5/2レッスン報告〜ゴリラのホンキ

6月のレッスン予定が、すでにシステムにアップされておりますので、ご確認ください!

ママさんレッスンについては、

6/5(火) 大正スポーツセンター ※チームレッスンあり

6/12(火) 扇町プール 体育場 ※プライベート2コマのみ

※以降については、5/中旬に確定予定です。随時更新していきます。

 

5/2(水)浪速スポーツセンターの夜間レッスンでの出来事…。

 

僕は社会人男性のスパイクコースを担当しました。

 

最近、脱力スパイクを教えています。スパイクは手を使う技術なので、強いスパイクを打とうとすればするほど、腕や肩、手首や指にまで力が入ってしまうものです。普通にスパイクの打てる方にとっては、力まずに打つスパイクの方が良いスパイクが打てることはおわかりかと思いますが、初級〜中級レベルの方にとって、力を使わないスパイクというのは、ピンとこないものです。

 

スパイクは、筋力を使うのではなく、ムチのようなしなりと、ヒット時のインパクトで決まります。

 

インパクトの瞬間、コースを決めたり、より強いスパイクを打つために、グッと力を込めることはしますが、その瞬間以外は、できるだけリラックスした状態と、身体の自然な動きに身を任せることが、とても重要です。

 

わかっちゃいるけど、力まずにはいられないのがスパイクというもの。

 

最近、その力みを取るドリルを思いつき、多くの方に指導しています。

 

担当した社会人の方も、ロボット並みの硬さが見られていたので、脱力スパイクを伝授!

 

肘を吊り上げ⇒脱力、吊り上げて⇒脱力した状態で体重移動、吊り上げて脱力した状態で、左手を挙げ、右肘を左手に持っていく…。

 

腕には一切力を入れず、身体の動きに身を任せます。

 

文字では表現しにくいですが、これらのドリルを進めていくと、腕がムチのようにしなっていきました。

 

そして、しなった腕にボールを放り投げると、パコーン!!という快音!

 

思わず、「うぉっ!!スゲエ!!」という声が…。

 

「なんか、僕、騙されてます??壷買ってまいそうなんですけど…」

 

インチキ訪問販売ではございません!

 

壷も売りつけないし、だましたりもしませんよー!

 

床打ちでは、うまく脱力できたものの、ジャンプを加えると、また力みが出てきてしまっていましたが、脱力の意味を理解してもらえたようで、ひとつの成果が見られたと思います。

 

2コマ連続のスパイクで、もう1コマは、砂取コーチに引き継ぎましたが、何本も良いスパイクが打てていたようです。

 

隣では、有田コーチが小5男子Yのレシーブコースを担当していました。気持ちが取り組み姿勢に出てしまう子なので、ヤル気を起こさせながら指導するのが、僕らの注意点でもあります。

 

序盤、やや雑な取り組みに見えていたのが気になっていたので、スパイクの指導をしながらも、気にかけていました。

 

中盤から、後半にかけて、近くでスパイクレシーブの練習をやっていたので、僕からもYへゲキを飛ばします。

 

「Y!もっと、絶対上げたる!って気持ちでやらな、ゴリラのスパイクなんか取れへんぞ!『来い!ゴリラっ!』って言え!」

 

すると…。

 

「来い!ゴリラっ!!!!」

 

その瞬間、ゴリラは、雄叫びとともにすんごいスパイクを放ちました!

 

「うぉりゃぁ〜〜〜!」

 

体育館内は、大爆笑!

 

Yにもスイッチが入り、ゴリラの本気スパイクを絶対上げたる!と、目の色が一転したのでした!

 

有田コーチは打つ前に、普段、ネットのアンダーロープを引っ張る時にしか見せない、ゴリラが胸を叩く仕草をして、バンバン本気スパイクを放っていました!

 

 

いつも、みなさんがレッスンに来るころには、ネットが張ってあるので見たことないかもしれませんが、有田コーチがネットを張る時は、これをやってからアンダーロープを引っ張ってるんです。

 

僕は、砂取コーチと2人がかりでやってますが、有田コーチはこれがあるので、1人でも十分なのです。

 

ちょっと早めに到着すると、見れるかもしれませんよ(笑)

 

お願いしたら、ゴリラスパイクを打ってくれると思います!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

GWレッスン報告〜ラクダに乗ってどこまでも…

みなさん、ゴールデンウィークはいかがでしたか?

 

ゴールデンなウィークになりましたでしょうか?

 

僕は4/16から休みなくバレーしてるので、身体は休めていません…(笑)

 

今、スケジュール確認したら、今月、排休日ないやんけーーーっ!

 

この連休もレッスン、練習、練習試合とバレー三昧でした。連休最後の昨日は、加古川で9人制の練習試合を7セットやってからの〜、夜間は別のチームで練習でした。おかげで、今朝は筋肉痛MAXで仕事に出掛けました。

 

このゴールデンウィークのレッスンは、連日ほぼ満員で、石川、鳥取、愛媛などからも受講に来てくれました。

 

淡路島からの交通手段は『イカダ』が普通のようですが、鳥取からの交通手段は『ラクダ』が普通のらしいです。

 

公共交通機関の発達していない地方は、車社会ですが、鳥取は『ラクダ社会』なんでしょうか…(笑)

 

このGWは、実に10名が新規で入会してくれました!

