8/12ゲームレッスン報告

今さらですが…。

 

インスタグラム始めました!

オーカ大阪校のページは↓↓↓

 

https://www.instagram.com/ohca_osaka/?hl=ja


大阪校のレッスン風景や、イベント案内、その他耳寄り情報をお届けしつつ、多くの方々にオーカ大阪校を知っていただけたらと思っています。

映え〜!な写真や、イイネ集めは目的ではないですが、是非フォローしてくださいね。

僕自身は、使い方や活用法があまりわかってないんですが、有田コーチや砂取コーチと一緒にやっていきたいと思います。

さて、このたびの台風10号の西日本接近に伴い、予定していたビーチバレー&バーベキューイベントは中止となりました。

楽しみにしてくださっていた皆さまには、大変残念なお知らせとなってしまいましたが、安全第一ですので、ご理解のほどよろしくお願いいたしますm(_ _)m

昨日は、大正スポーツセンターでゲームレッスンでした。

前回の静かなゲームレッスンの記憶がよみがえり、今回はもっと受講者同士が会話をし、楽しかったと笑顔で帰ってもらえるには、どういったメニューでやっていけばいいのか?を考えて、レッスンに挑みました。

前回同様、子供の参加が多かったので、心配しかありませんでした(笑)

なるべく、コミュニケーションをとらざるを得ないような状況を作り、遊び的な要素を織り混ぜながらも、バレーボールでとても重要な3要素『周辺視野』『切り替え動作』『ボールコントロール』を鍛えるようなドリルに取り組みました!

インスタグラムに動画を掲載してますので、是非ご覧ください。

後半はチームに分かれてのゲーム。

ここまで、比較的順調だったのですが、ゲームになったらどうなることやら…。

良いプレーには「ナイス!」「イエーイ!」と、喜び合い、ミスが出ると「ゴメン!」「どんまい!」と励まし合う姿があり、即席チームながらも、チームの連帯感というのが見えました。

特に京都から1時間半かけて参加してくれた中2男子の2人が、大いにコートを盛り上げてくれたおかげで、楽しくゲームができました!

ビッグラリーも多発し、諦めずにボールを追いかけ、みんなでボールをつなぎました。

最後のポイントは、前半のグループレッスンで練習した時間差攻撃が決まってゲームセット!

練習の成果もしっかり出て、大変有意義なゲームレッスンとなりました!

前回も参加してくれた子の保護者からは、「前回とは全然違いますね。いつもこんな感じやったらいいですね!」と言っていただき、見ている方々も楽しめたのではないでしょうか。

もったいないミスも少しあったので、今後のプライベートレッスンやゲームレッスンで克服しながら、より良いゲームレッスンにしていけたらと思います。

京都R中学の『天真爛漫ズ』の2人は、これから皆勤で参加してくれるそうです(笑)

次回も多くの方々のご参加お待ちしてます!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

未来の選択

昨日は、中3男子のRを連れて、府内の強豪校J翔学園高校に行ってきました!全然学校名が伏せれてない??(笑)

この時期は、全中予選も終わり、多くの中3生たちが引退し、進路を考える時期。

オープンキャンパスや体験入部などで、ザワザワしだします。

高校の顧問の先生方は、少しでも良い人材を獲得しようと、今のチームに足りないものや、補強したいポジションを考えて、中学の顧問の先生に、「一度練習に参加してもらえませんか?」とお誘いの連絡をしたり、中学の先生方は、教え子たちを、希望する学校(チーム)に入学させてあげたいと奔走してくれます。

進路の選択は、未来の選択であることを、どれだけの中3生たちが理解しているでしょう?

高校生活というのは、身体が大人の身体に発達する時期なので、しっかりと筋力アップしていけば、反復練習しながら高い技術が身に付きます。

ここで、どんな練習をし、どんな友達と出会い、どんな心を育てるかで、未来が大きく変わるのです。

将来のことは、まだまだ先の話。なんて高を括っていると、3年後に困ることになります。

 

将来、なんになりたいか?なんて、まだまだ見えなくて当然です。でも、選択をしっかりじっくり考える力は、この時期しか味わえないなので、ここでじっくり考えた子は、3年後の進路選択でも失敗しなくなるんじゃないでしょうか。

 

特に、スポーツの道で、なにかを成し遂げたいと思うなら余計に…。

 

自分自身はどうだったかなー?と振り返ると、そこまで重要視はしていませんでした。

 

当たり前のように、学区内の中学校に通い、当たり前のように公立の高校に進みました。そして3年後、進路相談時には、「将来、どうしたいの?」と聞かれ、「大学行って考えます」と呑気に返事してました。

 

年を重ねるごとに、自分にできることが絞られていき、無限の選択が可能だった頃を思い出すと、「もっと別の選択があったんじゃないか?」「どこか強いチームに行っていれば、もっと高いレベルでバレーができたんじゃないか?」と思うこともしばしば…。

 

ただ、今となっては、自分の好きなことを仕事に選び、バレーをしている人を笑顔にできる幸せを感じることができているので、だいたいOKって感じです(笑)

 

話を戻して…。

 

進路を選択する時、何を一番重視するか?(バレーやってる子がどこを選ぶかについてです)

 

・大阪ベスト〇という学校の名前

・顧問の先生

・チームの雰囲気(どんな練習をしているのか?部員はどんな目をして練習に取り組んでいるのか?)

・誰がいるのか?(自分と同じポジションにいるライバルや、どんな同級生が入学してくるのか?)

 

僕は、何かを選択する時、一番大事にしなきゃいけないのは『人』だと思っています。

 

どんなに強いチームでも、先生や先輩の悪口でいっぱいのチームで3年間バレーをするなんて嫌やし、たとえ春高の常連でも、自分の求めている練習と違ってたりするのも前向きに取り組めない気がするのです。

 

どこでやりたいか?より、誰とやりたいか?

