようになるってことはよくあること。

 

イジメなんかは、こういった小さな噂が元で始まったりします。

 

本件で、間違ったことをした人は、いろいろいると思いますが、世の中の不特定多数のバッシングで、何か別のトラブルが起きないことを望みます…。

 

これから、世の中はどうなっていくんやろ?

 

どうか、生きにくい世の中じゃなくなりますように…。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

  • 2018.05.24 Thursday
  • -
  • 14:10

5/22レッスン報告〜涙<笑顔

6月の一般予約受付始まってます。

人気施設は予約が埋まってきておりますので、お早めにご予約ください。

なお、コーチのシフトも調整中ですので、受入人数を増枠する場合もありますので、現時点で予約満了の場合は、こまめにチェックしてくださいね!

 

昨日、エアコンクリーニングをしてもらいました!

 

ここ何年か、冷房の効きがよくない気がしていたので、初めてやってもらうことにしました。

 

手際よく分解して、黒カビとやらをキレイさっぱり取り除いてくれました。

 

高圧洗浄機を使ってクリーニングしてくれるんですが、排水の色がゾッとするくらい真っ黒で、尚且つ匂いがスゴイこと…。

 

約1時間半ほどの清掃でしたが、すっかりキレイになり、今年の夏は快適に過ごせそうです。

 

24時間フル稼働するようなエアコンだと年1回、僕みたいに夜間だけというのであれば3−4年に1回くらいのメンテナンスでよさそうです。

 

エアコンの効き目はもちろんですが、電気代にも影響するみたいなので、よかったら試してみてはいかがでしょうか?

 

22日(火)は、日中は大正スポーツセンターでママさんレッスン、夜間は西成スポーツセンターでレッスンでした。

 

春休み以来、久しぶりに淡路島から小5女子のMが受講に来てくれました!

 

「どうやって来たん?」

 

「イカダで」

 

って、もはやネタやん!(笑)

 

初めて受講に来たのは去年の年末。冬休みを利用しての受講でした。

 

初回は緊張気味で表情も硬かったのですが、回を重ねるごとに笑顔も増え、さらにビックリするほど上達して帰ります。

 

小5にしては長身でしっかりとした体格なので、大切に伸ばしていってあげたいです。

 

最近、僕が担当する子供たちが、バカにしたような表情で僕を見てるように感じるのは、絶対、砂取コーチと有田コーチの先輩イジリのせいです…。

 

ジュニアバレーの醍醐味は、小さい頃から集団生活を学ぶことや、仲間とともに頑張ること、思いやることなどももちろんですが、僕はやっぱり『笑顔』だと思います。

 

勝つことで笑顔も出ますし、できないことができるようになることでも笑顔が出ます。

 

それを引き出すのが指導者。

 

悔しくて流す涙も宝です。大人になるにつれて、楽しいことより苦しいことの方が多いです。だからこそ、小学生のうちは、涙の数と同じだけ、いや、それ以上の笑顔を引き出して、「ジュニアバレーをやっていてよかった!」と親子ともどもが、心から思ってくれる場を作ってあげれたら、きっと長くバレーを続け、いつか、バレーの楽しさを伝えることのできるバレーボーラーになってくれるのではないでしょうか?

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

5/15、19レッスン報告〜仲間

6月の優先予約受付始まってます!一般予約の受付も明日の24時からスタートしますので、めぼしい日にちがあれば、お早めにご予約くださいネ!

※優先予約はキャンセルができませんので、ご注意いください。

 

ここ数日は、忙しくしていたこともあり、レッスン報告が滞ってしまいました…m(_ _)m

 

今月は、新規でご受講いただいた方が大変多く、新たな出会いがたくさんありました。

 

ジュニアバレーは、全国大会予選を控えた子たちが、少しでも上達しよう、レギュラーになって試合に出たい!一本でも多く決めたい!と、毎日のように受講に来てくれています。

 

小学生の頃から、仲間と競争すること、仲間のために尽くすこと、仲間のために戦うことを学べるジュニアバレーは、とても良い環境だと思います。

 

チームの事情で、やりたいポジションとは違うポジションを与えられた子や、仲間のケガでポジション変更を余儀なくされた子、指導者の心無い言葉に傷つき退団してしまった子なんかもいます。

 

次から次にやってくるピンチとチャンスを、小さな身体で受け止めながら、大好きなバレーボールを心から楽しいと思ってもらえるようなサポートをしていってあげたいと思う今日この頃…。

 