 

新年度が明け、生活のリズムも落ち着いたところで、新たに何かを始めたくなる時期。仕事の関係で、転勤や異動により、大阪に越してきた方、夜間に動きやすくなった方などなど、人の入れ替わりや、新たな出会いの季節ですね。

 

ママさんバレーを始めて数年、「今年はいっちょ頑張ろう!」と思われた方なども、どんどん受講に来てくれており、ますます盛り上がっていると感じます。

 

鳥取から来てくれた中2女子のMは、今回の来阪で4度目。恥ずかしがっていた初回とは、うってかわって時折、生意気なことも言うようになってきました!(笑)

 

今年は勝負の年になりそうで、JOCの選考や、ヤングバレーの代表なども狙っているそうです。そりゃ、ラクダに乗ってでも受講に行きたいと思うわなー。

 

トスコースをみっちり3コマ受講。僕は1コマだけ担当したのですが、これまで、アタッカーをやったりセッターをやったりで、あまり専門的な動きを練習してこなかったためか、セッターのスペシャリストとしての動きはまだまだこれからかな?と思いました。

 

僕としては、レシーブ一本、スパイク一本、セッター一本でやってきた子より、いろいろな経験を積んできているので、そこを活かして欲しいなと思うし、そこがMの強みだと思います。

 

たぶん、ジュニアからセッター一本でやってきた子は、専門的な動きもできるだろうし、きっとネット際のボールの処理なんかも上手でしょう。でも、Mはアタッカー経験があるので、どういうトスが打ちやすいか?どんな時にトスを上げて欲しいのか?

 

アタッカーの気持ちを考え、アタッカーの立場に立ったトスを上げるように心がければ、いろんなことが見えてくるのではないでしょうか?

 

特にチームのエースともなれば、大事な場面で自分が決めたいと思うでしょうし、ミスが続いて弱気な時は、「どうかトスを上げないで!」と思うことも…。そんな時に、エースに託すのがセッターの役割だと思うし、弱気な選手がいれば、セッターから優しい言葉がけをしてもらうと、気持ちを切り替えることができたり…。

 

セッターの仕事は、もちろんトスを上げることですが、それ以外にもいっぱいできることがあるのです。

 

さらに、ゲームの組み立てなどは、セッターにしかできないことなので、序盤に速攻を使って、後半にサイドに散らしたり、前半にエースにボールを集めて流れを作ったり、いろんなことができます。

 

そして、思いどおりには動いていかないのがバレーボールなので、状況に応じて、即座に組み立てを変えたり、臨機応変な対応力も必要になってきます。

 

そういったセッターの役割を考え、それを楽しめるようになれば、きっと彼女の大きな経験値となることは間違いありません。

 

選考に選ばれることも重要かもしれませんが、「選ばれたい!」「頑張らなきゃ!」と思うよりも、もっと大事なことに目を向ければ、おのずと結果はついてくると思います。

 

また時間があれば、ラクダに乗って来てなー!ウンチの世話も忘れずに…(笑)

 

そして、石川県から来た高3男子Aは、帰省中に受講に来てくれました!

 

ってか、練習はないの??ないから来たんやろうけど…。

 

「こんなとこがあるの知りませんでした!知ってたら、もっと早く来たのに…」と保護者。短期帰省中だったので、体験だけかな?と思いましたが、帰省中にもっと来たいと、入会していただき、なんと3日連続で受講に来てくれました!

 

Aは、基礎を習ったことがないためか、プレーが荒く、修正ポイントが満載でしたが、3日間のレッスンが役に立ってるといいんですが…。

 

Aに限らず、先日のオーカカップや、レッスンを見ていて思うんですが、『男子はプレーが雑!』

 

男の子なので、力もあるし、身体も動くので、見よう見真似である程度形になってしまうため、ミスが多いと感じます。

 

男女の性格的な違いもあるでしょうが、男子はカッコつけちゃうので、スパイクを床に叩き付けて打ちたいという気持ちが強過ぎるためか、渾身の力でスパイクを振り切ります。んで、ちゃんと手に当たらへん…みたいな…(笑)

 

男女の指導は、その性格的なことなども踏まえて、アプローチ方法を変えていってあげないといけないなーと、改めて思いました。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

4/24レッスン報告〜頑張れ!熱血先生!

明日からゴールデンウィークですね!

 

みなさん、GWのバレー予定はお決まりでしょうか?

もちろん、オーカ大阪校でのレッスンも入ってると思いますが…www

 

今週は新規の方の受講ラッシュでした!

ライフサイクルも落ち着いてきて、何かを新しく始めたくなる時期ですね。

 

僕も新しいことを始めようと、ニンテンドースイッチを購入!

 

ってか、知らん間にWiiのサービスが終了していて、家で一人カラオケができひんくなってしまっていたんです(笑)

 

身体の疲れは、暇さえあれば寝てたのですが、心の疲れが出てきていたので(何があったん?って感じですが、特になにも…笑)、ストレス発散には、やっぱヒトカラです!

 

テレビ東京で、ちょいちょいやってる『カラオケバトル』を観て、「この歌、歌ったら気持ち良さげ〜」ってのを、すぐに自宅で歌えるので、超便利です。

 

もちろん昭和歌謡ですけど、なにか??

 

僕のGWは、もちろんバレー三昧なので、身体の疲れはお風呂と睡眠で取りつつ、心の疲れはヒトカラで取りながら、楽しく過ごしたいと思います。

 

みなさんも、ゴールデンなウィークにしてくださいね!

 

火曜日は西成スポーツセンターでレッスンでした。

 

予約は少し淋しい状況でしたが、新規の方が3名受講に来られました。

 

そのうち2名を担当したのですが、1名は高校教員の男性。バレー未経験ながら、部活の顧問になった方です。

 

自己研鑽ということになるのでしょうが、生徒のために、自分自身もバレーの技術を習得して、生徒のためにサーブを打ってあげたり、スパイク練習のトスを上げたりして、力になりたいとのこと。

 

最近の教員では、珍しい熱血教師ですね!