 

友達と「一緒に行こうぜ!」というのとは、ちょっと違います。

 

部員全体の取り組み姿勢の話。チームに漂う、「うまくなりたい!」「強くなりたい!」「絶対春高に行くんだ!」という思いは、練習の雰囲気に現れます。

 

そして、そういう思いの強いチームが夢や目標を達成するのです。

 

子供にちゃんと寄り添ってくれる先生。チームメイト同士で励まし合ったり、注意しあったり、高め合える関係性。そして、先生に言われるがままに動くのではなく、自分たちで考えて取り組める環境。

 

なかなかないと思うけど、「このチームだったら、理想に近い」とか、「理想に近づける可能性がある」と感じることのできるチームを選択して欲しいと思います。

 

そして、『自分が成長できる場所』として、最高の空間を求めて…。

 

J翔学園は、とても良い練習をしていると思いました。自分たちの強みを生かし、そして理に適ったものでした。

 

ただ、練習に取り組む子たちというのは、その意味を理解しているのか…は、少々疑問…。

 

僕は、練習を止め、「ちょっと集まって!」と声をかけました。顧問でもないのに…(笑)

 

「あのさー。めっちゃいい練習メニューやと思うんよ。でも、それを理解してやってる?春高行くための練習じゃないん?俺から見たら、回数をこなすだけの練習にしか見えへんねんけど…。この中に『俺たち、今日もいい練習できた』って思える子、何人おる?去年もあれだけの選手が揃ってても春高行けへんかったやん。インハイ予選も、結局フルセットで負けてるやん。ギリギリで負けようが、大差で負けようが、結果は同じやで。勝つことと負けることの間には、大きな差があるんやで。差を埋めるためのステージ(練習メニュー)がそこにあるのに、そのステージに上ってる子、おらんよ」

 

何様?(笑)

 

毎日毎日、練習練習。同じことを繰り返して、だらける日だってあると思います。でも、時にはAくんが、「もっとちゃんとやろうぜ!」と声をかけ、時にはBくんが「こんなんじゃ春高行かれへんで!」と叱咤する、時にはCくんが…。

 

この、チームを鼓舞する子がいっぱいいるチームが、だらける日を減らすのだと僕は思います。

 

僕は、レシーブ練習に参加させてもらいました。どこでもやってるスリーメンです。

 

コートに入ると、「絶対落とすなよ!」と、一緒に入った2人に声かけ。

 

「上がった!」「前!」「カバー!」「頼む!」「おい!行けや!」「上がるぞ!」「なんで追いかけへんねん!」

 

とにかく、ボールをつなぐために、ありとあらゆる声をかけました。

 

「ヤバい人を一緒に入ってもうた…」と思ったかどうかは知りませんが、とにかく必死にボールをつないで、それまでの空気とは一変した気がします。

 

1人の力は小さいですが、一緒にコートに立ったスリーメンの雰囲気は変えられます。すると、次にコートに入る子たちが変わります。こういう連鎖が良い練習を作っていくのです。

 

だらだらした雰囲気に流されるのは簡単です。うだるような暑さの中での練習なので、余計に。

 

でも、小さな力がチームという大きなものを動かすこともできるのです。

 

一緒に行った中3男子Rが、どう感じたかわかりませんが、これから真剣に自分の進む道というものを考えて、決めていって欲しいと思います。

 

J翔学園には、僕が教えた子が数名いました。全部員で50名近くいて、190cm近い子たちが、僕の周りに集合すると、襲われるんじゃないかと恐怖を感じるほどです(笑)

 

全体で挨拶をしてくれたあと、さらに一歩前にでて、全体挨拶とは別に挨拶をしてくれました。

 

良かった。ちゃんと、こういうことができるようになったんだな。ちゃんと教えてきたことが自然と身に付いたことで、どこにいっても恥ずかしくない振る舞いもできるようになったことを嬉しく思いました。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

8/6レッスン報告〜声のエナジー

かれこれ肘が痛くて右腕が使えなくなって、3週間が経ちます。

 

自分は左利きなんじゃないかと勘違いするほど、左手がどんどん器用になっていってるような気がします(笑)

 

整形外科で異常なしと診断されるも、痛みがひどかったので、皮膚科(皮膚の下にある脂肪腫や繊維腫などが原因であれば皮膚科らしい)、形成外科とセカンドオピニオンを受診するも、結局原因やどこを痛めているのかさえもわからず、モヤモヤした日々を送りつつ、結局スポーツ整形外科に行きました。

 

エコー検査や、いろいろと原因を考えていただき、MRIを撮りましょうと、翌日に検査していただける検査機関を紹介していただきました。

 

火曜に受診、水曜にMRI検査、金曜に検査結果を持って再受診。

 

病名はハッキリしませんでしたが、恐らく神経に軟骨が当たって痛みを引き起こしているんじゃないかと…。

 

肩甲骨と肩関節があるべきところにないから痛みが出ているかもしれないので、体操と理学療法で経過観察しましょうということになりました。

 

月曜にリハビリに行ってきましたが、これが痛いのなんのって…(>_<)

 

でも、その日から、徐々に痛みがなくなり、わずかですが右手も使えるようになってきました。今日はだいぶいい。

 

けど、リハビリでゴリゴリされたとこはいまだに痛いですが…。

 

古い人間なので、「ボキ!」っと骨をはめられたような施術をしてもらわないと、治らない気がしている僕なんですが、理学療法というものの効果というのを実感した次第です。今さら…。

 

左で球出しをしていると、「自分ではやってるつもり」という感覚が身に染みてわかります。

 

指導しながら、「なんでできひんかなー」と思っていたことも、「こういう感覚なんだな」と理解できるようになり、より受講者に寄り添った指導ができるようになってる気がします。

 

ただ、『声を出す』というのは、できない理由がまだ理解できません。僕、生まれた時からしゃべってたし…。

 

昨日は大正スポーツセンターで日中レッスンでした。小6男子のSを担当し、サーブに挑戦しました。

 

球技が苦手と言っていたSですが、確かにボールフィーリングも良くなく、最近になってようやくボール投げもサマになってきた感じ。

 

ただ、キャッチボールでレッスンを終わるわけにもいかないので、いろいろなボール遊びや、パス基本練習などをやりながら、時にはスパイクの練習をしてみたり、眠っている運動神経を呼び起こすようなドリルを多く取り入れながらレッスンしてきました。