先日、レギュラースパイカーだった子が、チームを移籍してきた子にポジションを奪われ、セッターでレギュラー入りを目指しているというHを担当しました。実は、奪った子も、奪われた子もよく知っているので、とても複雑な気持ちで指導をしました。

 

ほぼ毎日練習のある厳しいジュニアチームで、唯一のお休みの日にまでレッスンに来てくれたのですが、かなり落ち込んでいるように見えました。

 

冗談を言ったりしながら、時折見せる笑顔も、心からの笑顔でないと感じたので、

 

「落ち込んでいる場合じゃないで。メソメソしてたら、置いていかれるだけやで。やりたいポジションじゃないかもしれんけど、そこにチャンスがあるんやったら挑戦してみたらどうや?」

 

この言葉がけで、目の色が変わった気がしました。

 

「小学校の頃に、いろんなポジションが経験できるのは、メッチャええことやで。同じポジションばっかりより、いろんなことができれば、将来必ず役に立つ。イヤイヤ練習しても一日。一生懸命練習しても一日や。せっかくやから、一生懸命、今あるチャンスに挑戦してみたらどうや?」

 

そう言って、その日のレッスンを終えました。帰りの顔は、少しだけ元気を取り戻したように見えました。

 

そして、同じ週の土曜日には、ポジションを奪った子と、奪われた子が一緒に受講に来てくれました。

 

もちろん、その日もみっちり練習があったのに…です。

 

別々のコースでのご予約でしたが、できれば一緒に練習させてあげたいと、保護者の方にイレギュラー対応を申し出ると、「是非お願いします!お任せしますんで!」と…。

 

ポジションを奪ったTとYは、とても上手なスパイカーです。奪われたHは、上手なのですが、時折サボってしまって、目の前にボールが落ちて、「あっ!」というプレーが気になる子でした。

 

前半は、3人一緒にコートに入れて、スリーメンをやりました。僕のスリーメンは、みなさんの知っているような連続してボールをつなぐ3人レシーブではなく、一本一本でラリーを切るものです。

 

課題は「必ず、3人とも1回以上ボールに触って、5回以内にコーチのところに返球する」というもの。

 

TとYは、前にもやったことがあるので、ボールが僕の手元に届くまでは、必ずボールの近に行って動きますが、Hは自分がプレーした後、あとの2人に任せて動かずに眺めていました。

 

「まだコーチのところに届いてないよ!最後まで3人で協力しないと!」

 

TとYの動きに触発されるように、徐々に『最後までプレーする』ことの意味がわかってきたようでした。

 

そして、TとYには、ポジションを奪ったということは、そこで泣いている子もいるということを知って欲しいと思いました。そして、生まれてくる「一緒に頑張ろうよ!」という連帯感。

 

実は、TとYも、深く傷ついてジュニアチームを退団し、そのチームに移籍したという子なのです。

 

Hには、自分に足りないところを知ってもらいながら、TとYには仲間を思いやる心を育んで欲しいという、ボールに込めた思いが伝わっていく様子が感じてとれたので、ついつい、僕も指導に熱が入ってしまいました!

 

一息入れて、3人でコンビを合わせる練習へ。

 

そう、TとYはスパイクコース、Hはトスコースだったのです(笑)

 

でも、「お任せします」って言われたんやもん。3人に、一番必要なことをやってからでもええよね(笑)

 

後半は、お互いがお互いを思いやり、必死についていくHをTとYが「頑張れ!」と励ましながらも、それぞれが自分の課題をクリアしていきました。

 

「感動しました!」

 

保護者さんに言っていただいたこの言葉が、何よりの活力になったのは言うまでもありません。

 

さぁ、6年生にとっては、ジュニアバレーでの最後の夏が近づいてます。全国大会に行くかどうかではなく、それぞれの夏が、「頑張ってよかった」「バレーって楽しいな」「仲間っていいな」と思えるようなものになればいいなと思います。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

5/4レッスン報告〜アレクサ!バレー教えて!