 

「世の中捨てたもんじゃねぇな」と思いました。

 

現代の先生を取り巻く環境は、非常に厳しいと言えます。ちょっと叱っただけでも、体罰だの、パワハラ、モラハラ…と、さまざまなハラスメントと言われてしまうので、いつのまにか当たらず触らずの『ことなかれ主義』的な教員が増えていると感じています。(個人的感想)

 

学校って、結構、職場環境厳しいものなのです。『いじめ』のある学校は、実は先生同士でも『いじめ』があったりします。生徒のために…と頑張れば、うしろ指さされてしまったり、出る杭は打たれてしまうので、働きにくい職場も少なくありません。(教員の離職率って、常にトップ3って、知ってましたか??公務員やのに…)

 

あ、なんか、教育業界を非難しているような話になってしまってる…。

 

そんな話はさておき…。

 

この日担当した男性は、学生時代は剣道をやってこられた方で、話をしていても、こちらがシャキッとしてしまうような、好青年。ひとつひとつの説明を、一言一句聞き逃さないかのごとく真剣な眼差しで聞いてくださいました。

 

剣道をしていた影響か、背筋もピンと伸びていて、とても姿勢が良かったので、身体の軸をごく自然に使えていました!

 

ただ、たぶん剣道で、「メーン!」とかの時、右足を前に踏み出していたようで、常に右足を前にした送り足だったのが、ちょっとウケました(笑)

 

あっという間の1時間で、パスの基本くらいしかご指導できませんでしたが、「是非入会したいです!」と即答していただきました!

 

部員がみんなバレー経験者だそうなので、「当面は、にわか知識で技術的な指導をするより、人間の身体の創りを知り、フィジカル面のサポートや、簡単な球出しができるように練習していったらどうか?」という話をしてレッスンを終えました。

 

そして、なにより、ご自身がバレーの楽しさに触れ、ボールをつなぐことや、仲間と助け合うことの楽しさを知ってもらえたら、生徒たちにも伝えられることが増えていくと思います。

 

バレーボールの楽しさ…。

 

僕が思うのは、得点制のチームスポーツなので、逆転が可能であること。ボールを持ってはいけないので、レシーブやスパイクなど、ヒットする一瞬一瞬で判断し、駆け引きをしていかなきゃならないこと。そういった、バレーならではの楽しさを、伝えていけたら…と思います。

 

頑張れ!熱血先生!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

4/23レッスン報告〜ストレスを『ストレスドリル』で発散!

5月の一般予約受付始まってます。

人気施設はすでに予約が埋まってきていますので、お早めにご予約ください。

 

毎年のことではありますが、4月は意外と予約が埋まりにくいです。おそらく、新年度が明け、進級、進学に伴い、生活のリズムが変わるので、ある程度一週間の流れなどが掴めるようになり、そのリズムに身体が慣れてから…という方も多いのだと思います。子供のリズムが変われば、当然ママさんのリズムも変わります。ママさんの方が断然忙しくなりますね。子供の場合は、新しい環境下で、精神的なストレスを感じる時期でもあります。

 

一旦身体が慣れると、次は五月病が待っています。環境の変化に対応できつつある頃になり、蓄積した疲れが一気に出てしまうのが原因のようで、知らず知らずの間に『変化疲れ』というのが溜まってしまうんですね。

 

そうならないためには、適度な運動やストレス発散が必要なわけですが、「新しい環境に慣れるまで…」と、先延ばしにしてしまうので、メンタル面に影響が出てしまうんだと思います。

 

僕の持論なんですが…

 

『身体がしんどい時は頑張る、心がしんどい時は休む』

 

と、決めています。

 

少々、身体が疲れていても、身体の疲れを取る方法は、結構あるものです。お風呂にゆっくりつかるとか、栄養ドリンクとか、睡眠時間を確保するとか…。

 

でも、心が悲鳴をあげてしまうと、回復にはかなりの時間を要すると思うので、心が疲れる前に、大好きなバレーボールで発散することが大切なのです。

 

いつもなら2-3コマまとめて受講している方は、お休みするのではなく、1コマだけでも身体を動かしにくると、きっと違ってくると思いますよ!

 

コーチもゴリラも、みなさんと会って、一緒にバレーボールを楽しみながら、心と身体のバランスをとっていきたいと思います。

 

昨日は千島体育館でレッスンでした。

 

最近流行っている『ストレスドリル』は、他のコーチの間でも流行りつつある印象です。先週、浪速区の小学校では有田コーチが、昨日は砂取コーチが、いろいろなストレスをかけながら、教えたことを流れの中で発揮できるように工夫しています。ストレスのかけかたはコーチによってさまざま。

 

僕は『準備』を最も重要視していて、より早く準備をして、十分な態勢でスパイクを打つことや、レシーブすることを意識して練習するようにしています。その日に教えたことを、ストレスのかかった状態でも発揮できるようになれば、所属チームの練習や試合でもできるようになるんじゃないかという考えです。

 

どちらかというと中上級者向けですが、基本プレーをサボリがちな人にも、結構効果は高いと実感しています。

 

運動量も多めなので、ドリルを終えた頃には、「やったー!」という充実感もあります。ストレスドリルなので、精神的なストレスも受けそうですが、ドリルの最後にはストレスフリーでまとめているので、ストレスのない状態であれば、こんなにちゃんとできるんだ!と実感してもらえるのでは??