 

昨日は、「サーブに挑戦しよう!」ということで、アンダーサーブに挑戦しました。

 

テニスのフォアハンドのように、ワンバウンドで打つことからスタートするも、空振りするシーンも多い中、少しずつ手に当たるようになってきました。

 

男の子なので、しっかり手に当たれば、それなりの距離が伸びるのですが、ネットを前にすると、また振り出しに…。

 

三歩進んでは二歩下がりながらも、少しずつ距離を伸ばしていきました。

 

「ここからネットを超えれば、サーブは成功やで!」

 

レッスン時間も残り10分といったところで、ようやく小学生のエンドライン8m付近での挑戦。

 

距離が伸びると、どんどん力みが出てしまい、うまくいかないことはママさんでもよくあることです。

 

コートの反対側から声をかけ、「1、2、3!!」

 

あと少しのところまでは届きますが、なかなかネットを超えません。普段はおとなしくて内気なSにも、『悔しい』という気持ちが現れてきた気がしました。

 

「S、自分で声出して打ってみようか。『1、2、3!』じゃなくて、1、2、3!!』やで!」

 

おしいところまではいくものの、タイムアップ。

 

「S、次でラストな!絶対できるよ!」

 

「1、2、3!!!

 

この日一番の声を出しながら打ったサーブは緩やかな放物線を描き、初めてネットを超えました。

 

「よぉっしゃ!!ナイス!よう頑張った!」

 

少し照れながら笑顔でハイタッチ。

 

これまで何度も、この瞬間に立ち会ってきましたが、どうやら、僕は、この瞬間が一番好きみたいです。初めてサーブがネットを超える瞬間。

 

そして、夜間の東住吉でママさんのサーブを同じように指導しましたが、昼間のSを思い出し、「自分で声出して打ってみましょう。1、2、3!!!ですよ!」とアドバイスすると、その日一番の強烈フローターがネットを超えました。

 

昨日は『声のエナジー』というものを、改めて実感した一日でした。

 

オーカのレッスンでは、グループレッスンやゲームレッスン以外で、あまり『声』の指導はしませんでしたが、『声のエナジー』を知ってもらい、声を出すことで積極的になることや、声を出すことでできることが増える効果というものを実感してもらうことも大事だなと思いました。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

JOC最終選考会行ってきた〜報われる努力がそこにある

みなさんは、自転車を買いに、自転車で行ったことがありますか?

 

僕はあります。ついこの間…。(乗っていった自転車をまた取りに行きました)

 

ザ・二度手間(笑)

 

さて…。

 

JOCの最終選考会見に行ってきましたー!
 


オーカの子から男女3名が残っていると思ってたら、もう1人男の子が残っていて、お母さんと一緒に挨拶に来てくださいました!

 

「いつもブログを読んでいて、JOCのことが書かれてたから、今日も見に来てはるかと思って…」

 

しばらくお会いしてなかった兄妹でしたが、元気な姿が見れました。


気が気でないのは、小6から4年間手塩にかけて育ててきた、チビッ子男子Hが果たして選ばれるのか??

そして、この春に出会った逸材Rは残れるのか?

2人とも、この2ヶ月間(2次選考に残ってから)、これまで以上に頑張ってきました。

奇しくも、2人は同じ大阪北選抜で、ポジションも同じセッター。

Hはチームではスパイカーですが、身長が足りないだろうと、セッターで選考会に挑みました。身長162僂蓮∋臆端圓涼罎任發劼箸わ小さく、JOCでは大きなハンデとなります。

Rはバレー経験2年(実質は上級生が引退してからの1年強)、セッターの基本的な動作もままならない時に出会いました。

ライバルには、今年の全国出場を決めたS中の正セッターもいます。

12人の選考枠にセッターが3人選ばれることはないでしょうから、どちらも落ちるか、片方だけしか残れないか、という下剋上

2人のどちらかに肩入れすることもできず、それぞれの課題を見つけ、選考会を突破するには何をすればいいか?を共に考えながら、Hと向き合ってる時はHのことだけ、Rと向き合ってる時はRのことだけを考えて、指導に当たりました。

 

そうしないと、自分のバランスが保てなかったんです。

2人一緒に指導する機会が何度もあり、「北選抜のセッターはたぶん2人。ってことは、どちらかが選ばれて、どちらかが落ちるかもしれん。でも、そうなった時、相手に『おめでとう!』と言ってあげられるような、お互いを認め合える関係であって欲しい」と伝え、時に、Hができることを横目に、うまくボールが捌(さば)けず落ち込んでいるRを見て「人と競争するな。オマエにはオマエの課題があるんやから、自分と向き合え」と声をかけ、時に、どんどん上達するRに焦りを感じて、落ち込み気味のHに、「人と競争するな。オマエにないものはない(身長)んやから、自分にできることをやるしかないやろ」と叱咤したり…。

そして、最後にかけた言葉。

「選考会まで日もないけど、これまでサボってきたわけじゃない。時間を見つけてレッスンに来て、誰よりも練習してきたんやから。
あとは、『自分に何ができるのか?』をちゃんと整理して、『できることを丁寧に』やるしかない。
他人(選考員の人)にどう見られるか?より、後で後悔しないために、できることを精一杯やればええねんで。
選ばれても、選ばれなくても、オマエのバレーは続いていくんやから、選考会はその通過点や。
気合い入れすぎず、手を抜きすぎず、いつもどおりしっかりやればいい。
爪痕(つめあと)残すつもりで、会場におる全参加者の中で一番楽しめば、結果はついてくるから」


そして迎えた8/1

中学生にとっては、未来をも変えてしまうかもしれない一日です。

Hは選考会の直前に、市内北の監督から、「2セットはリベロ、1セットはセッター」と伝えられたそうです。ずっとトスの練習してきたのに…。

さらに、1試合目が終わった時点で、「今日は最後までリベロで」と言い渡されたそうです。

そんな…。

あんなに頑張ってきたのに…。

Hの落ち込む様子が伝わってきました。それでもなんとか切り換えて頑張ろうとする姿を見て、僕は初めてHの所属している学校の顧問に言いました。

「どんだけHが頑張ってきたか知ってるでしょ!それをチャレンジもできないなんてむごすぎます!」

と。

さらに、うまく切り換えできずにいたHに、「セッターさせてください!って言ってこい!もし、それでもダメなら切り換えるしかないやん!ダメ元でええから、言うだけ言ってこい!」と言い、Hは直談判に行きました。

思いは届きませんでしたが、ようやく切り換えができたように見えました。

やるしかない!