5/4は東淀川スポーツセンターでレッスンでした。

 

9-12時と15-18時で体育館が取れたので、変則開校でした。

 

午前中の2コマはママさんが中心、午後は小中学生が多く来てくれました。

 

午前中のママさんは、最近、週に1度は顔を見せてくださっているMさんのチームメイトの方がお試しに…。

 

Mさん曰く、「チームのエースだし、すごく上手なので、たぶん入会しないと思います」と、聞いてました。

 

って、そんな前情報聞かされたら…と思いましたが、逆に腕が鳴った僕なのです(笑)

 

確かに、チームのエースだけあって、基本プレーは文句なし。少しだけ修正しましたが、理論的な説明にも理解を示してくださり、すぐに修正ポイントを意識してプレーできていらっしゃいました。

 

スパイクについては、長く経験を積んでこられていたので、ちょっと上級者向けのコース打ちや、やや古い考え方のフォームを修正しつつ、身体の造りや、自然な動きに沿ったスイングなどをご指導させていただきました。

 

他にも、いろいろと教えてあげたいことはありましたが、腹八分目としたところでタイムアップ(わざとじゃないですよ!ホンマに時間が足らなかったんです)

 

レッスンが終わると、紹介者のMさんのところへ行き、「むっちゃオモロイ!入会するわ」と…。

 

Mさん「せやろ!!ヤバいやろ!」

 

って、何が??(笑)

 

でも、「とりあえず体験」と思って来校された方に、「続けたい!」と思ってもらえるような、興味ある指導を提供していくのが僕の役割なので、僕的には「よっしゃ!」って気持ちでした!

 

この日は、変則開校だったため、12-15時はお昼休憩。砂取コーチ、有田コーチと一緒にお昼ご飯を食べに行きました。

 

スポーツセンターの出口を出ると、レッスンを終えたMさん、Tさんと、おしゃべりNさんが3人でママ会してました。

 

レッスンの話なのか、バレーの話なのか、はたまた何か別の話なのかは知りませんが、絶対Nさんに捕まったんやと思います。

 

僕らは、最寄駅の淡路駅の定食屋さんでランチ。京都や千里、ミナミ、梅田に行く分岐点の駅なので、なんなりとあるかな?と思いましたが、意外とお店少ない印象。

 

「この道の向こうに行けば何かあるかな?」「あっちに商店街があったような…」

 

そんな会話をしながら歩いていましたが、何かあるたびに、ゴリラが

 

「関さん、ちょっと見てきてください!」

 

コラぁ〜!先輩や先輩!!

 

すっかり、ゴリラにまでイジられるようになってしまった…。

 

僕は午後レッスンのことなんて気にせず、『にんにく入り』と書かれた『スタミナ定食』を平気で食べましたけど、何か??

 

スタミナもついたところで、東淀川スポーツセンターに戻ると…。

 

出しなに見かけたママさんの3人、まだしゃべってるやん!!(笑)

 

僕らの姿を見かけて、慌てて走り出して帰っていったNさんなのでした!www

 

どっか、カフェにでも入って話せばよかったのに…。

 

Nさんのおしゃべり好きは、とても有名なので、最近は「Siriにしゃべってからレッスンに来てください」って言うてるんですけどね…。

 

ひょっとしたら、Siriもしゃべってくれへんくなったのかも?

 

アマゾンで、アレクサっていうロボットも売ってるので、今はその購入をオススメしてます。

 

「アレクサ!バレー教えて!」

 

みたいな…(笑)

 

日中のレッスンは先日書いたとおりです。ラクダの話(笑)

 

最後のコマで、『ストレスドリル』をやってたんですが、なかなか早く準備ができない子に、見本を見せようとしてたら、今度は砂取コーチが…。

 

トスコースで、セットアップの前に、セッターの位置から2mくらいのところに置いたコーンをひっくり返して、すぐにトスアップをするというドリルだったのですが、「こういう風にやれば、早く準備ができるやろ?」って、見本を見せていると、突然、砂取コーチがコーンを蹴飛ばして、5mくらい離れてしもたやん!!

 

こんなん、どんだけ急いでも間に合わへんっちゅうねん!

 

ホンマ、最近、この2人の僕に対するリスペクトが微塵も感じられません…。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

5/2レッスン報告〜ゴリラのホンキ

6月のレッスン予定が、すでにシステムにアップされておりますので、ご確認ください!