 

砂取コーチはドSなので、ストレスをかけまくったまま終わるので、余計にどよ〜んとした気持ちで帰ることになるかも??(笑)

 

昨日担当した、小6女子のコンビは、とても上手なのですが、ストレスのかかった状態になるとうまくいかなくなるため、試合では、常にそういう状態でプレーをしなきゃならないので、準備を早くすること、早く準備するためにはどうすればいいかを考えること、工夫することなどを教えながらやりました。

 

最後に、ストレスをかけずにサーブレシーブすると、キレイに面を作って、難しいボールも、スイスイスルリ〜っと、レシーブしてました。

 

小中学生には、こういう、『遊んでるうちにできるようになっちゃった』的なドリルは、とても効果的です。

 

ただ、ストレスをかけないサーブレシーブ練習はジュニアでもやっているはずなので、序盤はいいけど、徐々に注意力散漫になりがち…。

 

同じことを、繰り返し長時間できなくなるんですよねー。

 

聞けば、最近練習時間が長くなって、夜10時くらいまで練習することもしばしばだそう…。

 

最近の子供は、「長く練習すればいいってもんじゃない」とか言っちゃうので、あまり効果はないような…。

 

ついつい熱が入ってしまう気持ちもわかりますが、長くやるなら、同じことを繰り返すのではなく、いろんなアプローチ方法で、子供たちが飽きないようなドリルで、集中力を持続させてあげないとケガのもとにもなってしまうので、気をつけて指導にあたってもらいたいですね。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

応援のシカタ

5月の優先予約受付始まってます。

人気施設は予約が埋まってしまう可能性があるので、お早めにご予約ください。

※優先予約はキャンセルができませんので、ご注意ください。

 

大阪校の受講生のボリュームは、圧倒的に中学生が多く、次いでママさんや小学生です。

 

中学生の年間サイクルは、その多くが夏の大会で3年生引退。代交代して、新人大会⇒春季大会⇒夏の全中(予選〜全国)へと流れます。

 

年度が明けてからの時間というのは、ホンマにあっという間です。

 

中3生にとっては、一日一日が確実に引退へと近づいているのです。思い返すだけで、涙ちょちょぎれそうな日々を送ってきた子供たち。そんな頑張っている姿を応援し続けた保護者の方。

 

毎日お弁当を作ったり、朝練のために早起きしたり、遠征のために送迎したり、子供以上に大変だったと思いますが、頑張っているからこそ、サポートしてあげたくなるものです。

 

そして、試合の日というのは、いわば『発表会』。練習の成果を発揮し、笑顔でコートを走り回り、勝って喜び、負けて悔し涙を流す子供の姿を見て、『感動』をもらいます。

 

その『感動』が、親の生きがいでもあり、なによりの楽しみですよね。

 

子供たちが頑張っていれば、自然と保護者の応援にも熱が入りますが、その『応援』、ホンマに子供たちのチカラになっていますか??

 

応援とは…。

 

『力を添えて助けること』

 

『応(こた)えて援(たす)ける』と書きます。子供の頑張りに応えるべく、拍手や声援で援けることなのです。

 

代表的な声援と言えば「頑張れ〜!」ですが、この『頑張れ!』には、時に否定的な意見もあります。頑張っている人に、『頑張れ』はかえって失礼だったり、プレッシャーだったり…。たぶん、日々頑張っている人が、壁にぶつかったり、もがき苦しんでいる時であれば、確かに逆効果かもしれませんが、試合中にそれ以外の言葉ってかけれないですよね(笑)

 

なので、「頑張れ!!」はOKにします(笑)

 

ここからは、バレーの応援に関して、僕の思うことを述べたいと思います。あくまで個人的見解です。

 

僕が個人的にあまり好きではないのは、「集中!集中!」

 

これを言われると、「(集中)してるわっ!」と、思っちゃうんです(捻くれ者www)

 

確かに、集中力に欠けるようなプレーが出たり、ダラけてしまった場面では、ピリッとすることもありますが、自分はとにかく勝ちたい一心でプレーしているので、「集中してないな」と思うことはないですし、試合中、自分に向けて「集中!集中!」と唱えることもありません。

 

本来、人間の集中力というのは、15分を境に低下するそうです。バレーでいうと、ちょうど1セット分、または後半に差し掛かったあたりです。集中力MAXでずっとプレーし続けると、後半の大事な場面になって注意力散漫となり、パフォーマンスがみるみる低下してしまうのです。幸い、バレーはボールがデッドになり、1ラリーごとに一息つく時間があるので、うまく抜き差ししながら、集中力を持続できるようにするのが大切です。

 

ところが、子供の場合は試合の緊張から、この抜き差しがうまくコントロールできなかったりするので、リラックスできるように外的サポートが必要だったりするのです。

 

声援の聞こえるゆとりのできた時に「集中!集中!」なんて言われると、いろんな意味で、メンタル面にストレスがかかってしまういます。

 

他に嫌いなのが、「(相手の)サーブいいよー!」です。

 

これ、コートの中でも、よく声がかかったりします。

 

前のローテで、サーブポイントを取られたり、連続失点を許していると、「サーブがいいから、気を付けて!」という意味で使うんですが、「これ言って、何になるの?」と、僕は思います。

 

「やばい、さっきサーブで崩された人や!」「この人いいサーブ打ってくるんや」と思えば思うほど、レセプション側は、硬直してしまうもの。

 

「サーブいいよ!」と言われれば、サーバーは「オレのサーブ、効いてるんや」と、ますます調子に乗って、思い切ったサーブが打てるようになるし、レセプション側はカチコチ…。負の螺旋(らせん)です(笑)

 

それよりは、ポジティブトークで、「サーブレシーブは上でいいよ!ちゃんとカバーして良いトス上げるからね」とか、「上に上げといてくれたら、ウチのアタッカーは決めてくれるから大丈夫だよ!」の方が、ちょっと安心できませんか?