過去の選考も、ちゃんと考慮されるので、Hの場合は、守備でも役に立てるところをアピールした方が選ばれる可能性が高まると思われた先生の考えだったことは、後から聞いたんですが、それならもうちょっとレシーブ練習もやったのに…。と、僕個人は、モヤモヤした気持ちは拭えませんでしたが…。

そして、結果は…。

見事、2人とも合格!!発表は明日(8/2)と伝えられてましたが、選考会議の後すぐに連絡をもらいました。

Rはセッターとして、そしてHはスパイカーもセッターもリベロも、なんでもこなせるオールラウンダーとして。

そして、ほどなくしてHから直電がかかってきました。

電話口の向こうで、嗚咽しながら声を絞り出すH…。

「本当にありがとうございました…。関コーチがいなかったら頑張れませんでした。本当に、本当に…、ありがとう…ございました…」

こんなに苦しかったんだな。こんなに選ばれたかったんだな。こんなに…。

僕も思わずもらい泣き。ってか、久しぶりに人目もはばからず、大泣きしてしまいました。

ホンマに良かった。

ここからは、裏話。

北選抜の監督を務める某先生とは、数年前同じコートでプレーした仲間なので、Hについては、「かなり厳しい」「たぶん無理」と聞かされていました。

つまり、結果はわかっていたということ。

それでも、選考に残ろうと必死なHに、「あきらめろ」とも言えず、かといって期待を持たせるようなことも言えず…。

部活が終わって、少しでも時間があればレッスンに来て、がむしゃらな姿を見守りながら、結果を知っている僕は胸が痛みました。

話をする機会があると、「背が低い子は無理って言われてるけど、オマエが無理って言われてるわけじゃない。『絶対』はないんやから、そこにチャンスがある限り、自分の力、自分の頑張りを信じてがんばれ!」と言い続けてきました。

それでも、心のどこかで、「この子が落ち込む姿を見ることになる」と思ってしまう自分がいました。

これをひっくり返したんだから、Hがやってのけたことは偉業だと思います。

奇跡は起きるものじゃなく、起こすものなんだと。

頑張りは、必ず報われるんだと。

Hの後に続くチビッ子後輩たちに、「小さくてもできる」ことを、身をもって証明し、夢を与えたと思います。

そしてそれは、162僂両さな巨人Hにしかできないことだったのではないでしょうか。

 

合格の知らせを速報で応援していたバレー仲間に発信すると、「Hなら大丈夫と思ってました」とお祝いのメッセージが後を絶ちませんでしたが、そんなもんじゃないんです。どれだけすごいことを成し遂げたことか…。


僕は昨日、選考会観戦のあと、東淀川スポーツセンターでレッスンだったのですが、レッスン前にこの結果を電話で知ることとなったわけですが、いてもたってもいられなくなり、どうしても直接『おめでとう』が言いたくて、レッスン終わって、Hの自宅近くまで行き、直接『おめでとう』を言い、きつーくハグしてあげました!

同じようにJOCを目指しているみなさん。

「背が低いから選ばれなかった」「自分より下手な子が選ばれたのは、選抜チームの先生がスタッフだから」「周りが経験者ばかりで、ウチだけ未経験」と、選ばれなかった理由を考えるのは簡単だし自由だと思います。

そういう政治(コネ)や忖度が、ホンマにあるのかどうか、僕は知りません。

でも、そういった飛び交う噂やジンクスを覆したコネもない、経験もない子たちが、ちゃんとここにいるってことだけは事実です。

 

2人の偉業に触発されて、他のバレー仲間も、「次は俺も!」「私にだって」と、ヤル気になってくれると、大きな化学変化が起きます。さっそく、高1男子のAは、春高予選のレギュラー取りを狙う気になっています。


R、H、ホンマにおめでとう!2人は僕の誇りです。


せやから、有名になったら、絶対俺の名前出してね!(笑)

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

イベントいっぱいの8月♪

8月の一般予約受付始まってます。

 

8月はイベント盛りだくさん!すでに予約埋まってきてますので、お早めにご予約ください!

 

【関コーチのグループレッスン 

とき:8/10(土)

ところ:大正スポーツセンター 第二体育場

時間:18:10〜

1コマ目 ビギナー向け基本プレーの習得

 パスの基本から、チャンスボールの丁寧な返球などを中心に、運動神経を刺激するようなドリル満載です。

2コマ目 レシーブコース

 チャンスボールを確実にセッターに返すコツや、サーブレシーブ、スパイクレシーブなど、構えから面の作り方までを指導します。

3コマ目 スパイクコース

 スパイクの基本フォームから、ボールミート、タイミングの取り方など、キレイなフォームで打てることを目標としたレッスンです。

定員:各コマ6名

 

【関コーチのグループレッスン◆

とき:8/17(土)

ところ:大正スポーツセンター 第二体育場

時間:18:10〜

1コマ目 サーブコース

 確実にネットを超え、コースを狙うことや、ポイントの取れるサーブの打ち方など、フローターサーブ、ジャンプサーブにも挑戦します。

2コマ目 レシーブコース

 丁寧なパス返球と、レシーブ範囲を広げ、守備の要となれるようなレシーブの極意を伝授!

3コマ目 スパイクコース

 チームに頼られるようなスパイカーを目指し、打ちきる、決めきることを目的としたさまざまなスパイク練習です。

定員:各コマ6名

 

【ゲームレッスン】

とき:8/12(月・祝)

ところ:大正スポーツセンター 第二体育場

時間:19:15〜20:45

定員:12名

前半はゲームの中での動き、人と連係することを意識した内容でグループレッスンを行い、後半は参加者を2チームに分けて楽しくゲームをします!