ママさんレッスンについては、

6/5(火) 大正スポーツセンター ※チームレッスンあり

6/12(火) 扇町プール 体育場 ※プライベート2コマのみ

※以降については、5/中旬に確定予定です。随時更新していきます。

 

5/2(水)浪速スポーツセンターの夜間レッスンでの出来事…。

 

僕は社会人男性のスパイクコースを担当しました。

 

最近、脱力スパイクを教えています。スパイクは手を使う技術なので、強いスパイクを打とうとすればするほど、腕や肩、手首や指にまで力が入ってしまうものです。普通にスパイクの打てる方にとっては、力まずに打つスパイクの方が良いスパイクが打てることはおわかりかと思いますが、初級〜中級レベルの方にとって、力を使わないスパイクというのは、ピンとこないものです。

 

スパイクは、筋力を使うのではなく、ムチのようなしなりと、ヒット時のインパクトで決まります。

 

インパクトの瞬間、コースを決めたり、より強いスパイクを打つために、グッと力を込めることはしますが、その瞬間以外は、できるだけリラックスした状態と、身体の自然な動きに身を任せることが、とても重要です。

 

わかっちゃいるけど、力まずにはいられないのがスパイクというもの。

 

最近、その力みを取るドリルを思いつき、多くの方に指導しています。

 

担当した社会人の方も、ロボット並みの硬さが見られていたので、脱力スパイクを伝授!

 

肘を吊り上げ⇒脱力、吊り上げて⇒脱力した状態で体重移動、吊り上げて脱力した状態で、左手を挙げ、右肘を左手に持っていく…。

 

腕には一切力を入れず、身体の動きに身を任せます。

 

文字では表現しにくいですが、これらのドリルを進めていくと、腕がムチのようにしなっていきました。

 

そして、しなった腕にボールを放り投げると、パコーン!!という快音!

 

思わず、「うぉっ!!スゲエ!!」という声が…。

 

「なんか、僕、騙されてます??壷買ってまいそうなんですけど…」

 

インチキ訪問販売ではございません!

 

壷も売りつけないし、だましたりもしませんよー!

 

床打ちでは、うまく脱力できたものの、ジャンプを加えると、また力みが出てきてしまっていましたが、脱力の意味を理解してもらえたようで、ひとつの成果が見られたと思います。

 

2コマ連続のスパイクで、もう1コマは、砂取コーチに引き継ぎましたが、何本も良いスパイクが打てていたようです。

 

隣では、有田コーチが小5男子Yのレシーブコースを担当していました。気持ちが取り組み姿勢に出てしまう子なので、ヤル気を起こさせながら指導するのが、僕らの注意点でもあります。

 

序盤、やや雑な取り組みに見えていたのが気になっていたので、スパイクの指導をしながらも、気にかけていました。

 

中盤から、後半にかけて、近くでスパイクレシーブの練習をやっていたので、僕からもYへゲキを飛ばします。

 

「Y!もっと、絶対上げたる!って気持ちでやらな、ゴリラのスパイクなんか取れへんぞ!『来い!ゴリラっ!』って言え!」

 

すると…。

 

「来い!ゴリラっ!!!!」

 

その瞬間、ゴリラは、雄叫びとともにすんごいスパイクを放ちました!

 

「うぉりゃぁ〜〜〜!」

 

体育館内は、大爆笑!

 

Yにもスイッチが入り、ゴリラの本気スパイクを絶対上げたる!と、目の色が一転したのでした!

 

有田コーチは打つ前に、普段、ネットのアンダーロープを引っ張る時にしか見せない、ゴリラが胸を叩く仕草をして、バンバン本気スパイクを放っていました!

 

 

いつも、みなさんがレッスンに来るころには、ネットが張ってあるので見たことないかもしれませんが、有田コーチがネットを張る時は、これをやってからアンダーロープを引っ張ってるんです。

 

僕は、砂取コーチと2人がかりでやってますが、有田コーチはこれがあるので、1人でも十分なのです。

 

ちょっと早めに到着すると、見れるかもしれませんよ(笑)

 

お願いしたら、ゴリラスパイクを打ってくれると思います!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

GWレッスン報告〜ラクダに乗ってどこまでも…

みなさん、ゴールデンウィークはいかがでしたか?

 

ゴールデンなウィークになりましたでしょうか?

 

僕は4/16から休みなくバレーしてるので、身体は休めていません…(笑)

 

今、スケジュール確認したら、今月、排休日ないやんけーーーっ!

 

この連休もレッスン、練習、練習試合とバレー三昧でした。連休最後の昨日は、加古川で9人制の練習試合を7セットやってからの〜、夜間は別のチームで練習でした。おかげで、今朝は筋肉痛MAXで仕事に出掛けました。

 

このゴールデンウィークのレッスンは、連日ほぼ満員で、石川、鳥取、愛媛などからも受講に来てくれました。

 

淡路島からの交通手段は『イカダ』が普通のようですが、鳥取からの交通手段は『ラクダ』が普通のらしいです。

 

公共交通機関の発達していない地方は、車社会ですが、鳥取は『ラクダ社会』なんでしょうか…(笑)

 

このGWは、実に10名が新規で入会してくれました!