 

本来、援護射撃のはずの声援が、選手を援けてないとしたら、それはもったいない話です。

 

自分のチームが安心したり、元気になれる言葉がけ。相手が「イヤだなー」と感じたり、イライラしてしまうようなものであれば、かなりの援護になると思います。

 

もちろん、「アホ!」とか「下手くそ!」と、相手を罵(ののし)るような言葉はダメです。

 

「集中!」も、「いい集中やでー!いい感じだよー!」と言えば、「相手は集中してるんだ。流れが向こうにあるんだ」と思うし、「サーブ効いてるよー!崩れてるよー!」「サーブ嫌がってるよ!」「ブロック高いよ!相手嫌がってるよ!」と、味方をホメながら、暗に相手にストレスをかけるような言葉が、両チームに聞こえれば、味方はノリノリ、相手はイライラで、この差は大きいと思います。

 

見方をポジティブにしつつ、相手をネガティブにする声援で、是非、チームの勝利に貢献してあげてください。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

4/17レッスン報告〜大切なのは「勝てる」「勝てへんではない」

火曜日は、西成スポーツセンターでレッスンでした!

 

予約が淋しかったので、お近くの中2女子の保護者の方にお声がけしてみました!

 

営業努力!(笑)

 

今週末に試合を控えていると聞いていたのと、絶対下校が18:00と聞いていたので、2コマ目には間に合うかな?と…。

 

すると、お友達にも声をかけてくれたそうで、あっという間に満員に!(スゲー!!)

 

ってか、お願いして、「関コーチのためなら!」とひと肌脱いでくれたのでは?

 

ってことは、俺スゲー!!(笑笑)

 

新年度がスタートし、進級、進学したての子供たちは、新生活のリズムが、まだできていないのか、この時期は少し様子見みたいな感じになるんでしょうね。毎年、4月はやや停滞する印象です…。

 

もちろん、お子さんのいるママさんたちも同様だと思います。

 

生活のリズムができてきたら、またどんどんお越しくださいね。一旦落ち着くと、五月病が待っているので、そうならないためにも、適度な運動をしましょう!

 

さて、火曜日に来てくれた子供たちは、今週末の試合で、近隣の強豪校と対戦するそうで、

「どこと当たるん?」

「〇〇と、△△と、□□!」

「どこが強いん?」

「全部!」

やって。それ、相手が強いんじゃないんちゃうん??(笑)

 

僕はてっきり、○蘭会とか、○和田とか、○Lとか、よく聞く強豪のことかと思ってたんですが…。

 

試合の前は、第何試合か?とか、どこと当たるのか?とか、結構気になるもので、初戦から強豪と当たると、「くじ運悪い〜」とかなるものです。

 

やっぱ、最初はなるべく強いところとは当たりたくないですよね。そして、ひとつでも多く勝って、トーナメントの高いところに行きたいし、少しでも長く試合を楽しみたいというのが、一般的な思いなのだと思います。

 

でも、勝ち進めば、どこかで必ず強いところと対戦することになります。

 

格上の相手との対戦は、オシッコちびりそうになることもあるでしょう。

 

僕も、高校時代は、この一般的な思いを抱いていました。

 

Bチームが出てきても歯が立たないくらいの強豪と対戦するとなると、試合する前から勝負は決まっているようなもの。

 

でも、試合の日はくるし、棄権するなんてできません。結果はわかってるのに、やらなきゃならない。

 

でも、なんでやるのか?

 

試合はやってみないとわからないからです。

 

子供の頃は、それがわかりませんでした。

 

「同じ高校生なんだから」「同じ人間なんだから」なんてこと思わなかったし、強豪校とは、練習時間も素質も違うと思っていたんです。

 

僕の出身校は熊本県人吉市という、ド田舎の公立高校で、バレー部は県内でベスト8を目標にしているくらいのチームでした。

 

当時も今も、鎮西高校が春高の常連校でしたが、僕が高校生の頃は、対抗馬といえる強豪がもう1校(熊工)あって、2強と言われていました。その2強に第一工業高が続いていて、その他は年代によって、いろんな高校がベスト4に名を連ねるという感じ。

 

僕らは、ベスト8の壁を越えることができずにいたのですが、国体予選で3年生が引退し、僕らの代へ交代。新人戦で、ベスト4に入り、春高予選では決勝で鎮西にボコられましたが、学校史上最高の成績を残すことができました。

 

その時、倒した相手が、2強のうちの1つ、熊工だったのです。

 

当時のビデオを観ると、どう見ても熊工ペース。スパイクもどんどん僕らのコートに突き刺さってるし、どうやって勝ったのか?

 

この試合、派手なスパイクポイントもなければ、コンビ攻撃があったわけでもありません。でも、僕らは乗っていたし、勝利の女神が微笑んでくれているかのように、相手コートにボールが落ちました。

 

試合が進むに連れて、セッターでキャプテンをしていた選手が、チームメイトを激しく叱責。「おい!落ち着けって!」「なんばしよっと!!」と、焦っているのが伝わりました。いつも、クールにしれーっと試合していた選手たちが、完全に慌てていたのです。

 

僕らは失くすものもなく、とにかく思い切りやるだけ。

 

フルセットの末に熊工を倒した時は、みんな大泣きでした。

 

実は前夜、とある事件がありました。

 

僕らは、県大会となると、前日に汽車に乗っていかないと、試合に間に合わないので、いつも前入りでした。ド田舎もんの僕らにとって、県大会の開催される熊本市は大都会です。マクドナルドに行って、ポテトとシェイクを食べることや、オシャレな洋服を買いに夜の繁華街へ出かけるのが、昔からの慣習だったのです。

 