同日は日中にプライベートレッスンもあります。また、ゲームレッスン前にも1コマプライベートレッスンあり。

 

【ビーチバレー&バーベキュー】

とき:8/15(木)

ところ:淡輪海水浴場(ときめきビーチ) 現地集合

時間:10:00〜16:00頃

※ご家族やお友達の参加はコーチにご連絡ください。

 

数日前から、右ひじに痛みがあり、スパイクのたびに激痛が走るので、病院に行ってきました。

 

通院前にいろいろと調べてみると、野球肘とか、いろいろ出てきます。

 

症状とかから見てみると、トミージョン手術をした大谷翔平選手のケガ『内側側副靭帯損傷』に似てる…気がする…。

 

と、心配になりました。

 

昨日、一昨日は、左でスパイクを打って、レシーブコースを担当。うまく打てなかったら、痛くても我慢してやるしかないと思ってましたが、ちゃんと狙ったとこに打てるやん!

 

でも、とっさの時は右手が出てしまい、そのたびに激痛…(>_<)

 

なんとか乗り切りましたが、こんなん続くようでは仕事にも支障が出るし、自分のプレーもできないので、病院に行って診てもらうことにしました。

 

結果…。

 

異常なし。ただの使い過ぎ(笑)

 

骨もキレイで腱もしっかりしている。靭帯も問題ないとのことでひと安心。

 

しばらくは、左でボール出しして、なるべく右ひじを休ませてあげようと思います。

 

左打ち練習してて良かった〜。このまま両利きになったるねん!(笑)

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

8/12ゲームレッスン報告

本日、24時より、8月の優先予約スタートです。

 

夏休みなので、人気施設はお早めにご予約くださいね。

 

8/12(月)は大正スポーツセンターにて、お得なミニイベント『ゲームレッスン』を開催予定です。

19:15−20:45『ゲームレッスン』(定員:12名)

朝からプライベートレッスンも開校してますので、そちらもご利用ください。

 

そして、8/15(木)は夏の大イベント『ビーチバレー&バーベキュー』です。

食材の買い出し等もあるので、お早めにご予約いただけると助かります!

 

さて、そのゲームレッスンのご報告。

 

7/15(月・祝)は大正スポーツセンターでミニイベント『ゲームレッスン』でした。

 

これまで『グループ&チームレッスン』と表記してきましたが、「グループやチームで参加しないといけないの?」と、誤解を招きそうな表記だったため、今回から『ゲームレッスン』と改めてリニューアル!

 

そのせいか、初参加の方も多く、小学生、中学生、ママさんなど満員でレッスンすることができました。

 

よりゲームの中で自分の力を発揮することを目的とした内容を意識し、人と連係すること、ボールを触っていない時の動き方、ポジショニングの仕方などをレクチャーしつつ、運動量も豊富にレッスンすることができたと思います。

 

子供の参加が多かったこともあり、人見知りしたり、他人に干渉しない現代っ子な部分が出てしまい、少々静かなレッスンに…。

 

声を出すことの重要性は理解しつつも、恥ずかしくて声を発することができないようでした。

 

先日、ある子どもたちに、「バレーで大切なこと3つ、なんやと思う?」と聞くと、「声を出すこと、つなぐこと、あきらめないこと」「声を出す、やるべきことをやる、ミスをしない」「声を出す…」

 

と、全員が最初に「声を出す」と答えました。

 

「みんなは、その一番大事だと思ってることをやらないの?」と、聞き返したくなります。

 

この日のゲームレッスンでも、「声出して!」「自分が取るなら『オーライ!』、自分が取らないなら『お願い!』って言おうよ!」と呼び掛けても、実行できたのは2人くらい。

 

ゲームになると、ミスをしても「ゴメン!」と言わない。良いプレーが出ても、「ナイス!」という声をかける子もいない…。

 

びっくりするようなラリーもたくさんあったのに、なんだかもったいない静かなゲームとなってしまいました。

 

この空間、居づらい…。

 

コーチが頑張って声をかけたり、奮闘しましたが、反応の薄いこと…。

 

ゲームって、一番楽しいもんやのに…。

 

それでも、数名の会員さんや保護者の方からは「メチャ楽しかったって言ってました」とお礼のメールがくるから驚き。

 

じゃあ、その時に言うてーや!(笑)

 

とかく、自己表現の苦手な子が多いのはわかっていましたが、これから、そういった社会性も身に付けていって欲しいと思うならば、プライベートレッスンだけでなく、人と関わることの多い『ゲームレッスン』に積極的に参加して、自分の殻を破っていって欲しいなと思います。

 

ゲームレッスンはみんなで作っていくものだと思うので、「よし!いっちょ自分が盛り上げたろ!」と思って、いつか「予約が取れへんから、もっと回数増やして欲しい!」というような要望が出てくることを期待します。

 

この日参加してくれた中3男子のHとTが来てくれへんかったら、寂しいものになってました。2人が頑張って声を出してくれたので、ホンマに助かりました。

 

三好コーチからも話がありましたが、このままゲームレッスンを続けていくには、ちょっと寂しい。いつか、見ている保護者の方から拍手が起きるようなゲームができるよう、もっと声を出してレッスンしていきましょう!

 

今回、できなかったなーと思う方は、次回も絶対参加のこと!!(笑)

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

JOC選考応援企画?!

先週、セッターの子に、何か良い練習させてあげられないか?を考えてました。

『バレー、トス練習』と検索すると、いろんな動画がヒットします。

強豪チームや、実業団などは、トス練習のための器具などを所持していて、いろんなところで見かけたことがありました。

 


ってか、コイツ↑↑、8万もするやんけ!!!!!

ただの的やのに、なんとか自分で作ることはできひんかなー??

と思い立ち、ホームセンターに行ってきました。

土曜日に、神戸からレッスンに来ていたNのお父さんと、「こんなん、作れないもんですかねー?」なんて、話をしてたら…。

『この的の部分は、ワイヤーとかで作れそうですねー。フラフープとかでも…』

フラフープ!!