 

新年度が明け、生活のリズムも落ち着いたところで、新たに何かを始めたくなる時期。仕事の関係で、転勤や異動により、大阪に越してきた方、夜間に動きやすくなった方などなど、人の入れ替わりや、新たな出会いの季節ですね。

 

ママさんバレーを始めて数年、「今年はいっちょ頑張ろう!」と思われた方なども、どんどん受講に来てくれており、ますます盛り上がっていると感じます。

 

鳥取から来てくれた中2女子のMは、今回の来阪で4度目。恥ずかしがっていた初回とは、うってかわって時折、生意気なことも言うようになってきました!(笑)

 

今年は勝負の年になりそうで、JOCの選考や、ヤングバレーの代表なども狙っているそうです。そりゃ、ラクダに乗ってでも受講に行きたいと思うわなー。

 

トスコースをみっちり3コマ受講。僕は1コマだけ担当したのですが、これまで、アタッカーをやったりセッターをやったりで、あまり専門的な動きを練習してこなかったためか、セッターのスペシャリストとしての動きはまだまだこれからかな?と思いました。

 

僕としては、レシーブ一本、スパイク一本、セッター一本でやってきた子より、いろいろな経験を積んできているので、そこを活かして欲しいなと思うし、そこがMの強みだと思います。

 

たぶん、ジュニアからセッター一本でやってきた子は、専門的な動きもできるだろうし、きっとネット際のボールの処理なんかも上手でしょう。でも、Mはアタッカー経験があるので、どういうトスが打ちやすいか?どんな時にトスを上げて欲しいのか?

 

アタッカーの気持ちを考え、アタッカーの立場に立ったトスを上げるように心がければ、いろんなことが見えてくるのではないでしょうか?

 

特にチームのエースともなれば、大事な場面で自分が決めたいと思うでしょうし、ミスが続いて弱気な時は、「どうかトスを上げないで!」と思うことも…。そんな時に、エースに託すのがセッターの役割だと思うし、弱気な選手がいれば、セッターから優しい言葉がけをしてもらうと、気持ちを切り替えることができたり…。

 

セッターの仕事は、もちろんトスを上げることですが、それ以外にもいっぱいできることがあるのです。

 

さらに、ゲームの組み立てなどは、セッターにしかできないことなので、序盤に速攻を使って、後半にサイドに散らしたり、前半にエースにボールを集めて流れを作ったり、いろんなことができます。

 

そして、思いどおりには動いていかないのがバレーボールなので、状況に応じて、即座に組み立てを変えたり、臨機応変な対応力も必要になってきます。

 

そういったセッターの役割を考え、それを楽しめるようになれば、きっと彼女の大きな経験値となることは間違いありません。

 

選考に選ばれることも重要かもしれませんが、「選ばれたい!」「頑張らなきゃ!」と思うよりも、もっと大事なことに目を向ければ、おのずと結果はついてくると思います。

 

また時間があれば、ラクダに乗って来てなー!ウンチの世話も忘れずに…(笑)

 

そして、石川県から来た高3男子Aは、帰省中に受講に来てくれました!

 

ってか、練習はないの??ないから来たんやろうけど…。

 

「こんなとこがあるの知りませんでした!知ってたら、もっと早く来たのに…」と保護者。短期帰省中だったので、体験だけかな?と思いましたが、帰省中にもっと来たいと、入会していただき、なんと3日連続で受講に来てくれました!

 

Aは、基礎を習ったことがないためか、プレーが荒く、修正ポイントが満載でしたが、3日間のレッスンが役に立ってるといいんですが…。

 

Aに限らず、先日のオーカカップや、レッスンを見ていて思うんですが、『男子はプレーが雑!』

 

男の子なので、力もあるし、身体も動くので、見よう見真似である程度形になってしまうため、ミスが多いと感じます。

 

男女の性格的な違いもあるでしょうが、男子はカッコつけちゃうので、スパイクを床に叩き付けて打ちたいという気持ちが強過ぎるためか、渾身の力でスパイクを振り切ります。んで、ちゃんと手に当たらへん…みたいな…(笑)

 

男女の指導は、その性格的なことなども踏まえて、アプローチ方法を変えていってあげないといけないなーと、改めて思いました。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ


オーカのプロフィール

        

人気ブログランキング

ランキング参加中

バレーボールブログランキング

最近のブログ

カテゴリー

過去の履歴

recommend

リンク

ブログ内を検索

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
        

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR


にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村