当然、この日も宿舎に着くと、すぐにみんな夜の街に出掛けていきました。僕は、変なプライドもあって、「俺たちは、試合に来てるんであって、買い物に来てるんじゃない」と、宿舎に残ることにしました。

 

ただ、出かける子たちを、咎めようとは思いませんでしたが、内心は、「旅行ちゃうぞ!」と、キャプテン風を吹かせていたんですね。

 

みんな出かけてしまいましたが、しばらくしてすぐに、副キャプテンの子が帰ってきました。「オレも行かない」と…。

 

門限の22時になり、みんなが宿舎に帰ってきて、軽くミーティング。23時に消灯です。

 

しかしながら、高校生が消灯時間に寝るはずもありません。電気が消えてからも、話が途切れることはありませんでした。

 

どのくらい時間が経ったかわかりませんが、ついに僕は、起き上がって、「オマエら!修学旅行に来てるんちゃうぞ!勝つ気がないなら、荷物まとめてとっとと帰れ!」と怒りました。

 

シーン…。

 

「相手は熊工だけん、勝てんかもしれん。けど、勝とうと思ってやらんかったら、試合にもならんばい」

 

そう言って、眠りに就きました。

 

ほどなくして、みんなの寝息が聞こえてきましたが、興奮してしまった僕は、結局最後まで眠れず…(笑)

 

そして、翌日の試合で、ミラクルが起こりました。

 

試合後、「昨日のアレがなかったら勝てんかった」と、みんな言ってましたが、俺は寝れんかったっちゅうねん!

 

でも、この試合は、僕の思い出の中でも、大きなもののひとつです。

 

大学、社会人になり、格上のチームと対戦する時は、ワクワクするようになりました。

 

「勝てる」とか、「勝てない」と、やってもいないうちから、星勘定するのではなく、「勝とう!」と思って試合に臨むことが、とても大切で、そうすれば、勝っても負けても、良い結果が待っていると思います。

 

たとえ負けても、「勝とう」と思って臨んだ試合なら、つまらないミスや、後悔するようなプレーは少なくなり、良い試合ができると…。

 

彼女たちは、今週末、強豪校と対戦します。「勝てる」「勝てない」ではなく、「勝とう!」と思って、試合に臨んでもらいたいなと思います。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

排休日の過ごし方(4/16編)

※今回は、バレーのお話ではありません。たぶん…。

 

昨日は、久しぶりの排休日♪

 

3月からほぼ毎日、ミニイベント⇒オーカカップと、2つのイベントをこなしながら、身体を休める暇もなく動いてきたので、日中の仕事を終えて、こんなにのんびりできるのは久しぶりです。

 

一昨日(日曜)も自身の試合だったので、外食して、とにかくグダグダしようかとも思いましたが、せっかくなので、久しぶりの自炊をすることに。

 

さらに、洗濯機も掃除して、衣替えもして、お布団も薄いものにして、夏を迎える準備をしようと思い立ちました!

 

気温も暖かくなってきましたが、朝晩は少し冷えることもあるので、タオルケットじゃ寒いし、羽毛じゃ暑いし…なので、薄手の布団にして、快眠できるように…。

 

洗濯機の掃除?と言われそうですが、長く使っていると、水中のカルシウムとマグネシウムが洗剤と結合して、白い粉が洗濯漕に残ってしまうようになるのです。柔軟剤を多く使うと、その現象が起こりやすいと、何かで見たことがあるので、定期的に『クエン酸』で洗濯漕を掃除しないとダメなのです。

 

仕事の帰りにLOFTでクエン酸を買い、スーパーで豚肉、キャベツ、玉ねぎを買って帰りました!

 

主婦力120%!

 

洗濯機にクエン酸を入れて自動運転している最中に、お米を洗い、ご飯を炊いている最中に、衣替えと布団の交換。

 

どうすれば効率よく家事を済ませ、できるだけのんびりできる時間を作れるか?を考え、手を休める暇なく動けた時の達成感ったら、ありゃしない。

 

ご飯が炊き上がり、蒸らしている間に、サササーッとおかずのお味噌汁を作って、出来あがり。

 

19:30くらいから、まだ観てない春の新ドラマを観ながらディナーを…。

 

 

豚肉のタレ焼き定食です。

 

ただひとつ、失敗したなーと思ったのは、がない…。トマト買えばよかった…。赤い花柄のお皿にすればよかった…。

 

結構、家事で動きましたが、気持ちもリフレッシュできたました。

 

ゆっくりベッドでテレビを観ながら、22:00過ぎには、知らん間に眠ってましたZzz…

 

夜中に目が覚めたけど、結構身体を休めることもできたので、充実の排休日になりました。

 

今日からまた頑張ろっと!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

日本一の練習

前回、ミスについて考える内容のブログを書きましたが、そこで、「なんのために練習をするのか?」という哲学的な問いにぶつかりました。

 

『ミスしないため』じゃなく、『すごいスパイクを打つため』でもない。

 

『勝つため』だと、僕は思います。

 

スポーツをする以上、試合に出れば、必ず勝敗という結果がついてきます。

 

勘違いしてほしくないのは、『勝つことがすべて』とは言っていないことです。たとえどんなに弱くても、『勝つこと目標に』練習することで、何かを学び、そこに真の楽しさや、感動があると思っているからこその『勝つため』なのです。まぁ、『目標を持って取り組む』ことが大切だと言いたいのですが、スポーツなので、その目標のひとつに『勝つこと』を掲げれば、いろいろなことにつながると思っています。できないこともできるようになるし、チームにも貢献できるし、信頼される選手にもなるし…。

 

勝つことをを目標にして練習した結果は、勝ちと負けに分かれますが、ホンマに頑張ったのであれば、結果がどっちに転んでも、学びがあると思います。

 

トーナメントを戦えば、優勝したチーム以外は、必ずどこかで「負け」があり、負けるチームの方が断然多いです。

 

でも、その出た結果には、必ず理由があると思っています。

 

優勝したチームには優勝した理由、優勝できなかったチームには優勝できなかった理由です。

 

それは、練習量かもしれないし、技術の差かもしれません。

 

でも、「あのチームはメンバーが揃ってるから」というのは、ちょっと違うかな?