それや!

ホームセンターと、スポーツ店が一緒になっている新大阪の商業施設に行き、両店舗を何度も行き来しながら、サイズや、必要な用具をイメージ。

直径95僂笋ら、円周は…と、円周率を使って計算したり、ネットは何mいるのか?とか、スパイクの打点は、子供だったら2m、大人の男子だったら3mやから、高さ調節できるように棒の長さは…。

フラフープを支えるのに、棒が2本じゃグラグラするから3本要るし、フラフープを棒に引っ掛けるには、どんなフックがいるのか?

「よし!これで、なんとかできそう!」と、思って、4往復くらいでようやく購入。

それもこれも、一番は今年のJOCを目指す中学生のため。

レフト、ライト、速攻のトス練習のため、できれば2台作りたかったので、2台分購入しました。

購入したらしたで、試してみたくなる子供みたいな僕は、レッスンの2時間くらい前に会場入りし、暑い体育館の中で作ることに。

作り始めたら、「ここはどうしよう?」「ここが不安定やから…」と、思い描いたとおりにはいかず、考えて、工夫して…を繰り返しながら、なんとか1台完成。

ホンマは2台作りたかったけど、1台だけで90分かかったので、今回は1台だけ。

組み立て時間も短縮できるように、まだまだ改良は必要ですが、サーブレシーブの練習にも使えそうです。

 

ジャーン!!


フラフープ800円、ネット800円、棒が400円/1本、フックなどの小道具も含めて3500円くらいで1台完成したので、1/20くらいの費用で済みました!

しばらくは、会場の倉庫に置かせてもらっているので、S小学校でのみ使用可能ですが、組み立て時間が短縮できれば、他の会場にも運べたら…と思います。

さっそく使ってみた!

 


なかなかの仕上がりで、大満足! 子供らは全然的に入らんけど…(笑)

 

正確なトスをどこからでも上げられるようになり、是非ともJOCメンバー入りを果たして欲しいです。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

指導の進化を恐れない

とうとうまたこの日が来てしまいました…。

 

すでに楽しみじゃなくなっている誕生日…。

 

でも、自分はうるう年に生まれたから、4年に1歳しか年取ってないんじゃないかと思い込みたい…。

 

もしそうなら、まだ12歳!

 

言うてて悲しくなりますが…(笑)

 

はぴばーすでー とぅー み〜

はぴばーすでー とぅー みぃ〜

はぴばーすでー でぃあ おぉ〜れぇ〜

はぴばーすでー とぅー みぃ〜

 

いつも頑張ってるご褒美に、ケーキを購入!

 

 

好きな人と食べました♪

 

はいはい、どうせ自分です。ひとりで2個食いました!見栄張って2個買いました。どうせ…。どうせ…。

 

バレーの仕事を始めて、早5年。

 

思い出してみると、自分の指導もずいぶん変わりました。っていうか、進化した。

 

サーブレシーブを低い姿勢で…と言っても、なかなかやろうとしてくれないので、月刊バレーボールの切り抜きを見せて、「一流選手でも、こんなに低い姿勢で、こんなに丁寧にプレーしている」と伝えると、ようやく膝がつくくらいの姿勢を心がけてくれるようになったり、スパイクスイングは身体の動きにそって…と伝えても、直らないストレートアームも、石川祐希選手の動画や、クビアク選手の動画を見せると、途端に修正できたり…。

 

 

 

自分の言葉では納得してもらえない部分を、トップ選手のプレーを見せることで、大きな変化が生まれます。

 

よく、テレビの番組なんかで、元オリンピック選手が一日コーチに…なんて特集があると、選手たちは「とてもわかりやすかった」と口を揃えるシーンがあり、トップ選手の指導力がフォーカスされがちですが、ほとんどの指導者が、「腰低く!」とか、「声を出すことが大事」と、トップ選手と同じようなことは言ってるはず。

 

人が変わり、表現の仕方や伝える言葉が変わるだけで、あたかも指導の仕方が良かったかのように言われますが、僕は、受け手の取り組み姿勢だと思うんですよね。

 

マンネリの怖さでもあると思うのですが、いつも当たり前にいる指導者の言葉は、耳に届かないものです。

 

だからこそ、指導方法や練習メニューを工夫し、進化していかないと選手はついてきてはくれません。

 

ただ、『やる続けることの大切さ』というのも絶対あるので、ひとつのことを集中的に継続することと、違うやり方に進化していくことを共存させていく必要があります。

 

学校の部活動なんかは、たいていが反復練習であり、しかも毎日のように同じメニューを同じだけこなすようなものになっているチームがほとんど。

 

先日、某高校の体験入部に同行した際も、「去年とまったく同じメニューで練習している」と思いました。

 

僕にしてみれば、「毎日毎日同じことばっかり、ようやってんなー」と思いますが、毎日違うメニューを考えるなんて、顧問の先生にしてみれば、大した手当も出ないのに、面倒くさいですよね。

 

でも、「今月は徹底的にサーブレシーブをやろう!」とか、「こないだの試合で、ブロックアウトをいっぱいやられたし、吸い込みや、ワンチでやられることが多かったから、今月はブロックを中心に!」と、強化ポイントや意識ポイントを共有して、練習に取り組んだりはしないんでしょうか。

 

部活やジュニアのスリーメンなんかを見ていると、「指導者が子供たちを支配したいだけやん!」と感じることもしばしば…。

 

やっぱり、指導はあくまでサポートであって、『選手ファースト』であるべきだと思うんですが…。

 

動画サイトなどで、おもしろい練習方法を見つけると、自分なりにアレンジを加えて、「こうやってやれば、あの子に使えるな」とか、「この練習を今度ママさんのチームレッスンで試してみよう」と思い、そこから課題や工夫が生まれてきて、どんどん指導が進化していくのです。

 

コーチなりたての頃の指導は、今じゃほとんど使ってない…(笑)でも、それは、自分の指導が間違っていたからではなく、やってきたことに飾りをつけ、より輝くことに進化したんだと思います。

 

砂取コーチも、有田コーチも、そんな僕のドリルをパクり、アレンジして自分のものにして、それをまた僕がパクって、いろんな練習方法が生まれてます!