 

そういった言葉が出る時点で、負けてしまっているんやと…。まぁ、僕もたまにはそんな風に言うことありますけど…(笑)

 

「日本一になるためには、日本一の練習をしないとなれない」「世界一になるためには…」「金メダルを獲るためには…」それに見合った練習が必要だと思うし、そうすれば、誰にでもチャンスはあるんだと、僕は思いたいのです。

 

素質とか、恵まれた体格とか、いろんな要素も関係してくることは否定できません。でも、チームスポーツには、見えない力やミラクルがいっぱいです。

 

『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』

 

負ける時は負けるべくして負けるものですが、格上の相手に勝つ時というのは、いろんなミラクルが起こるものです。

 

ここで言う『日本一の練習』というのは、量の話だけではありません。「日本一質の高い練習」「日本一効率的な練習」「日本一理に適った練習」なんでもいいと思うし、『練習』=『準備』です。

 

『戦う準備』というのは、ボールを触った時間や数だけでなく、相手を研究すること、身体を休めること、みんなで話し合うことなどなど、勝つことにつながるすべての準備を指します。

 

先の平昌五輪の男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生選手が、その典型ですよね。きっと、練習の『量』という点では、誰よりも少なかったのではないでしょうか?まぁ、ケガする前には、誰よりも練習してたかもやけど…。

 

ただ、五輪前の数ヶ月を切り取った時に、氷の上で滑った時間は誰よりも短かったことは間違いないと思います。でも、置かれた立場で、彼ができるすべての準備をして五輪に臨んで、金メダルを獲得したんだと思います。

 

『アスリートは別格』と言ってしまえばそこまでですが、負けた理由、負ける理由を「あそこは私学で、毎日夜遅くまで練習してるから」「あのチームは、みんなジュニアからバレーやってる子が揃ってるから」「春高とかに出てた人が集まってるチームやから」と、どうにもならないハード面のせいにするうちは勝てないかなと…。

 

「工夫できる余地があるのに、工夫しなかったことを棚に上げない」

 

練習時間が短いのなら、その分質を高めたり、効率良く練習できるよう考えたり、経験者が少ないなら、その分戦術や総合力で戦う方法を考えたり、しっかり準備をすれば道はあるはずです。

 

『意志あるところに、必ず道あり』

 

勝とうという意思を持てば、そこに工夫が生まれ、勝つためのヒントも見つかるはず。

 

日本一、世界一、優勝、金メダル…

 

勝つためには勝つための準備をして、試合に臨めば、出た結果から、次への課題も見つかり、競技の奥深さを知り、もっともっと競技が楽しくなると、僕は思います。

 

最近のレッスンでは、受講者の方に負荷をかけながら、できるようになったことを流れの中で発揮できるドリルを多く取り入れるようにしています。

 

細かく分解して、理論的な説明をし、それを体現する術を教えると、多くの方ができるようになります。

 

が、「ここではできるけど、チームに戻ると全然できない」と、これまた多くの人が口にする、ずっと僕自身が課題にしてきたことを克服できるようにと、思いついたのが、『ストレスドリル』です。(名前は今考えたwww)

 

「ハイ、1,2,3!」と声をかけて、ゆっくりていねいにやればできるようになったら、次は、負荷のかかった状態で、それを発揮するために、準備を早くして、『できる状態』を作るようにするのです。

 

試合の前に準備(練習)をするように、プレーの前に準備をすれば、できることがもっともっと増えていくはずです。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

チームスポーツは掛け算

今回のオーカカップや、大会の2週間前に開催した無料ゲームなどを見ながら、やはり『ミス』の重要性について、深く考えさせられました。

 

すごいスパイクやすごいレシーブ、上手なセッター、チームの中にあって、ひときわ目を引く上手な選手が一人や二人はいるものです。

 

でも、やっぱり、ミスの少ない堅実なプレーをすることが、最も大切なのではないでしょうか?

 

このブログでも一度触れたことがありますが、「いくらすごいスパイクが打てても、3点獲るけど、5点ミスで献上するエースはエースじゃない」と思うのです。

 

時には、ミスを恐れず思い切ったプレーも必要です。誰も、ミスをしようと思ってやってるわけじゃないし、誰にでもミスはあります。

 

「ミスをしないために練習をするのか?」「すごいスパイクを打つために練習するのか?」「自分が気持ちよくなるために練習するのか?」

 

たぶん、どれも違ってる。

 

「ミスしないように、しないように…」と思えば思うほど、緊張してしまって余計にミスしてしまったりするものだし、コートに立つと足がすくむことだってあります。じゃあ、何を意識して試合に臨むのか?練習に取り組むのか?