 

指導はパクり合いです。自分の指導に自信を持ち過ぎて、変化のないような指導にならないよう、12歳のこの一年も頑張っていきたいと思います。

 

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

7/9レッスン報告〜継続は力なり

昨日は、浪速スポーツセンターでママさんレッスンでした。

 

チームレッスンにも9名が参加していただき、久しぶりに5:6の大人数でゲームができました。

 

お隣のコートで、結構本格的なママさんチームが練習しており、2コマ目に参加された初心者ママのM本さんは、少々圧倒されていました。

 

オーカのレッスンも、1コマ目から、ベテランの上手な方たちが参加しており、おまけにMさんのパートナーはスパイクバコバコ打つ方だったので、余計にアウェイ感を感じられたかもしれません。

 

レッスンが始まると、真っ赤な顔をして、いつものようなガッツあるプレーや、失敗を恐れないチャレンジ精神が見られず、なんというか、邪魔にならないように、パートナーのママさんの迷惑にならないように…といった気遣いがあったように感じました。

 

給水の時、「M本さん、周りと競争しないでください。自分のためにレッスンに来てるんでしょ?最初はみんなできなかったんですよ。できるようになるためにレッスンしてるんやから、自分の課題と向き合って、自分の練習に集中してください」と声をかけました。

 

すると、その後のレッスンでは、ちょっと吹っ切れたように取り組む姿勢が見られ、いつものようなガッツ溢れるプレーを見せてくれました。

 

子供たちも、同世代の子がパートナーになると、見えない闘争心を燃やす子も少なくありません。大人も同じです。

 

時に、競争心を煽ることで、良い効果が得られることもありますが、大人の場合は、自分の方が下手だと感じると、「相手に迷惑をかけてるんじゃないか?」と、要らぬ気遣いが生まれてしまうので、そこを我々コーチがうまくコーディネイトしていかないと、もったいないことになってしまいます。

 

せっかくママさんレッスンも盛り上がりを取り戻してきつつあるので、このバレー熱を冷ますことなく続けていけたら…と思います。

 

チームレッスンでは、周囲と連係することがメインのテーマなので、個別指導とは違って、人とつながることを重視してレッスンをしています。周りに影響されやすくて、自分の力が発揮できない方にとっては、格好のレッスンなので、ぜひ多くの方々に参加していただきたいですね。

 

前半は2:2のバガーゲーム。いわゆるビーチバレーのような感じのものです。3:3、4:4と人数を増やしながら、切り替え動作や、ポジションチェンジをしながら、周囲と連係することを意識した内容で運動量多めにレッスンしました。

 

せっかく人数も多かったので、ゲームがたくさんできるよう、早めにチーム分けをしてゲームに入ると、ラリーの応酬となり、良いゲームができたと思います。

 

チームレッスン前にスパイクコースを受講したTさんには、「せっかくなので、練習したクロスで勝負しましょう!」と声をかけると、「あ、そうだ!クロスですね」と、思い出したようにクロスを意識して打っていました。

 

レッスンでは意識できたことも、ゲームとなると、つい打つことに必死で、コース打ちや、レッスンで意識したことが吹っ飛んでしまうもの。そこで、ひと言声をかえてあげられれば、ゲームでも意識して取り組むことができるので、同じコートでプレーするメリットのひとつですね。

 

チームレッスンメインで参加しておられるM田さんは、少し前にクロス打ちを指導すると、それがかなりしっくりくるものがあったようで、プライベートレッスンにも積極的に参加され、徹底的にレフトからのインナー打ちを練習しておられました。いつもは、バックセンターに構える砂取コーチのところへ吸い込まれるようにレシーブされてばかりだったんですが、昨日は確実にインナーに打ち分けておられました。

 

さらに、先日フローターサーブをマスターしたNさんは、ほぼノーミスでフローターサーブを打ち、最後のポイントはなんとサーブポイント!

 

みんなそれぞれに成果が出てきているなと思い、ゲームをしながら嬉しい気持ちになりました。

 

その分、コーチ陣は、手ごわくなったので、運動量が増え、終わる頃には息も絶え絶え…(笑)

 

チームレッスン後のもう1コマは、Nさんのサーブコース。

 

「今日、ほぼノーミスじゃないですか。かなり自信もついたんじゃないですか?」と聞くと、「う〜ん…」と、まだ納得していない様子。

 

「距離が…」

 

確かに、確実にはいるようになったものの、表現すると、確実にネットを超えるようになったといった感じで、ボールのスピードや変化は、物足りない部分があります。

 

一時期の、ネットにも届かなかったことを思うと、大きな進歩ではありますが、目標はそこではなかったので、さらに距離とスピードも求めて、レッスンに取り組みました。より高いポイントでヒットすること、助走と連動させること、反動を使うことなどを試しつつ、いろんなアプローチの中から、Nさんに合ったものを探しながらのレッスンでした。

 

最後は、大きなステップから、高い打点で打ったサーブがエンドラインを超え、「やったー!!」と、2人で大喜び!

 

Nさんも、ガッツポーズしながら、ジャンプして喜んでいました(笑)

 

いつも控えめなNさんのあんなに喜ぶ姿を見れるなんて思わへんかった。

 

ってか、アウトになって大喜び!という、変な感激(笑)

 

終わってから、「Oさんは、ここ最近ずっとブロックを徹底的にやってきたおかげで、先日の試合でブロックが絶好調だったみたいです。M田さんは、ずっとインナー打ちをやってきたので、その成果も出ています。Nさんも、こうしてフローターサーブをやり続けてきたからこその成果です。これからも頑張っていきましょうね」と声をかけると、いつもは、まだ納得いっていないといった表情のNさんも、明るく「はい!」と返事をしてくれました。

 

継続は力なり。大人になっても、やり続けることで、必ず成果は出るんだと思います。

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ

学びの空間

G20も無事に終わりましたが、みなさんはどう過ごしましたか?