 

『勝つため』

 

もちろん、勝つことがすべてじゃない。でも、「勝つことを目標に練習する」ことで、結果、ミスが減ったり、すごいスパイクが打てるようになったり、勝って楽しいと感じたり、爽快感を味わったり…。

 

負けて悔しいことだってあります。でも、この『悔しい』という思いは、頑張ったからこその感情であり、悔しい思いができることは幸せなことでもあるのです。頑張った証やから…。

 

そして、頑張った姿を支えてくれる人に見せることで、『支えてくれる人のため』になり、感動を与えることもできる。

 

その姿を見て、もっと支えてあげようと思うことが、『努力の循環』だと、僕は思います。

 

勝敗はあくまでただの結果であり、ほんの一瞬にすぎない。でも、その一瞬のために頑張る過程は、人を大きく成長させ、豊かにするのです。

 

チームスポーツというのは、『足し算』であり、『掛け算』でもあります。

 

できる人ができない人の分を補って、その力の和が大きいチームが勝ち、ひとりがゼロなら、ゼロになる。

 

それぞれの仕事や役割を『1』とすることで、まだ経験不足で0.8の人もいれば上手な1.2の人がいて、力の和が6またはそれ以上になるように頑張ることが大切だと思うのです。

 

「自分のことだけやっとけばいい」とか、「自分はちゃんとやったもん」なんていう考えでは、僕はその人はゼロだと思うんです。

 

チームスポーツは、助け合うことで『助け愛』が生まれ、力の和が『チームの輪』につながるから素晴らしい。

 

そして、いつか自分ができるようになった時、周りにはきっと新しくできない人が入ってきていると思うので、できなかった頃に助けてもらったことを、今度は自分が助けてあげる側に回ってあげられたら、それは『これまで助けてくれた人への恩返し』となるのではないでしょうか?

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

関西オーカカップ報告〜其の三

今年の昼間イベントは、『対人パスラリー選手権!』(今考えたwww)

 

普段みなさんがやっている対人パスを、『レシーブ⇒トス⇒スパイク』のリズムを崩さずに、できるだけ長くラリーをする。

 

各チームがペアを作り、90秒間対人パスをし、最後まで残ったペアの多いチームが勝ちというものです。

 

午前中の男子大会で優勝したチームから順にチャレンジしました。

 

普段のパスでは、このリズムに関係なく、打てる時に打って、拾ってつないで、つないで、つないで…みたいなパスをしている方も多いと思うのですが、バレーボールは、3本の間にスパイクを打って攻撃しないとポイントが取れないので、このリズムを崩さないことを身体に浸み込ませるように、大阪校では普段のレッスンから心がけています。

 

せやから、大阪校会員さんには有利?

 

と思ったけど…。そうでもなかった(笑)

 

優勝チームから順番だったので、後半のチームは他チームの戦略を見て作戦立てれるから有利かな?とも思ったけど、結局、優勝チームが昼間イベントも優勝でした!(去年もそやったし)

 

さて、午後の部は女子大会!

 

『西九州龍谷』は僕と松本コーチ、『水上』は三好コーチ、『銀蘭会』は砂取コーチ、『七王子実践』は泉コーチと岡村コーチ、『ゴリん王寺』は有田コーチ、『京都立ち話』は奈良碩コーチが率いました!

 

あくまで有田コーチにはゴリラを絡める!この大会で、一気に『有田コーチ=ゴリラ』を定着させてしまおうという僕の親心。なんて優しいの!

 

男子大会だけで4セット、午後の女子大会も4セットなので、みんなヘロヘロかと思いきや、後半になるにつれて調子の上がってきた方たちも多くいらっしゃったようで、男子大会に負けず劣らずのビッグラリーを連発してました。

 

午前中にミスを連発してしまった中3男子のIは、砂取コーチ率いる銀蘭会に。

 

でもやっぱり、ミスが…。

 

そのたびに本部席にいる僕の方を見るので、砂取コーチに「後ろ見るなっ!!」と怒られてた(笑)

 

男子大会で「Aさんの前はアカン!!」と何度もアナウンスされ、前のボールが取れなかったAさんママも、後半の方がよく動いてはったように見えました!

 

終盤には、和歌山から参加のYさんの顔面レシーブ、新中1男子Sの空振りを回り込んでカバーした中3女子のM、Aさんママの娘さんKちゃんのライトからのストレートスパイクなどなど、胸アツなファインプレーは、今回のベストラリーのひとつでした!

 

優勝は、泉コーチと岡村コーチ率いる『七王子実践』!コーチ以外が頑張ったというもっぱらの噂です。

 

 

やっぱり大阪レギュラーコーチ陣は優勝できず…。

 

これ、「オリンピックの旗手は金メダル獲れない」と同じジンクスかも?(ちゃうわ!)

 

来年、僕、三好コーチ、砂取コーチと同じチームになった方、優勝は諦めてくださいね!(笑)

 

すべてのスケジュールが、ほぼ時間どおりに進行し、定刻どおりに大会を終えることができた時に思ったこと。

 

さすが、俺!!(そこかいっ!)

 

でも、全部予定していたとおりに進行したんですよ!すごくないですか??

 

しかも、懇親会の参加人数が25人、3月上旬に予約した時に25人で予約して、増減ありながらも、結局25人で着地。

 

It's ミラクル!

 

忘れもんせーへんかったら、完璧やったのに…。

 

懇親会は、流行りのチーズダッカルビのコースで、2時間の予定でしたが、完全個室で周囲も気にすることなくおしゃべりできたし、結局3時間以上いても、追い出されることもなく、結構居心地よかったように思います。

 

東京から参加の方の中には、夜行バスで帰京する方も多かったようで、みんな強行スケジュールで参加してくれはったんですね!感謝感謝!

 

大会に参加できなかったみなさん、そして、懇親会に参加できなかったみなさんも、来年は、大会と懇親会をセットで楽しんでもらえたらと思います!

 

みなさん、お疲れさまでした!そして、おおきにぃ〜m(_ _)m

 

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ


オーカのプロフィール

        

人気ブログランキング

ランキング参加中

バレーボールブログランキング

最近のブログ

カテゴリー

過去の履歴

recommend

リンク

ブログ内を検索

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
        

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR


にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村