 

オーカのレッスンは開校予定でしたが、G20がらみで体育館が使えなくなってしまい、レッスン中止になったので、ご予約いただいていた皆さまには大変ご迷惑をおかけしました。

 

僕自身も、仕事がスコーンと空いてしまったので、どう過ごそうかと思っていたんですが、使用できる体育館を見つけ、28-29日の2日間、暇を持て余している子供たちと一緒にたっぷりバレーボールを楽しみました!

 

よく考えたら、沖縄行けばよかった…と後悔しましたが、結果、やって良かったかなと。

 

G20で休校となった小中高生が8人くらい集まりました。

 

その中に小学1年生の男の子と、小学2年生の女の子も参加。2人は初めてバレーボールをする子で、お兄ちゃん、お姉ちゃんが、この練習会に参加していました。

 

中高生はみんなよくできる子たちで、その中に、キャッチボールもままならない初心者の小学生が混ざって練習。

 

そんなん、成り立つの?と思われそうですが、成り立つのです。しかも、学びは普段の練習よりも多いんじゃないでしょうか。

 

『できない子はできる子に学び、できる子はできない子に学ぶ』

 

技術が上達すると、できない子を見下したり、できない子と対人パスすることすら、ちょっと面倒くさく感じるものです。自分も最初はできひんかったくせに…。

 

そして、つまらないプレーヤーに育ってしまう子も少なくありません。

 

自分自身がそうなりそうだった経験があります。できない理由を人のせいにしていたり…。スパイクが打てないのは、トスが悪いから。レシーブできないのはブロックが悪いから。パスが続かないのは、相手が下手だから…。

 

そんな時に、自分を変えてくれたのが、小さな小さな子供たち。そして、バレーを始めたばかりの後輩でした。

 

言い訳なんかせずに、夢中でボールを追いかけ、失敗したら悔しがり、できるようになったら飛び跳ねて喜んで…。

 

自分もできなかったなー。そんな時、先輩がやさしく教えてくれたなー。できない時、人のせいにする前に、どうやったらできるかを考えたなー。

 

そんな忘れていた気持ちを思い出させてくれました。

 

できなかった時に、自分がどう工夫したか?自分の辿ってきた道を、友達や後輩に教え、教えた子ができるようになると、自分も嬉しい気持ちになる。これが、今の指導にやりがいや生きがいを感じている根幹になっているんだと思います。

 

「できないことを笑わない、知らないことをバカにしない。みんな最初はできないから始まっている」

 

コートの中には、できる人がいて、できない人もいる。それがチームです。

 

得意なことと不得意なことがあって、みんなでそれを補い、助け合いながらボールをつなぐのが、バレーボールです。

 

自分ができることは、他人もできると思って、自分のものさしで人を図るような横暴は、チームスポーツではあってはならないことです。

 

中高生の子供たちにも、僕の気持ちは伝わっていて、一生懸命小学生たちをリードしようとしてくれました。人に教えると、自分がプレーする時に手本となるようなプレーをしようとするので、より丁寧になります。できない子は、一生懸命真似をしようとするので、「自分、できてないやん!」って思われないように。

 

こうして、良循環が生まれ、学びの空間ができるのです。

 

できる子は、その一生懸命な姿にハッとします。できるようになって、ちょっと雑になっていたことに気付く。

 

何度失敗しても、転んでも立ち上がり、無我夢中でボールを追いかける小学生たちの姿は、自分も含めた先輩たちに元気と勇気を与えてくれます。

 

さまざまな理由で、身体にハンデキャップを背負ってしまった人は、スポーツできなかったり、声がでなかったり…。ハンデキャップについて話すと長くなるので、ここでは触れませんが、走れるのに走らない、しゃべれるのにしゃべらない、できるのにやらないのは、五体満足に動ける自分への裏切りのような気がします。

 

小さな小学生が、一生懸命「こい!」「お願い!」と大きな声を出して、練習に取り組んでくれたので、お兄ちゃんたちが声を出さないわけにはいきません。

 

「声を出せ!」とさんざん注意されてきた子が、ようやく「自分がやらなきゃ!」と思ってくれ、大きな一歩を踏み出してくれた気がします。

 

練習風景を撮影していた保護者さんに動画をいただき、編集させてもらいました。

 

BGMの著作権の関係でユーチューブにアップロードできなかったので、ドロップボックスというアプリに格納しているので、よかたら是非見てください。

 

BGMは白井貴子さんの『Chance!』、B.Bクイーンズの『ドレミファだいじょーぶ』

 

自分自身が変わるチャンス!という意味を込め、そして、『はじめてのおつかい』のテーマソングだったのが、小学生の子たちにマッチしていると思ったので、どうしても、このBGMで作りたかったのです(笑)

 

アプリのダウンロードは不要です。

 

↓のURLをクリック→アプリのダウンロードとアカウント登録を求められますが、『今は実行せずに、表示を続行』をクリックして再生すると見れます。

 

https://www.dropbox.com/s/tuxd9bc0k4ndzy0/%E5%8B%95%E7%94%BB%202019-07-03%2015%2004%2021.mov?dl=0

 

みなさんにも、学びがありますように…。

 

ちなみに、BGMはこれ↓↓(1984年リリース!昭和!)

 

こっちは1996年やって。

 

見学に来られてた保護者さんにも送ったんですが、反応薄くて、「もう二度と作らない!」と心に決めた僕なのです(笑)6時間くらいかけたのに…。

 

褒めて伸ばして!!

ブログ用コーチ募集フッターバナー.png

 

800_100px_banner.png

 

バレーボールを楽しもう! 未経験者、初心者歓迎のバレーボールクラブ&スクール
オーカバレーボールクラブ&スクール

バレーボールのすべてがここにある!
Volleyball STATION(バレステ!)


人気ブログランキングへ


オーカのプロフィール

        

人気ブログランキング

ランキング参加中

バレーボールブログランキング

最近のブログ

カテゴリー

過去の履歴

recommend

リンク

ブログ内を検索

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
        

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR


にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村